2回目の温泉、1泊2日の湯谷温泉旅行記(0歳7ヶ月2日)

12月、7ヶ月の娘さんと私の実家家族と2回目の温泉旅行へ、愛知県の湯谷温泉に行ってきました。

今回も、お宿でのんびりなスケジュール

1日目 
車で湯谷温泉へ

・鳳来寺山、鳳来山東照宮で紅葉を見る
・温泉宿の周辺を散歩

宿泊は湯谷温泉「はづ木」   

2日目
宿をチェックアウトして、ランチを食べて自宅に戻る

温泉旅行は先月の熱海に続いて2回目の娘さん。

予定を詰め込みすぎず、ゆっくり、のんびりを心がけ2日目は観光の予定は入れず帰るだけにしました。

移動中も、宿でも、終始笑顔でご機嫌だった娘さん。温泉にも入りました。

こんな風に過ごしました

1日目 鳳来寺山の紅葉を見てから湯谷温泉の旅館へ

新しくできて1年足らずの道の駅「もっくる新城」で休憩&ランチを食べて、鳳来寺山パークウェイ駐車場までドライブ。そこから娘さんは抱っこ紐で小一時間ほど紅葉を見ながら散歩しました。鳳来山東照宮の紅葉は12月上旬でギリギリ見頃(終わりがけ)でした。

道の駅「もっくる新城」は木をふんだんに使った解放感のあるデザインで、素敵な道の駅でした。新しいので授乳室もとっても綺麗!

その後、湯谷温泉へ移動してお宿「はづ木」にチェックイン。温泉街を散歩して(といっても周辺は自然の遊歩道のみで特に見どころはなし)、系列宿の温泉に入ってきました。

湯巡りの間は、娘さんはお宿でお留守番。大人が交代で遊んで過ごしました。

2日目 宿をチェックアウトして、自宅に戻る

娘さんはいつもどおり夜20時過ぎに寝て、朝までぐっすり。いつもどおり朝7時前に起きて、朝風呂に入って、朝ごはんを食べて、チェックアウト。

2日目は観光の予定は入れず、昼過ぎには自宅に戻りました。

今回も、旅行中に困ったことはひとつもなく、私は温泉でのんびりリフレッシュできました。

(旅行中は離乳食はお休み。)

泊まった旅館のこと 湯谷温泉「はづ木」

①東海エリア(愛知、岐阜、三重)の温泉で、料理の口コミ評価が高い宿
②12月上旬に周辺の紅葉が楽しめるところ
③赤ちゃんも温泉入浴OK
の優先順位で、1泊2食付の予算1.5~2万円の宿を探しました。

同系列の「はづ合掌」を両親が友達に勧められて、気になっていたのですが、「はづ合掌」は小学生以下の子供はNGだったので、系列旅館の「はづ木」を選びました。

この旅館の特徴は、夕食に30種類の漢方を使った中華・薬膳料理が頂けるというところ!夕食の口コミ評価が高かったのが決め手でした。観光はほどほどに、宿でのんびりゆっくりしたかったので、美味しい料理が食べられる宿がマスト条件でした。

1室大人4人利用+0歳の娘さん(無料)で、税込み約20,000円/人でした。

立地: ★★★☆☆

名古屋から車で2時間弱です。今回は実家から自家用車の利用だったので立地は特にこだわらずに選びました。周辺の鳳来寺山は、12月上旬で紅葉がギリギリ見頃(終わりかけ)でした。宿は川沿いにあり、部屋の窓から山々の自然と川の流れる音を楽しむことができました。

夕食:個室で薬膳料理のコース、珍しい食材が多く身体に良さそうな味でした ★★★☆☆

食事は、掘りごたつの個室で名物の薬膳料理をいただききました。

漢方、薬膳がテーマで、珍しい食材を使った身体に良さそうな味付けのコース料理でした。1品ずつは少量ですが、見た目も味付けも凝っています。ただ、私の率直な感想は、味も量も「ちょっと物足りなかったかな」です。口コミ評価が高かったのでそのぶん期待値が高すぎたのかもしれません。でも、私の両親(普段けっこう辛口です)は、「初めて食べる食材が新鮮で、どれも上品で美味しかった、量も多すぎずちょうどよかった」と高評価だったので、好みにあうかは人それぞれだなと思いました。年齢にもよるのかもしれません。量は、私が授乳中だったので物足りなかったのかもしれません。

7ヶ月の娘さんにはクーファンを貸してもらえました。食事の間、クーファンで眠ってくれました。

食材も、器も、こだわりが感じられた薬膳料理。

朝食:朝食も同じ個室で薬膳料理でした ★★★☆☆

朝食も夕食と同じ個室で薬膳料理(お粥)でした。健康的!温泉に入って薬膳料理を食べて、しっかりデトックスできた気がします。

娘さんは朝もクーファンでご機嫌に過ごしてくれました。こういう時、空気を読んでくれる子で、本当に助かります。

お風呂:屋上の露天風呂と内風呂 ★★★★☆

露天風呂と内風呂があります。全5室の小規模なお宿なので、他のお客さんと一緒になることがなかったので、家族でのんびり過ごせました。お湯は茶色がかっていて、少しとろみがあって気持ちよかったです。透明なさらさらタイプの温泉より、とろみのある濁り湯のほうが美肌効果がありそうで好きなので私好みの温泉でした。(お湯の濁り具合は日によって違うようです。HPの写真では透明っぽく見えましたが、私が止まった日は茶色っぽかったです。)
露天風呂からも川の眺望とせせらぎにも癒されました。お風呂上りにゆずジュースと五穀茶が用意してあった点もよかったです。

徒歩圏内にある系列旅館2館の温泉にも入れたので湯巡りもできました。系列旅館は2館とも「はづ木」より大規模なので、そのぶんお風呂も大きかったですが、泉質、眺望ともに「はづ木」と大差がなかったのでのんびり過ごしたい人は「はづ木」のお風呂だけで十分だと思います。

川のせせらぎを聞きながら、濁り湯を初体験

部屋・施設:数寄屋造りの雰囲気のよいお宿でした ★★★★☆

数寄屋造りで、外観も、内装も落ち着いたよい雰囲気でした。山間部の温泉街で、12月の寒い時期でしたが、暖房対策もバッチリでした。全5室のこじんまりとしたお宿でしたが、私たちは赤ちゃん連れだったためか、他の部屋とは隣あっていない独立した場所にあるお部屋で、気を遣わずに済みました。

コスパ:1泊2食で1人約20,000円でした ★★★☆☆

4人1室(和洋室)で、1泊2食付きで1人約2万円でした。コスパは普通かな。

サービス:宿のみなさん、赤ちゃんにも親切でした ★★★★☆

赤ちゃん連れでも嫌な顔をされることはまったくなく、居心地がよかったです。食事は朝夕とも個室で、クーファンも貸してもらえたので、大人はゆっくりと食事を楽しむことができました。チェックイン後にハーブティーとお菓子のサービスがあり、チェックアウト後には家族写真を撮ってもらったり、お土産に薬膳のハーブティー(チェックイン後にいただいたもの)が貰えました。

0歳の娘さんは無料だったのに、娘さんの分までお部屋にバスタオルを用意してくださっていあり、食事の時には、毎回、娘さんの分もお手拭きを用意してくれていました。

実は、事前に赤ちゃんの対応について(赤ちゃん用の椅子があるかや温泉に入ってもOKかなど)電話相談したときに、回答が曖昧というか、コールセンターの方の対応がイマイチだったので、赤ちゃんウェルカムのお宿ではないのかもしれない…と心配していたけれど、そんな心配は不要でした。コールセンターは系列宿すべてを扱っているようだったので、個別宿の状況はすぐに回答できなかったのかもしれません。

12月上旬、ギリギリ紅葉が楽しめました。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク