2歳0ヶ月の成長記録

2017年5月-6月、2歳0ヶ月の成長記録

<4/20 1y11m14d>
体重: 10.3Kg(1y11m14d:10.40Kg) 成長曲線のやや下
身長: 80.1cm(1y11m14d:78.7cm)  成長曲線のやや下
 
オムツサイズ:Lサイズ パンツタイプ(パンパース)
 
洋服サイズ:80~90 80がジャストサイズ。
 

 
2歳0か月は、2回も喘息と肺炎で入院し(計2週間)、自宅での療養(1週間)も含めて、保育園にはほぼ行けませんでした。親子共々、試練の1ヶ月でした。
 
GW中に体調が悪化したので、実家の近くの病院に入院したことは、私にとっては不幸中の幸いでした。私の食事や洗濯のサポートは実家の家族がしてくれたので、夫は仕事への影響なく済みました。
 
ただ、パパと離れていた時間が長かったためか、自宅に戻ってからパパ嫌が酷くて、それはそれで大変でした。夫が戦力外だと私のイライラが増します。
 

出来事、できるようになったこと、はじめたこと/やめたこと、悩み事

体調不良に悩まされた1ヶ月。肺炎と喘息で入院(2回)

GW前からの体調不良をGW中にこじらせ、喘息と肺炎で入院し(2回、計2週間)、自宅での療養(1週間)も含めて、保育園にはほぼ行けませんでした。親子共々、試練の1ヶ月でした。

1回目の入院
風邪をこじらせ、肺炎と喘息で入院(1歳11か月~2歳)

2回目の入院
喘息で入院(2歳0ヶ月) 

イヤイヤ期?パパ嫌が体調不良で悪化し、疲れ果てる(私)

・ママじゃなきゃ嫌。
牛乳をコップに入れるのも、ご飯を食べさせるのもママじゃなきゃ嫌!じいじやばぁばに悲しまれるのが辛い。実家から家に帰ってからは、パパと離れていた時間が長かったからか、”パパイヤ”が加速。新生児の里帰り直後のような感じ?夫が戦力外で私もイライラ。何もしていないのに「パパ嫌!」と言われ続ける夫も可哀そうなんだけれど。

・パパと笑顔で遊ぶのに、オムツ替え、お風呂、ご飯の世話、寝かしつけはパパ嫌。
「ママと!」「ママといっしょ!」と言ってくれるのは嬉しいけど、ママがお世話しても、ママの言うことを聞いてくれるわけではないので、私の疲労とイライラは増すばかり。

・その後、2歳1ヶ月目前になり、ようやくパパ嫌が少し緩和してきた?
朝はパパと2人で笑顔で保育園に行くし、ママの姿が見えない時はパパとニコニコできるらしい。

 特に夜寝る前のイヤイヤがひどい、寝つくのに時間がかかるようになる

・寝付くのに時間がかかるようになる
2歳前くらいからかな、夜寝るのに時間がかかるようになり、20時頃から布団へ行っても、寝るのは21時近くになってしまう。そして、週に1回くらいは、寝る前に大泣きしてから寝るようになり…。泣きわめかずに寝てくれたら多少時間がかかってもOKとさえ思うようになってました。一度寝てしまえば朝までぐっすり。

・布団に入った後、「ブーブー(車)みたい」と外に行きたがるので、玄関を出て外の車を眺めてから寝るのが儀式に。

・寝るまでに最高に時間がかかった日のこと
布団に入ってから1時間ほどゴロゴロ寝なくて、後半1時間半は号泣。「リスさんの布団ー!(片付けた冬布団)」、「アップルのハンカチー!(洗濯中)」と叶えてあげられない要望を叫んで泣きわめく。代替案はすべて却下されたし、本当にそれらが欲しかったわけではなくたぶん難癖。。。気分転換に、家の外に出ると一旦落ち着くけど、家の中に入るとまた号泣。何をやってもダメで、最終的には、私のイライラが頂点に達し、パパと選手交代。娘さんは、「パパイヤー、ママー抱っこー」とさらに泣いて、あまりに「ママー」と泣くので、再び交代するも、泣き止むわけではなく、セリフが「パパ嫌」から、「リスさんのお布団ー!」、「アップルのハンカチ―!」に変わるだけ。埒があかなく、22:30に泣き疲れて寝た。(「ママー抱っこ!パパいや!」と泣きながら、時々間違えて「パパ抱っこ!」と言っていたのが唯一ほっこりした瞬間。)

・寝るまでに時間がかかった日のこと(2回目)
日中は元気にご機嫌で過ごしたけど、夜寝る前に恒例の外に出て車を見た後、錯乱して泣き続けた。パパにバトンタッチすると、「ママとねんねする」と言うけどママに変わっても「ギューニュー」やら「ピンクのタオル」やら、違うことを叫んで、牛乳やピンクのタオルを渡しても結局泣き止まないので、パパに任せてしまった。「ママ」と泣き続けるのをパパに任せるのは流石に心が痛みますが、私が側にいても泣くことに変わりないので…。20分泣いて、パパと寝た。

おしゃべり

・〇〇しません!

何かをしたくない時、「〇〇 しません! 」と言う。

「手 しません!」 ←荷物入れを足で押して閉めたので、「手でしまおう」と言ったら。
「ありこ しません!」 ←「抱っこー」と言ってきたので「歩こうよ!」と言ったら。

・言葉で教えてくれる

・初めて「お腹すいたの」と言葉で教えてくれた。

・「爪が痛い」「(暑いから上着を)脱ぐの」と言葉で教えてくれることが増えてきた。

・かわいい台詞

・「ねえねえ、いっしょに 〇〇しよ? 」といってトントンされる。可愛すぎ。

・肩に手をまわしてきて、「〇〇ちゃんとお買い物いっしょにいこ?」と言われキュン。

・「〇〇ちゃん(自分のこと)、あかちゃん!」と自分のことを赤ちゃんという

・「〇〇ちゃん(自分のこと)、あかちゃん!ばぶー」と何故か赤ちゃん返り?!
横に抱っこすると喜ぶ?!

・「〇〇ちゃん、あかちゃん、ママのおなか!」というようなことをよく言う。保育園でそんな絵本でも読んでもらったのかな?

・「〇〇ちゃん、あかちゃん!」と言った後、「ママ おかあさん?」と聞かれた。「そうだよ、ママは〇〇のおかあさんで、〇〇はママの子供なんだよ。」と言うと、「こもの?」「こもど?」と。言いまつがいが可愛い。家族3人でいると、「ママとパパと〇〇ちゃん!」と言うことも。関係性がわかってきているのかな。

・これ何?ブーム

・「何これ?」「これ何?」「ママ(パパ)なにしてるの?」とよく聞いてくる。

・保育園から帰ってから寝るまで、色んなものを何度も指差して、「これ何?」と聞かれ続ける。明らかに知ってる物も、聞いてくる。

・その他

・挨拶はまだ進んでしません。親切にしてもらっても「ありがとう」を言えないのは、なんとかしたくて促すんだけど言えない。唯一、「いただきます」「ごちそうさま」は自発的に言うようになってきた。

 突然、思い出す過去のこと。不思議な思考回路

・写真を見て突然「エビ!」と言う。1週間前にエビフライを食べたときに「エビだよ」と教えたのを覚えていたよう。

・1ヶ月前に片づけた冬布団(リスの絵が描いてあるある)のことを突然、思い出して求める。もう洗濯して片付けてしまったと説明したけれど、1時間半号泣。

・「アンパン、シール、ぺったん!」とおでこを触りながら言い続けていたで最初は「???」だったけれど、それが3週間前の冷えピタのことだとわかってスッキリ。何を言っているのかわからず、やりとりを続けた結果わかりあえると嬉しい。でたらめに話してるわけじゃないんだなぁ。

・もうすっかり初夏なのに「雪やこんこん」の歌を突然、歌い出した。保育園で歌ってたのかな。数ヶ月前のことだと思うのに覚えてたんだなぁ。

記憶力アップと秩序の敏感期

・ブンバボンの歌とダンスの再現率が上がる。

・絵本も文を覚えている。字は読めないはずなのに、ページをめくると文を読んでくれることがある。

・自分の名前の文字は読めるので、絵本や看板に出てくると反応する。

・味噌汁を大人と同じお椀でだしたら「これはパパの!」と嫌がった。子供用の器に移したらすんなり食べた。「ママと一緒!」って喜ぶと思ったのにな。

・前日に使っていたタオルを覚えていて、翌日も使いたがる。「ピンクの!」「アップルの!」と。洗濯中で要望を叶えてあげられないと、代替案で納得してもらうのが大変。

こういう小さなこだわりがある時期を、モンテッソーリ教育では「秩序の敏感期」というらしい。なるほど。

綺麗好き?!

・ゴミや髪の毛が落ちていると拾ってゴミ箱へ捨てに行く。もしくは、「あっ!!」と言って指差して拾わせる。

・手が少しでも汚れると”拭いて!”と差し出してくる。鼻水もほぼ出てないのに”拭いて!”とティッシュを持ってくる。

・クレヨンやペンのインクがちょっとでも手に付くと異様に嫌がる。

・ベランダ菜園、ミニトマトを植えた時のこと。最初は砂が手に付くと「ふいて!」と嫌がっていたけれど、だんだん慣れて気にならなくなった様子。

その他

・初クレヨンでお絵かき。いびつながら、丸が描けるようになっていた。

・シールブックが好きだけど、うまく貼れないとすぐにイライラしている。

・家に帰ってきて、初めて靴を自分で脱いだ。
これまでは、マジックテープ外すところまでは自分でやって、「脱がせて」と足を出してきたんだけど、私が荷物を片づけている間に1人で脱いでいた。やれば、できるんじゃん。

・足の計測へ。
両足とも13.1でした。今のasicsの14センチはまだ余裕ありで履き続けてOK。中敷を見てもらったら前のめりになってるから、靴を履くときにかかとをトントンしてあげてしっかりマジックテープを止めるとよいと言われた。

保育園(7:30〜17:30) 

・GWと入院で約1ヶ月ぶりの登園(2y0d16d)
朝、私が出社するとき、「ママー、抱っこ!」と泣かれたけど、パパとの登園に慣れてもらうしかないので、振り返らずに家を出てきた。1年前の慣らし保育の頃を思い出す。早くまた慣れてくれますように。

→ お迎えに行くと、笑顔で一安心。おやつを自分で食べようとせず、先生に食べさせてもらったり、ズボンも自分で履こうとせず、先生に履かせてもらったりしたらしいけれど、お友達とも仲良く遊べたようです。

帰りに会ったママさんから「先週お休みだったんですか?」と聞かれる。そのお友達が、家に帰ってから「〇〇ちゃん今日もお休みだった」と毎日言っていたそうで。悲しんでくれるお友達ができたことは有難いこと。

先月も他のお友達のママにも「うちの子は〇〇ちゃんのことが大好きみたい。ストーカーのように付きまとっているらしいのよ」と言われ、社交辞令でも「好き」って言われるのは嬉しい。

・久しぶりの登園 2日目
今朝も朝ごはんの時から「ママと一緒!」と号泣。ママがいなくなって、3分くらいは「ママー」と泣き、それからは「パパ 抱っこー!」になったらしい。ママがいなければパパでもいいらしい。保育園についても号泣。でも、この日も、お迎えに行くとニコニコ笑顔で走り回っていて一安心。給食も、野菜も含めて1人で完食したらしい。

・久しぶりの登園 3日目
今日も私が出発するまでは「ママー」と号泣。その後、パパと2人になってからは、3日目にしてやっと泣かずに登園できたらしい。この日は、保育園でお誕生日会。元気に笑顔で参加できてよかった。

・久しぶりの登園 5日目
朝ママとのお別れでやっと泣かなくなった!
1週間、無事に保育園に通えて一安心。
ニコニコ笑顔で「いってらっしゃい」と「ただいま」ができる幸せを実感。元気に動いている姿をみると嬉しい。

体調不良、その後 

・5月末には体調はすっかりよくなったものの、1ヶ月に2回も入院しているので、週末の外出は控えて家でゆっくり過ごすよう心掛ける。6月に行く予定だったリゾナーレ八ヶ岳も残念だけどキャンセル。

・どれくらい安静生活を心掛ければよいのかは、迷うけれど梅雨の時期は喘息が悪化しやすいと言うし、6月中はゆっくり過ごそうと思う。

日中、遊ぶのはパパでOKだけど、お世話系はママじゃなきゃイヤ!な”パパイヤ期”でした。

私のこと

・仕事復帰しましたが、娘さんの入院で今年度の有休を既に15日も使ってしまった!
  
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする