(長女)3歳0ヶ月の成長記録

 

2018年5月-6月、3歳0ヶ月の成長記録

体重: 12.75Kg 成長曲線のやや下
身長: 89.5cm  成長曲線のやや下
  
オムツサイズ:Lサイズ(パンパース)→トイトレ完了間近かな。オムツは夜と土日の外出時のみ。
 
洋服サイズ:90~100。
 
新生児の妹を抱っこした後で抱っこすると、ずっしり重くてびっくり。手足に筋肉がついてきたし、いつのまにこんなに身体がしっかりしていたんだっけと思う。

3歳のお誕生日

自宅での誕生日会は誕生日の3日前に行いました。翌日、妹が産まれたので、家族そろってお祝いができてよかった!

3歳のお誕生日、当日はママ入院中だったので、パパとおばあちゃんとレストランでお子様セットにバースデーデザートを食べて、ご機嫌で面会に来てくれました。

パパとママからの誕生日プレゼントは、くもんのクミクミスロープとしまじろうの腕時計とフェルトのケーキ。おばあちゃんからは、アシックスのサンダル。ばぁばからは保育園の登園用のリュックサックをもらいました。

月末の保育園のお誕生日会は「みんなお祝いしてくれるかなぁ」と出掛けて行きました。パパとママと妹も見学に。私は保育園生活3年目にして初参加でした。パパとママと妹の姿が見えた時のはにかんだ顔がなんとも可愛かった!1歳、2歳の誕生日会の時と比べるとステージへ堂々と入場して、終始にこにこリラックスしていました。インタビューでは緊張してか「好きな食べ物は?」の質問には答えられなかった(笑)練習では「ラーメン」と答えていたそうです。

帰ってきてからも「ママとパパとかこちゃん(妹)が来てくれて嬉しかった」と何度も言っていたのがまた可愛かった。

妹がいる毎日がはじまる

私の入院中、初日こそ「ママと妹と一緒に帰りたい」と大泣きして、病院を出てから家に帰るまでずっと泣き続けたものの、2日目からは一切泣かず、お見舞いから帰るときは笑顔で「また明日!」と帰って行き、家でも泣かずに過ごせたらしい。

産後すぐから妹にも優しくて、心配していた「the 赤ちゃん返り」はありませんでした。

退院後、私が自宅に戻った日(妹は黄疸で1泊入院しました)、「ママとパパと3人で寝るの久しぶりだね」と言ったら「はやく妹も一緒に4人で寝たいな」と言ってくれて、その優しさに感激。

退院してから1週間くらい、夜寝る前にお話をしていると「(入院中は)ママがいなくて寂しかった」「悲しくて泣いちゃったの」「ママが帰って来てくれて嬉しい」と。部屋が暗くてどんな表情だったかはわからないけど、「ママもさみしかよ、帰って来られて嬉しいよ、これからはまた毎日一緒だよ」と伝えるとギューっと抱きついてきた。寂しい思いをさせてしまったけれど、心の成長を感じました。

妹のお世話がしたい!

入院中も退院して自宅に戻ってからも、「ミルクをあげたい!」と言うので一緒にミルクをあげたり、妹のオムツを運んできてくれたり、妹のお世話をするのが大好き。

「赤ちゃんに触る前に必ず手を洗う」という約束をしっかり守ってくれて、保育園から帰って来た時、食事の後、トイレの後など自分から手を洗いに行ってくれます。(以前は、なかなかすんなり手を洗ってくれずに困っていた。)

妹のお世話は、力の入れ加減にヒヤヒヤするけど、思いやりがあって、とてもよいお姉ちゃん。

「自分はお姉ちゃん」という意識が強いようで、妹のベビーカーを見に行った時、「乗ってみる?」と聞いたら「みりんちゃんは乗らない!押すの!」だそうです。

妹が泣いていると「抱っこしてあげて」と教えてくれるし、妹にはとても優しいんだけど、やっぱり家族が増えて生活が変わって、ストレスが溜まっているのか、減ってきていた指しゃぶりが完全復活しました。授乳中など構ってあげられない時間は、テレビを見ながら激しく指を吸っています。

保育園でも「できないの」と身の回りのこれまで自分でできたことを「できない」と言って甘えることがあるそうです。家で存分に甘えさせてあげたいけど、妹が寝てるのに大声で歌ったり、トイレにシールぶちまけたり、手でご飯を掴んで食事中に遊んだり、注意しなきゃいけないことも沢山あって、さじ加減が難しい。

妹は寝てるところを無理やり手を握られたり、ほっぺツンツンされて、あきらかに嫌がってる時もあるんだけど、姉は驚くほどポジティブで「かこちゃん、喜んでるね!」「みりんちゃんのことが大好きなんじゃない?」と。手を繋いで「みりんちゃんが手を繋いだから泣き止んだ!」「みりんちゃんを見て笑ってる」など、妹も自分を大好きだと信じて疑わない様子が微笑ましい。

一方で、自分の要求がある時は、妹が泣いててもお構いなし。「トイレに行きたい」は生理現象だから仕方ないとして、「お菓子が食べたい」とか、「今すぐアンパンマンが見たい」といった要求で泣きわめかれた時「ちょっと待ってて」が通用しなくて私は辟易。

続くイヤイヤ期、甘えと自立の波が交互にくる

・なかなか自分で動かないのが食事と着替え。特に食事は、あいかわらず好きなものしか自分で食べないし、食べ物で遊び出すとイライラするので、夕飯が1番の鬼門。やってあげないと進まないし、補助してあげるとふざけてイライラ。つい「ちょっと!」「ちゃんとして」と声を荒げてしまう。

・産後ホルモンの乱れなのか、些細な事でもイライラが止まらず、許せないときもあって。昼間なのに「カーテンを閉めたい!」と泣かれ、「やめて!絶対にだめ!」激おこしてしまった。後から思い返せば、たいしたことじゃないからさせてあげればよかったのではと思うんだけど、その時は「ワガママにつきあっていたらきりがない」って思って私も断固、折れなかった…。結果、30分くらい号泣していました。

・思い通りにならない時、「もう知らない!あっち行く!」と怒って、違う部屋へ1人で行ってしまいドアを閉めていた。鍵も閉めていた。私の真似…。しばらくしたら1人で出てきた。

・ふざけて怪我しそうになることも増えた。お風呂あがりにはしゃいで体を拭かずに廊下を走り、転倒。頭を打って大泣き。幸い怪我はなかったけど、家具や壁の角に頭をぶつけていたら大変なことになっていたのでヒヤッとした。別の日は、歯ブラシを口に入れて躓きそうになる。これも相当、危ない。かなり強めに注意しても聞かず、痛い思いをしてやっと止めるんだけど、大事故になってからでは遅いので怒鳴ってばかり。次女の授乳中など手が離せない時には特に気を遣って神経が磨り減る。

・3歳児、なんでダメって言われることばっかりやるんだろう。ダメだって言われるとわかってるはずなのに。食事中におかずを頭に乗せる。汚れた洋服で布団に登る。お風呂あがりに濡れた体で走り回る。どれも毎回、怒られるのにやめないのは不思議。

「お味噌汁にご飯を入れて食べたい」とか「ごはんをつぶしたらどうなるんだろう」という気持ちは私も子供の時はそうだったなぁって理解できるんだけど、理解できないことはついきつく怒鳴ってしまう。私が子供の頃の気持ちを忘れちゃっただけで、ちゃんとやりたい理由があるのかなぁ。

・過剰にはしゃいだり、ダメといわれることを何度もするのは、自分にもっと注目して欲しいという気持ちの現れなのかな。お風呂あがりにふざけてパジャマをなかなか着ないでいた時、大きな声にびっくりして目を覚ました妹。「かこちゃんがびっくりしちゃうでしょ!」と怒ったら、ウヮーンと泣き出した。普段は注意されるとふくれっ面になり、「もう知らない」と言ったり、「あぷー」「ブーっ」って怒ったりするのに。注意されて「泣く」という予想外の反応に私もびっくりして、寂しいのかなとハッとした。ぎゅっとしてあげたら泣き止んだ。変なテンションで騒いだり、怒ったりするより、泣いて発散してくれるほうがわかりやすいし、こちらもぎゅっと抱きしめるという対処ができるのでありがたい。

・夜寝るのにまた時間がかかるようになる。私が身軽になって動けるようになったってわかってるんだろうな。布団に入ってから「車が見たい」「お茶飲む」「水飲みたい」「トイレ」と理由をつけて何度も起こされてる。何度も続くので毎晩イライラ。私は細切れ睡眠で睡眠不足なので一度横になったらすぐ寝たいのです。車を見たついでに「お茶飲む?」と聞いたら「要らない」と言ったのにその直後に「お茶」と起こされた時、「さっき要らないっていったよね?だめ!」と応じなかったら「疲れたからお茶が飲みたかったのに」と号泣された。耳元で号泣されるのが苦痛で、結局、起き上がってお茶を飲みに行く。はぁ。

・特に休日が酷くて、昼寝なしのことが増えてきたので夕方~夜にかけて、疲れが溜まってイヤイヤが酷い。発狂レベルのイヤイヤも勃発。「テレビをもっと見たい、しまじろうが見たい」と泣き喚いていた。「お片づけをしたらね?」は全く聞き入れてもらえず。注意されたらふくれる。なぜダメかを穏やかに言い聞かせる努力をしても全く聞いてもらえない。気持ちが切り替わるのを待つしかない?!妹の授乳中だと手が離せないし、放置しておくと危ないこともありヤキモキ。結局テレビを見せるとおとなしくなるのでテレビを長時間、見せてしまう。

・2人で買い物に行って、スーパーで大量に買い物した後で「疲れたからもう動けない、抱っこして」とその場に座り込まれる。両手が荷物で塞がっていたので「見て?ママ荷物がいっぱいで重くてみりんちゃんのこと抱っこできないの。助けて欲しいな、歩けるかな?」と優しく諭しても「疲れたから歩けない」の一点張り。地面に座りこまれて埒があかなかったので、仕方なく両手に荷物を持って、片手でみりんちゃんを抱えて帰った。マンションに着いて、カギを取り出すためにいったんおろして、「ここからあと少しだから歩こう!」と言ったけどそれも嫌だと。私の気持ちは全く汲み取ってもらえず。悲しいし、あまりに私の気持ちをわかってもらえず、ブチ切れ、最後は無言でみりんちゃんを抱えてエレベーターに乗って帰宅。家に着いて玄関に無言でおろす。外では怒らないようにしてたけど、怒りが収まらず、「なんでちょっとだけでも歩いてくれないの?ママすごく荷物が重くて大変だったんだよ!助けてほしかったのに!もうみりんちゃんとは一緒に買い物には行かないから!!」と怒鳴ったら号泣。泣きながら寝てました。疲れて眠かったと思うんだけどグズグズでした。3歳児の疲れは急にマックスになるって頭ではわかってるんだけど…。

・怒るのに疲れて、無視しちゃうことも…。しつこくスマホが見たいと言われて最初は「スマホ無くなっちゃった」「今日はもう電池ない」と返していたけど、納得してもらえず「見たい」と泣き喚きはじたのでイライラが募り、無表情で「じゃあ見れば?」とスマホを渡してしまった。この様子を見ていた夫に「もっと優しく接してあげなよ」と言われたけど、私の中では怒鳴るのをぐっとこらえて一呼吸おいた行動だったんだけどな。冷たかったかな…。

一方、私は、夫がみりんちゃんが何かやらかした時に「謝って!」「ごめんねは?」と言っているのが気になる。謝罪の強要より、なぜダメかを教えてあげて欲しんだけどなと。育児で気になるポイントはお互い様かな。

・しつこく「なんで?」と聞いてくることが増えた気がする…。「なんで?」「なんで?」が止まらない。本当に知りたい訳ではなさそうなところが面倒くさい。「なんでだろーね」と適当に返すのは、よくないかなという気持ちもあるけど、世の中には、理由なんてないことも沢山ある!

・「なんてよむの?」「これなに?」「なんで?」攻撃に疲れる。「なんてよむの?」はスーパーで同じ商品について1個づつ聞かれて、「ぜんぶ一緒だよ?」とめんどくさくなる。好奇心はのばしてあげたいけれど…。

・そんなこんなで、みりんちゃんへの対応を反省することが増えました。寝る前に「今日は怒りすぎたね、ごめんね」と謝ったら「ママ、怒らないように気をつけてね」だって。「みりんちゃんも、怒られないように気をつけてね」と返した。

・思い通りにならずに泣き喚くことが増えて、「わかったから!うるさい!だまれ!」とつい暴言がでてしまう…。片付けも、歯磨きも、着替えも自分でしなかったのに「絵本もう一冊よんで」と言われて、なぜ私ばかり要求に応えないといけないのかとイラつく。でも読まないと号泣されてもっとめんどくさいし、笑顔なしで棒読みで絵本を読んでしまったことも。連日、寝る前に「ママ明日は怒らないでね」「怒らないように気をつけてね」と言われる。はぁ。

・とはいえ、妹には優しいお姉ちゃんだし、自立している、成長しているなと感じる時も多々あって。妹が産まれる前は「ママの膝でごはん」とよく言っていたのが、自分の席でご飯を食べるようになったし、「もう3歳だから!自分でやる!」と出来ることも増えてきている。

こうやって甘えと自立を繰り返して成長していくんだなぁと頭ではわかっているんだけれども。甘えはなるべく受け止めてあげたいけれど…。私はそんなに心が広くないので、今後もイライラしてしまうんだろうな…。怒らないのは無理だから、せめて嫌な感じの怒り方はなるべくしないようにせねば。

 ゆびしゃぶりが減ってきた?!効果があった声かけは…

・妹が産まれてから復活していた指しゃぶり。仕方ないかなと私は静観していたのですが、保育園の先生に言われた「指がなくなっちゃうよ?」という声掛けで、またグッと減りました。

家では「指しゃぶり、赤ちゃんみたいだよ」と言っていたのですが、全く効果なかったのに、”指がなくなっちゃう”のは嫌だと思ったみたい。それからは、家でも「指がなくなっちゃうんじゃない?」と言うと「あっ」という顔をして辞めるようになりました。眠たい時は無意識に吸っているけれど、起きているときは注意していこうと思います。

トイトレ:ほぼ完了、オムツは夜のみ(夜もほぼ失敗なし)

・保育園ではお昼寝の時間以外ずっとパンツ。保育園では頑張っているのか失敗なし。家でも5月に入ってオムツにおしっこをしたのは5回くらいかな。オムツが濡れているのは不快なようで「気持ち悪い」と言うようになる。

・朝の支度をしてるときモジモジしていたので「どうしたの?」と聞いたら「ウンチ出ちゃった…」と。申し訳なさそうに申告してきたので、オムツに排泄することは当たり前ではなくなったようです。

・夜もほぼ失敗なかったのだけれど、暑くなってきて水分量が増えたからか、夜と明け方、オムツに出ちゃうことがチョコチョコ。もう家でもオムツをやめてパンツ生活にできるかなと思うのだけれど、私にまだ実施する勇気がありません。今年の夏にはオムツ卒業かな…。

その他

・家のベランダに朝顔の種を植える。前日に保育園でやったのを覚えていて、指で土に穴を開けて種を入れて土をかけて、ギューっと押して、「大きくなあれ!大きくなあれ」と言いながら水をあげていた。

・促せば知らない人にも挨拶できるようになる。宅配便の人にも元気に「こんにちはー!」

・いろんなロゴをしっかり覚えている。エレベーターの中でエビスの文字を見て「これビールのお店?」と言っていたらしい。我が家はエビスたまにしか飲まないのに。メリーズのオムツを見て「スマイル、スマイル、メリーズ」とCMソングを口ずさんでいたし、ジェイアールのロゴを見て「駅のマークでしょ」と。記憶力すごいな。

・「ウォーリーを探せ」の本が好き。間違い探しや〇〇を探せ系が得意。

・「もう3歳だから」が口癖になる。「ママに本を読んであげる」と言って読んでくれた。

・「もう3歳だからチョコレート食べたい!」とアピールしてくるようになりチョコレート解禁。ケーキに乗っているプレートを嬉しそうに食べた。

・時計に興味が出てきた。寝る時間や起きる時間、テレビの時間を「時計の針がどこになったら?」と聞いてくる。

・未来のことは、「明日は?」「もっと明日は?」と聞いてくる。過去のことは、「昨日」の他に「このまえ」と言うようになる。

・1から20まで間違えずに数えられた!部屋に数とひらがなのポスター貼ったのがよかったのかな。

・大きな滑り台は1人では滑れないけれど、友達と一緒に滑ることができて嬉しそうだった。ただ、ちょっと友達に強引なのが気になる。一緒に滑り台を滑ろう手を引っ張ったり…。

・ストライダー、サドルを跨いで歩く乗り方だったのが、サドルに座って足で蹴って進めるようになってきた。

2歳半で買ってもらったストライダー。3歳になってようやくサドルに座って足で蹴って進めるようになりました。

保育園(7:30〜17:30) 

・妹が産まれて、保育園のお迎えがファミサポさんになる。最初は、朝「ママに迎えに来て欲しい」と泣いてしまったけれど、元気に帰って来てくれて一安心。初日は、連絡帳にも「朝、さみしいのと泣いていた」と書いてあった。

・ファミサポさんには数日で慣れて、おしゃべりしながら仲良く帰ってきてくれる。
朝「誰が迎えにくる?」と聞かれたので「ファミサポの〇〇さんだよ」と伝えると「パパとママも。三人で迎えに来てほしい」と言われた。ファミサポさんのことが嫌いなわけではないようで少し安心。

・公園で摘んだシロツメクサを花輪にして「お土産!」と持って帰ってきてくれた。

・産後1ヶ月たち、ファミサポさんのお迎えが終わってママのお迎えが復活した日は、先生に「今日はママと妹が迎えに来る」と嬉しそうに話していたらしい。可愛い。

通院と体調不良

・2年連続で体調を崩していたGWはなんとか乗り切ったものの、気温の変化が激しく咳がでる日があった。自宅で吸入して悪化せずにすんだ。

・アレルギー負荷試験へ。「すりゴマ」5グラムのおにぎりを半分くらいを食べたところで顔が赤くなり、痒みも出たので中止。2時間後に発疹が増えて、顔だけでなく首や手首やお腹にも発疹が出たのでポララミンを飲んで吸入して痒みが引くのを待って帰宅。ゴマアレルギー確定…。前回の粒ごまはクリアしてきてたから今日も大丈夫かなと思っていたので慢心は禁物だなと。

今後、耐性をつけるためにすりゴマ0.2〜0.5グラムを週に2回くらい食べるようにとの指示。⇒自宅で、0.2グラムでも食べると少し顔が赤くなったので病院に相談したところ、中止するのではなくごく少量でも食べ続けたほうがよいそう。湿疹がでないギリギリの量で食べていく、増やせるようであれば少しずつ増やしていくようにとのこと。

おでかけ 

・パパと2人で新三郷のららぽーとにあるトーマスランドへ。アトラクション割高なので私はずっと避けていたんだけど…。コインを持って自分でアトラクションを選んだとのこと。「初めてお金はらったんだ」と嬉しそうに笑う写真を見たら、もっと早く体験させてもよかったなと思った。その他、水族館、博物館、生物園などなど、今月もパパと2人でいろいろお出掛けしました。母の日にはカーネーションを買ってきてくれた!

・東京湾でクルージング体験。初めて船に乗る。怖かったみたいで最初は「外で景色を見よう?」と誘っても「いいの、いいの」と室内に篭ろうとしたらしい。一旦、外に出たら気持ち良さに気づく。怖がりというか、慎重というか。港に着いたら「落ちなくてよかった」と言っていたらしい。ゆりかもめにも初めて乗ってご機嫌。

・私の退院日、妹の退院が黄疸で1日遅くなったため、家族で焼肉を食べに行ってきた!夜に電車に乗るの楽しいと喜んでいた。私も久しぶりに焼肉が食べられて幸せでした。もうしばらく行けないかな。

 私のこと

次女が産まれて最初の1ヶ月。長かった妊婦生活が終わり、不安からも解放されて、身も心も、身軽になりました。

産む直前の体重は妊娠前+8キロでそんなに増えていなかったのに、出産前はとにかく体が重くてちょっと動くとすぐに疲れていた…。産後は、会陰の傷が痛む以外は元気でした。

とはいえ、産後1ヶ月は、日中は基本的には横になってゴロゴロ。家からほとんどでていません。毎日家でゴロゴロしておやつも食事もしっかりとっていたのに母乳効果で産後1ヶ月後にはすっかり元の体重に戻りました。体型は戻っていませんが。

産後の大きなトラブルもなく、2人育児は幸せ2倍です。大変さは1.5倍くらいかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク