(長女)3歳8ヶ月の成長記録

2019年1月-2月、3歳8ヶ月の成長記録

体重:13.7キロ
身長:93.6センチ
洋服サイズ:90~100
#洋服は、90ではやや小さめ。でも100だとちょっと大きいかな。服は基本100を購入。成長が緩やかになってきたのでバーゲンで買った来年用の服も100にしました。

外遊びが大好きだけど新しいことに挑戦するのには慎重

休日は公園で遊ぶのが大好きなんだけど、いつも小さい滑り台ばかり。大きな滑り台は、対象年齢6歳から12歳と書いてあるからできない!と変な言い訳して挑戦しようとしない。保育園の友達は大きな滑り台をスイスイ滑っていて、「一緒に滑ろう?」と声を掛けてくれるんだけど、なかなか挑戦しようとしない。一度、お友達が手を繋いでくれて滑ったらスピードが出すぎて泣く。体重を後ろにかけすぎてスピードが出て最後に頭をぶつける。身体の使い方がぎこちない。

ストライダーも跨って歩くだけで蹴って進めるようにならない。サドルに座ることができていないので運動神経が不安…。怖いと手を離してしまうので転ぶこともしばしば。「危ないからキュッともって」と何度も伝えてるんだけど。アスレチックの登るところでもサポートしてあげたら自分で登ろうとせず、完全に体預けてきて危ない…。スケートもスキーもサポートしてあげると自分で立とうとしなかったなぁ。どうやって教えたらいいんだろう。

でも、外遊びや公園は大好きなんだよね。イライラせずにみりんちゃんのペースで遊ばせてあげねば。

ショッピングモールで体操教室の体験コーナーがあり、鉄棒で前回りに挑戦。1回目は手を離してしまい失敗したけど諦めずにもう一回挑戦してできた!1回失敗して諦めちゃうかなと思いきや、2回目にチャレンジしたのが偉かった。第三者に教えてもらうのが良いのかも。感想は「棒がお腹に当たって痛かった」でした。

一方で、自分ができることを友達ができないとものすごく得意げに上から目線になるという一面も。平均台ができて「すごいでしょ」と友達のお母さんに得意げにアピールしたり、できなくてゆっくりか渡っているお友達に「みりんちゃんみたいに速くおいで」「みりんちゃんのが1番はやい〜」とものすごく感じ悪いことを言っていた。やれやれ。

知的好奇心は旺盛、手先も器用になってきた

・久しぶりに工作ワークをしたらはさみで丸や三角を切り取ることができるようになっていた。

・塗り絵も上達。ちょこちょこ塗りだったのがしっかり濃く枠いっぱい色塗りできるようになっていた。飽きずに最後まで塗れるようになってきた。お手本をしっかり見て同じように塗っていることもあり、几帳面?な一面もあるんだなぁ。色鉛筆やクレヨンは毎回ちゃんとケースに戻すと保育園で言われているようで、私が出しっぱなしにしてたら「片づけないとダメだよ」と言われた。

・平仮名50音はほぼ読めるようになる。濁音も読めるけれど、伸ばす文字、小さい「っ」、こんにちはの「は」などは読めない。カタカナもけっこう読めてる。よく絵本や看板の文字を読見上げているので、興味あることは自然と伸びるんだなぁ。

・「できないー!」とやろうとしなかった点描写にも挑戦するようになる。週1回程度しか使っていないのに鉛筆もはさみもグッと上手く使えるようになった。

・ショッピングモールでバレエと英語の習い事の勧誘にあう。私は自分でうまく教えられない運動系=バレエの習い事に興味があったんだけど、みりんちゃんの様子を見た先生は「英語の方が興味ありそうね」と。本人のやりたいもの、得意なことを伸ばしてあげたほうがいいのかなー。私は自分が運動神経か良くなかったから、なんとかしてあげたいなーと思うんだけど。最近、思うのは運動神経は遺伝で、努力ではなんともならないのかも…。知育も遺伝なのかな。我が家は私も夫も運動より勉強のほうができたタイプ。

気質について(落ち着きがなく、強引なところがある)

・よく言えば活発なんだけど悪く言うと落ち着きがない。どこでもずっと喋って歌ってて、電車の中で知らないおじさんに「うるせーな」と舌打ちされた。そんな言い方しなくてもと思うけれど、おじさんの気持ちもわからなくもない。私もよく「うるさい」って思うもの…。・うるさいのは困るけど、危険ではないから多少は放置しているんだけど、落ち着きがなくフラフラ動き回るのは危険で困る。動き回って無駄にジャンプしてバランスを崩してコケたり、物にぶつかったり。運動神経良くないのに落ち着きがないから大怪我しないか心配。

・大人同士の会話にいちいち「ねえ!」「なに?」「なんて言ったの?」と追及してくるので相手をするのが大変。私が失敗したこと、苦手なことを追求してくるのもめんどくさい。「なんでヘビ嫌いなの?」ともう何十回も聞かれていて、説明してて疲れる。話すのも嫌なくらい嫌いなのにー。

・強引なところも目に付く。帰り道、友達の手を繋ぎにいき。拒否られる。それでも強引に繋ごうとして嫌がられる。「嫌がってるからやめたほうがいいよ」と声をかけるんだけど、聞かない。強引だと嫌われるって自分で気づくまで見守ったほうがいいんだろうか。

・お風呂で「49まで数えてでる!」というので1から49まで数えようとしたら、ふざけてずっと大声で「49.49.49…」と言われてイライラ。「数える気がないなら数えない」ときつく言うと泣く。ふざけていて、注意されてもやめなくて、最後は叱られるのに、いつまでたっても学習しない。

いいところだけ見て伸ばしてあげたいんだけど、やっぱり”できないこと”に目がいっちゃうよ。

食事はマナーが課題

・好き嫌いが減ってきた。油揚げ、きゅうりなど以前は弾いていた食材を好んで食べるようになる。生姜や甘酢といった味付けも嫌がらずに食べてくれるようになる。1人で食べられる量が増える。いろいろ進歩している一方、マナーはイマイチ。

最近、朝も夜もなぜか食べるのが遅くなった。30分以上かかっても食べ進まない。「いらないならごちそうさましよう?もう食べなくていいよ」というと「やだ。たべる。食べさせて」と泣く。30分以上かかると妹の一人遊びの限界なので最後は食べさせてあげちゃうけど。

食事中、くちゃくちゃ音を立てながら食べるので「行儀がわるいよ、やめて」と何度か注意してもやめないから「食べたくないならもうごちそうさまね」ときつく言うと泣く。

「肘をついて食べないで」と注意したら「保育園ではしてませーん」と返ってきた。そういう問題ではなく家でもしないで!

妹と相思相愛に…♡

妹が産まれてからずっと妹が好きで一方的にすり寄って、妹に泣かれていたんだけど、妹も姉に興味がでてきたようで、2人で仲良く過ごしてくれることが増えました。妹と並んで遊んでる(妹が姉をじっと見つめてる)姿に癒されます。
妹が動くようになって、やられっぱなしではなく、髪の毛を掴まれたり、足を噛まれたり、叩かれたりするようになり、一方的に強引に近づくことが減ったからかな。これにより私とみりんちゃんの関係も良好に!
偉いなと思うのは、妹に叩かれたり掴まれたりしてもやり返すことがないところ。「やめてよー」と言いながらしょうがないなぁという目で見ているのが本当にエライ。
妹が泣いてると「みりんちゃんがいるよ」と声をかけ、私が見てないところでもそっとオモチャを差し出してあげたり、本を見せてあげたり、しっかりお姉さんしてて偉い。穏やかに遊んでる妹を押し倒しに行って泣かせることも時々あるけれど、悪意がないことはわかります。

ワークブックの「好きなものを描こう」というお題で真っ先に描いたのが妹だったので妹への愛は本物なんだと思います。

毎晩2冊本を読んで寝るのが習慣なのですが、自分の本を私が読んだ後、妹に読んであげると絵本を2冊読んであげていた。そういう優しさは素晴らしい。助かります。(0歳向けの絵本が読めるくらい平仮名の理解が進んでいることもすごい!)

その他

・1人で買い物に出かけようとしたら「ママと一緒がいいー」と号泣。かなり減ってきたけど「抱っこしてー」と号泣することもまだある。癇癪?思い通りにならない号泣はいつまで続くのか…。・先生や親の真似で「~しなさい」とよく言う。「抱っこしなさーい」とか。依頼の意味で使うからやめさせたい。

・電車内でしりとりで時間を潰せるようになる。「ん」がつくものはダメというルールもしっかり理解でき、ヒントをあげると長く続くようになる。

・年末に見たシュガーラッシュの映画の話を突然してきて、「最後はお別れしたんだよ」だって。ストーリーわかってたんだなぁと知る。その時に次はドラえもんの映画を見ると約束したので「3月になったらドラえもんの映画に行こうね?」と楽しみにしています。

・1年3ヶ月ぶり美容院で2回目のヘアカット。アナとエルサの三つ編みがしたいから切りたくないって言ってたんだけど、乾かすのが大変で。年始に保育園の友達がボブにしていて、私が「かわいー」と褒めまくったのが効いたのか、アッサリ自分も切ると言ってくれた。美容院に着くまではちょこまか動いてずっとお話してたのに、美容院に着くと地蔵のように固まっていた。内弁慶。ボブになってスッキリしました。

・西松屋の16センチのスニーカーがなぜかサイズアウトしたので足の計測へ。左14.8右15。サイズ的には16で良いはずなんだけど西松屋クオリティ?新しくasicsのスニーカーを購入。サイズは16.5。

・投げキッスしてくる。どこで覚えた?!

・「小枝の父さん」というNHKの30分のアニメをじっと見て、父さんが数々の困難にあうシーンで涙を浮かべていた。「なんで泣いてたの」と後から聞いたら「内緒」だって。感受性が豊かなのかな。

・テレビを見てダンスを真似するようになる。

・お正月、保育園で獅子舞を見たとのこと、帰ってきて「今年は鬼はみりんちゃんとママがやる!パパが豆をまく人ね」と節分の鬼役に立候補。節分当日は、保育園で作ったお面をかぶり、妹に「鬼だぞー、鬼が来たぞー」と言って楽しみました。妹はまだ鬼がよくわからずキョトンとしていたので「怖くないの?」と不服そうでした。

・節分の翌日、お雛様を飾ったら保育園から帰ってきてすぐに気がつく。「みりんちゃんはどっち?かこちゃんは?」とお内裏さまとお雛様を見て質問してきた。

体調不良・通院

皮膚科へ

先月末から酷くなった身体(背中、お腹、手足)の痒みが治らない。乾燥のせい?私も手足が痒い。アレジオンを飲んでも「痒い」と言って寝られない日があり、昨年の冬より痒いということが多かった。インフルエンザが大流行していてかかりつけの小児科に行きたくなかったので皮膚科に行ったのですが、結果的にこれがよかった。完全予約性の皮膚科で2週間待ちだったのだけど。

今のケア:
・お風呂上がりはヒルドイドを塗り、その上からプロペトを重ねて塗る。その後、夜中や朝、痒いと言われたらプロペトを塗る。
・痒いという日は夜アレジオンを飲む(年末から毎日飲んでいるが痒いの治らない)。
・肌着は綿、衣服も綿を心がけている。
・ボディソープは、牛乳石鹸を泡立てて手で洗う。
・入浴剤は市販の保湿を謳っているものを使っている。
・洗濯洗剤、柔軟剤は普通に市販のものを使っている。

今のケアについて先生からのコメント:
・保湿ケアは今のやり方で問題ない。量が足りていないのかも。★ステロイドとヒルドイドを混ぜたものを処方するから一回綺麗にして、あとは、とにかくひたすら保湿をとのことでした。
・アレジオンはうち(受診した皮膚科)では処方していない。効果が?ならやめてよいかも。
・入浴剤は使わない方がいいかな。
・柔軟剤も使わないのがよい。洗剤はすすがれるのでそれほどこだわらなくてよい。

★ステロイドはメサデルクリームというものでした。これまで小児科で処方されていたロコイドより強いものみたいだけど、塗る場所が背中、お腹、手足と皮膚が薄くないところなので大丈夫とのこと。広範囲なのでヒルドイドクリームと混ぜているのでしっかり塗ってとのことでした。

→ステロイドを強めたことに不安はありましたが、2~3日塗ったら、その後、痒いと言わなくなりました。なかなか良くならないと思っていたので、結果的に病院を変えてみてよかった。痒みは、小児科より皮膚科のほうが専門だからかな。

アレルギー外来へ

今後の進め方の相談に行ってきました。

今、症状が出ているのはゴマ(すりごま)。蕎麦とナッツは血液検査で陽性だけど症状はなし。

・すりごま;自宅で練習中。1日0.1グラムを週に3回くらい。食べても身体が痒いと言うことが減ってきた。量を増やすと痒くなる。
→量を増やさなくていい。食べられる量をほんの少しでいいから週2回程度、続けることが大事、と念を押された。なかなか進まなくて焦っていたけど、3歳ならこれから必ず食べられるようになるから長い目で見てとのこと。そうなのか。

・蕎麦;自宅で練習中。週に3回くらい。2週間に1本増やしていて今12本。問題ないし、好んで食べる。
→茹でた状態で50グラムまで食べられるようになったら制限解除してOK、あとは自由に食べていいとのこと。

・ナッツ系;自宅で練習中。アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツをほぼ毎日計10粒くらい食べている。問題ないし、好んで食べる。
→制限解除してOK、あとはヘーゼルナッツを試してみてとのこと。

次回6月にすりごま1グラムの負荷試験をすることになりました。

おでかけ

・横浜美術館の子どものアトリエ再訪。冬は絵の具スペースが室内になって、狭くて混むから、夏の方がいいな。暖かくなったらまた行きたい。

・六本木ヒルズのバルバッコアでシェラスコランチ。乳幼児も沢山いて居心地よく2時間、満腹になるまで食べました。トングでお肉や焼いたパイナップルを掴むのが楽しかったみたい。店員さんもいろんな国の人がいて、フレンドリーで快適でした。前後にロボロボ公園ですべり台三昧。こちらも楽しそうでこの組み合わせで、また行こう。

・久しぶりに母娘2人で外出。神田の雪だるまフェアへ行き、ランチに天丼を食べて帰る。大きな雪の滑り台に「挑戦してみる!」と並んで挑戦。やってみようと思う、その気持ちがえらい!思ったよりスピードが出て怖かったみたいで、滑り終わったあと「楽しかった?もういっかいやる?」と聞いたら「もういい」と即答してたけど。

・上野の森美術館にフェルメール展へ。インフルエンザ流行ってる時期なので迷ったけど、「牛乳を注ぐ女見たい?」と聞いたら「見たい!」というので。混んでたけど、ゆっくり進んで最前列で見られました。やっぱフェルメールの絵は穏やかでとてもいいわ。家族4人で一緒に見られて良かった!

・いちご狩りへ。2人で86個。たぶんみりんちゃんは30個くらい食べたかな。たくさん食べてたら「ママがたくさん食べたら他の人が食べるのがなくなっちゃうよー」と心配されてしまった。

・ずっと楽しみにしていたリゾナーレ八ヶ岳への旅行も、無事に行ってきました。体調不良にならずに本当によかった。雪遊びして、スキーして、プールに入って、夕食ブッフェではアイスやケーキを食べて、露天風呂で星空を見て、大満足!「またお泊まりしたいなー」と言っていたけど、私もまた行きたい!元気いっぱいハイテンションで過ごして、お昼寝なしだったのに寝たの夜10時でした。はじめてのスキーはうまくいかず「難しすぎる」と泣いて怒っていた。ソリもすぐ飽きてたからまだホテルのミニゲレンデで充分そうでした。怖がってたのにスキーもスケートも挑戦して偉かった。プールも、足がつかないところでは怖がりながらも楽しんでた。食事も1人で食べてくれたし、妹のお世話中は待ってくれたし、2人で夜の露天風呂に入ったのも楽しかった。

 私のこと

・なかなかうまくいかないアンガーマネジメント。最近、注意されるとすぐウワーンと泣かれるのがストレス。イライラしたら6秒待てばたいていの怒りは収まるっていうけれど、6秒待ってもイライラ落ち着かないどころか泣き声がうるさくて怒り増す。「ごめんね〜」と泣くんだけど、反省してる様子ないし、また繰り返すんだもん。泣くくらいならもうしないでほしい。怒りを抑えて「泣かないで」「うるさいよ」と無表情で伝えるんだけど、それも怖いんだろうな。ってわかってるんだけど、ね。

・でも、3歳中頃の暗黒期を思えば、みりんちゃんの心も成長していてかなり楽になったし、家族4人で旅行や外食も楽しめるようになって、幸せな時間がたくさん過ごせています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク