(長女)3歳6ヶ月の成長記録

2018年11月-12月、3歳6ヶ月の成長記録

体重:13.3キロ
身長:93.1センチ
洋服サイズ:90~100
 
体重は先月から-200グラム(誤差の範囲かな)、身長は+1センチ。ここ数か月、身長が少しずつ伸びているのに対して、体重はほぼ変わらず。
洋服は、90だとやや小さくなってきた、でもメーカーによっては100だと大きい。特にズボンは100だと大きくて90だと小さい。(足が短い…?!)
 

七五三のお参りに行きました

家族全員が体調ばっちり、天気も良く、この日を無事に迎えられて本当に良かった。私の実家近くで私が七五三をした神社でしました。着付けのときは緊張して静かにしていたけれど、お店を出てすぐ腿が痒いと愚図りだし、どうなることかと思った。肌が弱いので化学繊維があわなかったのか…。保湿剤を塗ってハンカチをまいてあげたら気が紛れたみたいで、神社に着く前に着物を脱ぐという最悪のシナリオは避けられました。足袋と草履は早々に脱ぎ捨てていたので、家からサンダルを持参していてよかった。ダサいサンダルなので足元が写っている写真は酷い。そんなこんなで神社ではゆっくり写真を撮れなかったから、着付け後に家族写真を撮ってもらっておいて本当によかった。
スタジオアリスのレンタル着物を利用しました。店では「着替えたくない!」と私たちが到着してから店を出るまで1時間ずっと泣いていて、結局、諦めて帰った男の子もいて、てんやわんやでした。3歳の七五三って、コンディション読めないし、大変だわ。
 

髪型は、予め私がお願いしていた洋髪ではなく、「お団子2つがいい!」と自分で和髪を選ぶ。鏡を見て満足そうでした。女子だなぁ。足袋と下駄は「足が痛い」と早々に脱ぎ捨てたけど、可愛い着物は「脱ぎたい」と一切いわなかったのがエライ。

ももクロちゃんの番組収録に参加

今月は大きなイベントがもう一つ。huluの番組、ももクロちゃんのグーチョキパーティのスタジオ収録に参加しました。物心ついたころから自宅でよくDVDやYoutubeを見ているので、みりんちゃんも、ももクロちゃん大好き。3歳から応募可能だったので3歳の誕生日すぎてすぐに応募し、当選連絡がきました。ずっと楽しみにしていたイベントだったので、万全の体調で臨めてよかった!!
 
当日はパパと2人でお出かけ。親は収録スタジオに入れず、1人で会場へ!親と離れられなくて収録に参加できない子もいるそうで、ちょっと心配してましたがそんな心配はまったく要らなず。別室のモニターで様子を見ていた夫曰く、積極的に最前列の中央に座り、なんと自分からメンバーに話かけていたそうで。終わった後で「夏菜子ちゃんとなに話してたの?」と聞いたら「内緒!」と教えてくれなかったらしい。こうして親に秘密にしておきたいことが出てくるんだなぁ。
 
子どもが生まれる前は夫婦でよくライブに行っていたのですが、その当時を懐かしく思うし、親が好きなコトを子どもが好きになってくれたこと、それを一緒に楽しめるようになったことがとても嬉しい。
 
夫は、大ファンのしおりんと娘が話をしている様子を見て、”時空を超えてつながった”と感激していました。親と離れても、臆することなく楽しんでくれた娘の成長に夫婦共に胸アツでした。子供が喜び楽しむ姿が親の幸せだなぁ。
 
みりんちゃん、大好きなももクロちゃんに会えてお話できてよかったね。「また行きたいなー」と言っていたけれど、1人1回の制限つきだし、アイドルをこんなに近くで見られて、お話できる機会はそうそうないんだよ。次はライブへ行こうね。

妹と2人で遊ぶ時間がでてきたけど…やっぱり2人を見るのは大変

首がしっかり座って寝がえりが自由にできるようになった生後5ヶ月過ぎたあたりから、妹とみりんちゃん2人でも少々なら目を離せるようになりました。家事が進むので助かります。でも、悪気なく危ないことをしていたりして、ヒヤッとすることも。ボールの入っていたネットを妹の頭にかけて、妹が苦しそうにしていたことがあり、気は抜けないと痛感。この時はみりんちゃんのことをこれまでにないくらい酷く怒って、「ママは、みりんちゃんもかこちゃんも大切だから」と言ったら「かこちゃんのほうが大事に見える」と言われてしまう。たしかにそうなりつつあり、このままだとよくないな…。みりんちゃんへの態度も反省しました。

とはいえ、妹には概ね優しいし、2人で仲良く?!している姿は可愛いし癒されます。

妹におもちゃを渡してあげていたので、私が代わりに「ありがとう」と言ったら、「かこちゃんも心で言ってたよ」だって。そう感じてくれたのなら嬉しいよ。

時々、妹のおもちゃを奪って「これは、みりんちゃんのだから!!」ということも。惜しみなく貸してあげるときと、渋るときの落差がある。

妹に一生懸命お話をして、英才教育をしてくれています。「ここにブロックが2つあります。こっちにも2つあります。あわせていくつあるでしょうか?」「いい?猫はキャットっていうんだよ。わかった?」と。水族館に行ったときは「クラゲは食べられないんだよ」「これがエイだよ」「こっちはニモだよ」とたくさん教えてあげてました。先輩風ふかせている姿もまた可愛い。

指しゃぶり、なんと!やめられそうな気配

2ヶ月前に試したバイターストップ(苦いマニュキュア)では効果が続かなかった指しゃぶり。次は、図書館で「指しゃぶりやめられるかな」という絵本を借りてみました。

机に置いておいたら、保育園から帰ってきてみつけて、「これ読んで」ともってきたので、しめしめと思って、読むと…。ずっと無言で無反応。絵本の内容は、特にひねりがあるわけではなく、指しゃぶりをしていた王子様の手がサボテンみたいになってしまって、お姫様とダンスをするときに気持ち悪がられて、歯並びが悪くなって発語も変になってしまうという話。翌日以降「この絵本また読む?」ときいたら「もういい」「いや」「その本は読みたくない」と。絵本を読んだくらいですんなりやめられるようなら苦労しないよねと、正直、効果は期待していませんでした。

でも、絵本を読んでから数日後、絵本を読んだ日からまったく指しゃぶりをしていないことに気づく。生後数か月から入眠の友だったのに、夜も指しゃぶりせずに寝ている!!

“この絵本でやめられることはないだろうな”と思ってたから、まさか効いた?!とびっくり。話の内容を理解して、やめようと思ってくれたのかな。

→それから1週間後、時々、少し復活していたけれど、頻度はかなり減りました。その後、指しゃぶり0の日、夜寝る時だけする日、日中も少しする日を繰り返しつつ、数週間後には指しゃぶりがほぼ見られなくなりました。時々、無意識で?している時があるけれど、1週間に1回も見なくなりました。あと一息かな。

絵本は1回読んだだけです。その後、絵本の話題はふらず、注意もあまりせず、自然にやめられた感じ。

この絵本が効いたのか、たまたまその時期が来たから止められたのかはわかりません。4歳になる前に止められたらいいなと思っていたけれど、やめられるときは意外にもあっさりなんだな。トイトレと一緒で「いつかその時期が来たらやめられる」というのは本当だったんだなぁと思いました。

その他

・実験や観察に興味津々。氷が溶けるのをじっと見つめていたり、溶けた氷をまた冷凍庫に入れて凍らせたり。

・絵本のお話をちゃんと理解しているんだなと思うことが増えた。途中で集中力がきれてるなと感じることがグッと減ってきた。あまり聞いてない風でもあとから「絵本にかいてあったよね」と的確なことを言う。

・私の実家にある童話絵本にはまる。特に「3匹のこぶた」がお気に入り。

・私が絵本の台詞を方言にアレンジしたり、替え歌にしたりすると「ちゃんと読んで!!」と怒る。

・「ママに内緒でミカンとジュース飲んだんだよー。内緒なんだけどね」とばぁばに「内緒ね」と言われたことをあっさり教えてくれる。

・大好きなお菓子や果物を独り占めしたい。分け合うことができません。「一口ちょうだい?」と言うとものすごい勢いで全部自分の口に入れようとする。うーん。

・慎重派、こわがり:雲梯、ジャングルジムなど、「怖い」「もういい」と1人で進めない。ブランコも苦手で座って乗るのも怖い。ストライダーもべったり地面に足を着いて、なかなか離せない。大きな滑り台も嫌い。保育園で同じクラスの友達がやっているのを見ても「怖い」「できない」とやりたがらない。でも、公園は大好きで休日にどこに行きたい?と聞くと100%、「公園!!」と答える。小さな滑り台を何度も滑っています(笑)

・お風呂はなぜかパパでなくママと入りたい。歯磨きの仕上げ磨きもパパでなくてママがいい。

・初めて自分から欲しがったおもちゃ:我が家はパパとママがおもちゃを買ってあげることがほぼなく、これまでみりんちゃんがおもちゃを欲しがることもあまりなかったのですが、初めて自分から欲しがって離さなかったのがリカちゃんの人形。ずっと離さずに持っていたけど買ってもらえず号泣。「ばぁばにクリスマスに買ってもらおう」でやっと納得してもらえた。私の買い物中、リカちゃんを持ちながらこちらをチラチラ見てニコニコしている姿は可愛かったけど、買ってもらえると期待させるのもダメだと思って無視。おもちゃはいつでも買ってもらえるものじゃないんだよ。思い通りにならないこともある、というか世の中のたいていのことは思い通りにはならないということをこうやって学んでいくんだなと思う。

・ばぁばの家に行ってから「ママが子供の頃は何組だった?」「ママが子供の頃は〜」「ママはどこの病院で産まれたの?」という質問を度々するようになる。ママの育った場所、祖父祖母との親子関係が理解できたのかな。

・体重計に乗るのが好き。体重が増えて喜んでいた。満腹時には14キロ!身長を測るのも好き。

・これまでずっと夜寝る時は私は隣にいればよくて、スキンシップは求めてこなかったんだけど、時々「手繋いで」とリクエストされるようになる。すぐに離されるんだけど、レアなのでちょっと嬉しい。

・パパとママが喧嘩してた時、気を遣って2人に交互に可愛い声でたくさん話しかけてくれた。私は「パパに怒らないで!」と注意される。心配そうな顔させてごめんよ。

・トウモロコシをとんもころしと言っていた。だいぶ減ってきたけど、まだある可愛い言いまつがえ。

・トランプで神経衰弱ゲームにハマる。私が大人げなく本気でやったら「もうママとはやりたくない」と言われた。夫曰く、フフンという仕草が感じ悪かったらしい。ちゃんとルールを理解し、基本的には負けても怒らない。でも悔しがる。(たまに怒ったり泣いたりする。)最初は負けなかったけれど、回数を重ねるうちに本気で負けることがでてきた。子どもの記憶力の伸びしろ、すごい。大人は退化する一方だからね。

・保育園で使う手拭きタオルが古くなると台拭きにしているのですが、それが気に入らなかったみたいで「これ、みりんちゃんのタオルなのに!今日これを保育園に持って行きたかった!」と号泣。いやいや、これまでもずっと台拭きとして使っていたのになぜこのタイミングで急に泣く…という感じですが、急に気づいて機嫌を損ねるのが3歳児。どうなだめても治まらなかったので「洗ってからまた保育園に持って行こうね」といって洗濯機に台拭きを入れたら落ち着いた。(その後、洗濯機からこっそりとりだして処分)

いまだに時々(月1~2回?もっとかも)、癇癪での大号泣があって疲れる。他の子に比べて声が大きいのでこちらの精神力が削られる。

・挨拶ができない:自分から挨拶できないだけでなく、保育園の先生や友達の両親、マンションの管理人さんなどに挨拶をされても無視…。私は元気に挨拶しているし、「挨拶しようね」と何度いってもしないので「なんで!?」とイライラすることも。
他の友達もあんまり挨拶していない。3歳ってまだ挨拶できないもの?!

・人の気持ちが読めない:まだ3歳なので仕方がないとわかりつつも地味にイライラするのが、しつこいところ。特にこちらの失敗をしつこく指摘されるとイラっとします。包丁で指を切ってしまったとき、それから日に何度も「何で指きっちゃったの?」と聞かれ、毎回「うっかりしてた」と答えるのに疲れて、「さあ、なんでだろうね!」「忘れた!」とイライラ口調で答えたら、無邪気に「なんで怒ったの?」だって。そういう時の「なんで?」には「なんでだろうねぇ」とのらりくらりと返すようにしているのですが、イライラが抑えられないことがあり人間力が試されているなと感じる。

・赤ちゃん言葉や甘えた声色で喋るのが嫌:「できないのぉ」「ママたべさちてー」とか言われるとイラッとするので、「その喋り方やめて」と冷たく伝えてるんだけど治らない。

・パパが不在の夜はバッタバタ。そんな時は妹のお世話で手が離せず構ってもらえない時間が多いことをようやく悟ってきたようで、ワガママが減ってきた。故に私のストレスも減ってきた。産後半年以上たって、やっとだけど、わかってもらえたのかな。

おでかけ

・新幹線に乗って愛知へ。私1人で2人連れての新幹線移動はやっぱり大変だけど、着いてしまえば実家は天国。新幹線では妹がウンチしたのを見て自分もウンチがしたいと言いだし、てんやわんや。結局、出なかったけど、新幹線のトイレのジュボッて流れるのが面白いみたい。とれたんずの新幹線のトイレの歌を口ずさんでご満悦だった。実家ではジィジ、バァバ、私の妹と大人がたくさんいたから遊んでもらえてテンション高くて楽しそうでした。ママ楽!お菓子を与えすぎなところは気になるけれど、たまにはいいか。

・久しぶりの温泉旅行
私の妊娠~出産で旅行から遠のいていたこともあり、みりんちゃん1年以上ぶりに温泉へ行きました。大きなお風呂は「こわい、こわい」とビビリながらも「温泉、気持ちいい~!」と翌朝も合わせて3回も入る。足湯にも2回入りました。足がつくところでも腰より深いところには入りたがらないという慎重派。
紅葉のライトアップも見たし、道中、初めて観覧車にも乗りました。高いところはまったく怖くないみたい。
この旅行の帰り道、「チャイルドシートに乗りたくない」と激しく愚図ったことを除けば楽しいことばかりでした。「ママの膝に座りたい」と30分ずっと泣き喚き続けて、最後は頭だけ私の膝に乗せて泣きながら寝た。何事もなく終わらないのが子連れ旅行か…。

・名古屋の東山動物園へ。
私が小さい頃によく遠足で行った動物園。自分が小さい頃に見た景色を子供と一緒に見られるって幸せ。動物園なら上野で何度も行っているし…と思っていたけれど、上野とは規模が違って、おりや柵が気にならない展示方法がとってもよかった。上野にはいないコアラも可愛かった。寝てばかりのイメージだったけど、餌やりの時間で起きていた!
遊園地ゾーンでは、初めてジェットコースターという名のスロープコースターにも乗りました。「乗ってみたい!!」と意気込んで、待ち時間にドキドキした顔をして、「1人で大丈夫だから」と1人で座席に座って、ギュッと手すりを握りしめ、乗っている間も緊張の面持ち。降りてきたときの笑顔が最高に素敵でした。また一つ成長を感じた瞬間でした。

・ギャラクシティ@西新井
宇宙に興味津々のみりんちゃん。プラネタリウムで惑星の話を聞く。飽きずに最後まで30分聞けて、所々、理解していたらしい。ここで成長を感じたのも束の間、その後のワークショップではひらがなスタンプが綺麗に押せず「最初から全部やり直したい!」と癇癪。
アスレチックでは、半年前は「怖い」と降りられなかった梯子を降りることができた!何度も抱っこして!と言っていたけど、最後まで抱っこなしで頑張れました。
英語のリトミック?プログラムにも参加。3歳から5歳が対象で、たぶんみりんちゃんが最年少だったけど、お兄さんお姉さんに混ざって1人で頑張りました。最初は時々チラチラこちらをみていたけど、最後まで参加!見よう見まねで頑張っている姿に感激でした。2歳クラスまでの保育園なので今は最年長、自分より大きな子と接する機会が少ないので貴重な体験でした。

・すみた水族館で年間パスポート作成
アクアパーク品川の年間パスポートが終了したので、今年は次女も一緒に楽しめるすみだ水族館の年間パスポートを作りました。3歳から有料なので、みりんちゃんも写真を撮ってカードを作る。そんな年齢になったんだなぁとここでも成長を感じました。

 私のこと

・悪魔の3歳児対応に辟易していた9月頃に比べたら育児ストレスは減っていると思うものの、やっぱりイライラしてしまうことがたくさん。先月~今月は私が咳喘息で体調不良だったこともあり、つい当たりが強くなってしまった。言い過ぎたなと反省することが増えました。反省はするんだけど、なかなかゼロにはならないよね。

・保育園で同じクラスに妹・弟が産まれて育休中のママが3人いて月1ペースでランチ会をしています。みんないろんなネタ持ってて面白い。先生のこと、友達のパパ・ママのこと、なんでそんなことまで知ってるの?と思うことまで知っていてびっくりすることがたくさん。みんな色々みているんだなぁ。いろんなところで目撃されているんだなと思うと外で気を抜けない(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク