21週3日 前期破水~中期中絶 「退院日」

2017年3月11日、21週3日。

20週6日で前期破水しました。その3日後に中期中絶をして、4日後に退院した日についての記録です。

中期中絶の翌日、退院日のこと

朝5時に目が覚めたので、最後にC先生に聞いておきたいことをまとめておいた。

7:15 血圧、体温測定、採血。看護師さんに「今朝の退院前の診察はC先生がしてくださるのですか?」と聞いてみたら、「わかりません、違うかもしれません」との回答だったので、「C先生にお願いしたい」と依頼した。

8:00 ウトウトしていたら朝食の時間になった。

9:00 C先生による診察。出血もひどくなく、血液検査の結果も、経過も問題なさそうなので退院が決まった。

ガーゼを抜いて、背中のチューブと点滴を抜く。

C先生へ、最後の質問

昨夜、聞いた内容と重複することもあったが、C先生は、めんどくさそうな素振りをすることなく、しっかり話を聞いて答えてくれた。

★聞いたこと

・子宮頚管の裂傷は?

→ 前回の出産時にできたものかもしれないし、今回のお産でできたものかもしれない。今回のお産は麻酔が効いていたので痛みはなかったと思うが、頭からではなく横向きで出てきたので大きさは割とあったから。

・子宮頚管の裂傷の処置はできない?

→ できない。時間が経てば回復するかもしれないが、子宮状態が戻った後、様子を見ないとなんとも言えない。

・子宮頚管の裂傷が前回の出産時のものだったとしたら、破水との因果関係は?

→ ない。破水の原因として考えられるのは子宮経管ポリープによる感染ではないかと思う。

・破水した日の血液検査ではまだ感染はしていないと言われたが?

→ (カルテを見て)わずかだが感染の値は出ている。

・早産リスクについて、子宮頚管の裂傷は子宮頚管無力症につながる?

→ ないでしょう。無力症だと15週くらいから頚管長が急に短くなるが今回も前回もそうではなかった。

・破水の原因、再発防止策について。1人目の時と違った点として、つわりがひどい、せき、便秘、抱っこがあるが?(一昨日、院長にした質問と同じ質問をC先生にも聞いてみた)

→ どれも直接の原因とは考えにくい。(院長と同じ回答でした。)

・妊活はどのくらい間をあけたほうが良い?

→ 現時点では出血も少ないし、経過は問題ないので、1ヶ月程度で生理が来ると思う。生理が来る前に、子宮頚管ポリープをとってしまいましょう。生理がきたらすぐに妊活を開始しても良い。ただし、生理不順なようなので、2ヶ月経っても生理が来なかったらまた受診してください。

・中絶後の妊娠には諸説あって、数ヶ月あけたほうがよいという医師もいるようだが?

→ 2・3回は生理を経てからの妊活をと言おうか迷ったが、不妊治療をしていたことからも妊娠しやすい体質ではなさそうなので、早めにトライしはじめてもよいと思いました。

・次回妊娠についてリスクは?

→ 流産リスクはないとは言えないが、中期中絶後に無事に妊娠・出産している人はたくさんいるので必要以上に心配しなくてもよい。ただ、早産リスク対策として、子宮頚管長は気をつけて診てもらってください。

退院、死産届の提出と火葬許可証の発行

診察が終わるったら、「この後、すぐに帰ってOK」とのことだった。

市役所に提出する死産届と、会社に提出する書類(出産一時金の申請用紙と産後休暇の申請用紙、医者の記載が必要でした)を記入してもらって帰宅した。

2日ぶりに帰った自宅で昼食を食べて、午後は家族と自宅でのんびり過ごした。

旦那さんに死産届を提出に行ってもらい、火葬許可証を発行してもらう。

火葬料金の支払いにも行ってくれた。土曜日の時間外対応だったので、お釣りが出せない、死産届以外にも印鑑押す箇所があるとのことで2往復(印鑑を持って行かなかった)、さらにその後、書類を作るのに40分かかると言われて3往復もすることになった…。

それから、火葬時に一緒に入れるお花を買いに行ってもらった。

私からは”春の花”をリクエストしたら、チューリップとオンシジウム(菜の花みたいな黄色い花)を買ってきてくれた。

パパが赤ちゃんのために選んだ、最初で最後のプレゼントです。

私は、自宅で、

・母子手帳、エコー写真

・足形付きの出産記録

・臍の緒

以外の各種書類を処分した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする