(長女)3歳3ヶ月の成長記録

 

2018年8月-9月、3歳3ヶ月の成長記録

体重: 13.3キロ
身長: 91センチ
  
洋服サイズ:90~100。

悪魔の3歳児にイライラが止まらない日々

2歳になるくらいまでは毎日「なんて可愛いんだろう」と思うことばかりで、「日々、可愛さを更新してる。このまま可愛くなり続けたらどうなっちゃうんだろう」と本気で思っていました。そんな日々が懐かしい。

雑誌の特集記事や友達から「毎日怒ってばっかり」という話を見聞きしても共感できなくて「なんでそんなに怒ることがあるんだろう」と思っていたほど。

それが…。今は「日々、イライラが増している。このままイライラが止まらなかったら…」と不安に思うようになってしまった。

優しく言い聞かせても全く聞き入れてもらえないので、怒鳴ることが増えたし、つい暴言も…。本当に態度が酷いからイライラするのは仕方ないという気持ちがあるものの、暴言は、さすがに反省します。

・とある休日、”パパと図書館に行く”と言っていたのに直前になって「ママとがいい」と服を着替えるのをゴネて暴れ出した。その暴れっぷりがあまりにひどくて、寝ていた妹も泣き出し、「うるさい!」「いい加減にして」「だまれ!」とキレてしまった。私があまりに激怒したら、パパと仲良く準備して出かけて行ったけど、恐怖で行動を促してしまったことに罪悪感。それにしても、わたしに対してのワガママが特段ひどい。パパと2人だと家でも外出先でも、困らせるようなことしないらしい。なんでだろう。パパは穏やかな性格で声を荒げることはなく、私のほうがキレてすぐ怒るのに、キレさせる行動ばっかりしてくる。夫のいる休日はありがたいけど、パパがいるのに「ママじゃなきゃ嫌、ママとがいい」と言われるとイライラが止まらなくなり、夫にも八つ当たり。夏の暑さも手伝ってか、沸点が低くなっていることは自分でも自覚しています。

・ただ、気をつけているのは、怒るときは、アイメッセージで伝える努力をすること。「私はみりんちゃんに〇〇されて嫌だから止めてほしい」「〇〇してみりんちゃんがケガをしたらママ悲しい」等。

・それにしても、怒られてもめげないみりんちゃん。盛大に怒られても数秒後にすぐにケロっとしてくれるのはサッパリしていて良いところ?と思っていたけれど、すぐにケロッとしているということは、怒られたことがまったく響いていなくて、だから同じことを何回もするんじゃないか…、という気がしてきた。

・でも私が怒っていることはわかっているようで、よく「すぐ怒らないで」と言われるようになりました。特に夜寝る前に言われることが多いかな。夫曰く、寝言でうなされながら「怒んないでよ」と言っていたこともあるらしい。私が夢に出てきてた…?!「ママにお手紙かきたい。パパかいて?」と折り紙とペンを持って行って、書いてもらっていたのが「ママ怒らないで。ママが怒りませんように」だったことも…。

・今朝も、保育園に出発する前に妹の抱っこ紐を引っ張って遊んでいて、優しく何度も「返して」「ママ使いたいな」「貸して」「お願い」と言っても全く聞いてもらえなかったので、最後は「離してって言ってるでしょ、怒」と力づくで無理やり取り上げた。こんなんばっか。最後は必ず激怒することになることが続くと、最初に優しく言い聞かせることが手間に思えて、つい怒るまでの時間が短くなってしまう。

・怒っている自分の顔を見て落ち込む(私):夜、仕上げ磨きの時、歯ブラシを噛んで離さないのでイライラしていた時のこと。怒ったらダメ、怒らないように、我慢…と気持ちを落ち着けてたんだけど、ふと鏡に映った自分の無表情(しかもノーメイクで血色悪かった)が怖すぎて引いた…。いつもこんな顔を見せているのかと思うと悲しくなったし、こんな顔のママ嫌だなと自分でも思うほど。いつもニコニコ笑顔のママでいたいんだけどなーーー。

偏食は少しづつ改善しています

3歳を過ぎて、少しづつだけど偏食が改善しています。どんなに小さく切っても目ざとく見つけて弾いていた苦手な食材も、気分が乗っているときは、食べるようになりました。

以前は「これ嫌い」と弾いていた焼きそばの肉、もやし、キャベツを黙って食べたし、妹のお食い初めでは、初めてあさりと鯛を食べた!

相変わらず、お菓子以外は1人で完食することはなく、最後は必ず「食べさせて」になるけれど。

胎内記憶について聞いてみた

1回しか話てくれるチャンスがないと言われている胎内記憶について。3歳を過ぎてしっかり話ができるようになってきたし、2人でお風呂に入っている時に聞いてみた。「ママのお腹にいたときのこと覚える?」と聞いたら「わかんない」だって。そっか。その日はそこで終了。

期待していたようなことは聞けなかったなぁと残念に思っていたその翌日、4月に出掛けた時の写真を見て「この時、まだかこちゃん(妹)はお腹の中にいたんだよね」と言ったら、「かこちゃん、ママのお腹にきたいなーって思って来たんじゃない?」と言い、続けて「みりんちゃんも、ママのお腹にきたいなーと思ってきたんだぁ」と言ってくれました。胎内記憶は聞けなかったけれど、嬉しかった。私たち夫婦を選んでくれてありがとう。

こういう癒しの瞬間があるとイライラして怒ってばかりではダメだなと感じます。

妹LOVE

・妹のお食い初めをしました。「お食い初めって何?」と聞かれたので「食べる練習だよ」と言ったら、1番はりきって食べさせる真似をしてくれた。

・妹への愛情は増すばかり。顔に近づきすぎたり、触りすぎてよく怒られています。怒られるとより一層触りたくなるんだろうけど…。

・自分はまだ指しゃぶりしてるのに妹の指しゃぶりをやめさせようとする。そして、なぜか自分の指を妹の口に入れようとして怒られる。そろそろかこちゃんが本当に姉を嫌がりはじめるんではないかと一抹の不安…。

・でも、体調不良の時は、妹にうつしたら大変とわかっているのか、絶対に近づこうとしなかった。咳をするときも手を口にあててくれていた。エライ。

その他

・初めて通して見た映画は「となりのトトロ」。これまで「アナと雪の女王」やドラえもん、トーマスの映画を見たことはあったけれど、集中力が続かなくて最後までたどりつけたことはなかったのです。古い映画だけれど、最近の映像はカラフルすぎて目が疲れるから、トトロの穏やかな色合いが和みました。このくらい落ち着いた色使いが安心。そしてストーリーもとても良かった。私も20年ぶりくらいに見たんだけど、大人になって改めて見るといい作品。私も妹がいる長女ということもあり、サツキに感情移入して涙。みりんちゃんは、年頃はメイに近いけど、長女だからサツキのように、お姉ちゃんの苦悩も味わうようになるんだろうな。

・好きなアニメの変遷。この頃、トーマスに興味がなくなってしまった様子。アンパンマンは相変わらず大好き。おさるのジョージ、しまじろうも「見たい!」というけど、トーマス熱はすっかり冷めてしまったようです。ドラえもんもアニメはイマイチ。ジャイアンが横暴なシーンでいつも「ダメだよね」と言っている。

・トイレに踏み台を導入。補助便座なしで1人で用を足せるようになりました。「ドアを閉めて1人でやってみたい」というので見守っていたら無事に完了!1人でトイレが習慣化してくれるとかなり楽になるんだけど、1回1人でやって満足したのか、まだ一緒に来てと言われます。

・休日はお昼寝なしが普通になってきた。昼寝なしだと夜ご飯が終わったあたりから愚図りがちだけど20時にコテッと寝てくれるので結果的に楽。

・晴天の日、「今日は青空が広いねー」と詩人のようなことをいっていた。

・トトロのことをトットロと言う(歌で覚えたから)。アスレチックをアソビチックと言う。コックさんをコッコさんと言ったり、まだ可愛い”いいまつがえ”が健在です。

・夏祭りで、初めて綿菓子を食べる。本で見て「綿菓子、食べたいなぁ」と言っていた夢が叶ってよかったね。自分で作ることができたので、砂糖がフワフワの綿菓子になる様子が見られました。

体調不良で自宅で遊ぶ機会が多く、発見がたくさんありました

・クリスマスにパパサンタがプレゼントした「なぜなにふしぎえほん」。まだ難しいかな?と思う内容も理解しているようで、お気に入りに。雷が鳴っていたら「雷は鬼なんだよ」と、「絵本のここに書いてある」と絵本を持ってきて該当ページを開いて見せてくれた。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのなぜなにふしぎえほん [ てづかあけみ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)

楽天で購入

・これまであまり遊んでいなかったフェルトのおままごとを使うようになる。料理する真似をしたり、お皿に盛り付けて遊ぶ。使ってもらえてよかった。

・おままごとでできあがったものを「食べてよー」と持ってきてくれたとき、「手が離せないから後で」と言ったら怒られた。普段の食事で私が「食べて」と言っても食べてくれないのに、理不尽。私も大人気なく「今はお腹空いてないの!!」と言ってしまった。

・木のおもちゃで見本を見ながら同じものを作る。以前はすぐ諦めていたのに自分で考えてできるようになっていた。簡単すぎるとすぐ終わってしまうし、難しいとすぐ諦めてしまうから、ちょうどよいレベルの課題を出すのって難しい。ちょうどよい難易度のおもちゃを少し考えながら挑戦して「できた!」となる時の笑顔が最高に可愛い。

・お絵かき、貼り絵も上手になっている。手伝わなくても1人で作品を完成させるようになってきた。ハサミもうまく使えるようになっていた。

・誕生日プレゼントのくみくみスロープも、まだ自分では作れないけれど、「一緒に作ってみよう!」というと興味を持って見てくれる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEW くみくみスロープ (リニューアル)
価格:2979円(税込、送料別) (2018/9/14時点)

楽天で購入

保育園(8:30〜16:30) 

・お盆休みは1/3くらいの子がお休みで、「プールが広く使えた」だとか、「0歳、1歳児クラスと合同の給食やお昼寝だった」とか、普段との違いを楽しそうに教えてくれた。

・お盆休みが終わった後、RSウイルスが大流行して、クラスの子が次々とお休みしていった。結局、クラスの半分以上の子がかかったのではなかろうか。みりんちゃんは初めてのRSウイルスで、喘息発作も出て5日お休みしました。

通院と体調不良

RSウイルスにかかり喘息発作も。先月に続いて長期間の体調不良、そしてまた妹にもうつりました。

・2歳までにほぼ全員がかかるといわれているRSウイルス、みりんちゃんはこれまで1度もかかったことがなかったのですが、今回、初めて陽性がでました。

1日目:昨日から少し咳が出ていて、夜寝るまで元気だったのに寝たら急に熱くなり23時頃、39.6。

2日目:朝、熱は下がっていたけど咳が残っていたので保育園お休み。昼過ぎからまた38度越え。この時点では咳は酷くなっていない。

3日目:引き継ぎ38度前後の熱がある。午前中は37度台まで下がるけど夜になると熱くなる。咳が増えてきたのでメプチン吸入。

4日目:小児科での検査結果、RSウイルス陽性。吸入前の酸素が95なく呼吸も苦しそう。熱は下がらず、咳も夜に酷くなる。夜中ずっとゼエゼエ?鼻が詰まった音がしていた。パルミコートを朝夕2回、0.5mgに増加。1日4回メプチンも吸入。感染力が強く、母体からの免疫は効かないウイルスなので妹にうつっていないかが心配。

5日目:やっと熱下がる。元気も出てきた!あとは鼻水と咳。呼吸音はバリバリ聞こえる気がするし、頻度は減ったものの咳もまだ残る。

6日目:昼間に咳き込むことはあるけど、元気もある。

7日目:小児科へ。まだ咳は出るけど、呼吸音は綺麗とのこと、酸素も99で回復に向かっていそう。最後は鼻水がひどくなるから中耳炎に注意と言われる。

8日目:ほぼ元気。大事をとって保育園はもう1日お休み。

9日目:1週間ぶりに保育園へ。入れ違いで妹がRS発症。時期がかぶらなくてよかった…。

10日目:まだ咳はたまにでるけどほぼ回復。中耳炎は大丈夫そう。よかった!

・今年も…。蚊に刺されると2日後くらいに腫れる。完治まで1週間くらいかかるので虫よけスプレー必須です。

・卵アレルギーは血液検査の数値はよくなっているものの、オムライスの卵が少し半熟だったら顔に発疹が出た。頭や脇に痒みも。

おでかけ 

・パパとスカイツリーとすみだ水族館へ。スカイツリーは初めて登りました。みりんちゃんは、パパの影響でももクロが好き。期間限定のももクロの映像や展示が見られて、楽しかったみたい。1年ぶりのすみだ水族館ではワークショップで金魚を全部一人で作ったとのこと。成長してるなぁ。

・8月最後の日曜日、今年の夏は猛暑すぎて外遊びをしておらず、夏らしい思い出があまりない!?とママと2人で市民プールへ。久しぶりに2人きりで長時間のお出かけ。道では色んなことに興味津々で、看板や蜘蛛の巣や側溝の蓋がカタカタ動くのが面白くてちょっと歩いてはすぐ立ち止まる。2人だと「なんで?」「あれ何?」にもゆっくり向き合ってあげられる。普段、妹と3人でいるとやっぱり余裕がないんだろうな。更衣室で水浸しの床に座ろうとしたり、初めての和式トイレで「落ちちゃうー」と大騒ぎしたり、これ妹が一緒だったら無理だなって場面がたくさんあった。本当は家族4人でおでかけを楽しめるといいんだけど、みりんちゃんは「ママと!」が多いし、かこちゃんの授乳は必須だし、ストレスなく4人で出掛けられるのはもう少し先かな…。

プールでは勢いよく滑り台を滑って2回目で頭を打ってから「もういい」と滑り台には近づかなかったり、胸までの深さのプールは「こわい」と入りたがらなかったり、足首ほどの水深の浅いプールが1番イキイキしてた?!みりんちゃんが楽しそうに笑ってる姿を見るのは幸せなこと。私も屋外プールに来たのは10年以上ぶりでした。

腰より深いプールは「こわい」らしく、足首ほどの深さのプールで泳いでいる風!

・妹が体調不良の土曜日。「ママとおでかけしたい!」というのでみりんちゃんと2人で上野の科学博物館へ。午前中、妹を小児科へ連れて行ってからの出発だったので、午後から。蒸し暑かったし、私も咳が出て体調が良くなかったこともあり、「抱っこして!」「コレ、つまんない!」「もう帰りたい!」を繰り返すみりんちゃんにイライラ。「アイス食べたい!」って言うからアイス買ってあげたし、見たくないという展示は飛ばしたし、けっこう抱っこもしてあげたし、私はかなり尽くしてあげたのに、最後に「一緒に写真とろう?」と言ったら「いやー!!」と全力で拒否されてキレた。アイスも独り占めしてわけてくれなかったし。「じゃあ、もういいよ。帰ろう」と帰り道はかなり不機嫌でした(私が)。みりんちゃん、疲れてたんだろうな。帰りの電車に乗ったらすぐ寝た。午後からのお出掛けは疲れるし、もうやめようと思ったのでした。

・翌日の日曜はパパと2人で雅叙園の百段階段のイベントに行ってもらおうと思っていたら、さぁ出発という段階になって「ママと行きたいーー」と号泣。「ママと行きたい」と言っていてもいざ家をでてしまえばケロッとしてパパと2人で楽しむのがこれまでのパターンだったのに、この日は、家を出てからもずっと「ママとがいい」と泣き続けていたそうで。15分ほどして「今日は無理」だと引き返してきた。こんなこと初めて。それにしても、昨日はママと楽しめなかったのになぜママとがいい?!

・昨年、楽しかったので今年もぶどう狩りへ。途中で買ったアイスもブドウも、分け合うことを嫌そうにされてガッカリ。でも1人で皮を剥い上手に巨峰を食べるし、農園内を散策して蝶やブドウや草花に興味を持ってくれていて、去年より成長していることも感じられた。

・楽しみにしていた越谷の阿波踊り、まつりつくばは体調不良で見に行けなかった。また来年!

 私のこと

みりんちゃんのワガママっぷりと体調不良(RSウイルス)による看病に疲れた1ヶ月でした。

パパの夏休みも看病で終わってしまった。もともと遠出の予定はなかったのだけれど残念。家に元気な大人が2人いても仕方がないので交代で好きなことをしよう!と私は平日に都内で働く友達とランチへ。B’zの映画も見に行き、1人時間を満喫。

子どもが病気になると心配だし、24時間つきっきりでどこにもいけなくてストレスがたまる。RSウイルスは感染力が強いというので妹にうつらないか、という不安も大きかった。
→結局、妹にもうつってしまい計2週間の看病生活でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク