赤ちゃんと旅行!冬の「リゾナーレ八ヶ岳」ミニゲレンデで雪遊びとプールデビュー(3歳8ヶ月・8ヶ月)

2月初旬、3歳8ヶ月の長女、0歳8ヶ月の次女と家族4人でリゾナーレ八ヶ岳へ旅行(1泊2日)に行ってきました。

家族4人での旅行はこれが初めて♡

今回の旅行は、ホテル内でのアクティビティのみで、途中での観光一切なし。ホテル内にミニゲレンデ、プール、ブックカフェ…と遊ぶ場所がたくさんあったので他に立ち寄る予定は入れませんでした。

長女はホテル内のミニゲレンデでスキー、スケートを初体験、次女はプールデビューをして、楽しい時間が過ごせました。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

こんな風に過ごしました

1日目 2019/2/1(金)

11:00  あずさ13号 で新宿駅を出発
この日は平日(金曜日)。通勤ラッシュを外したかったので出発は遅めにしました。指定席を大人2席分予約しておきましたが、当日自由席を見てみたら空席がたくさんあったので自由席を4席、片側の席を倒してボックス型にして使いました。

途中、オムツ交換にトイレへ向かった時に指定席の号車を通ったら、乗客はスーツ姿のビジネスマンばかり。PCを広げて仕事をしていたり、寝ていたり、とても静かだったので、子連れで指定席はきつかったかも。一方、自由席はうちと同じような未就学児連れの家族がちらほら、座席をボックス型にして宴会をしていた大人だけの旅行者もいて、賑やかでした。

C席、D席側が富士山が良く見えておすすめです。天気が良い日だったので新宿を出発して間もなく~小淵沢駅に着くまで様々な角度から富士山の眺望が楽しめました。

新宿駅構内の成城石井とお惣菜屋さんでお弁当を買って、電車内でランチしました。乗車時間は2時間ほどでしたが、移動時間をランチタイムにできたので3歳の長女の時間つぶしになったかな。

12:59 小渕沢駅に到着、13:10のシャトルバスでホテルへ
ホテルのシャトルバスは特急列車の到着にあわせて運行しています。予約不要でしたが、ほぼ満席。ベビーカーも積んでもらいました。我が家はリュックでしたが、スーツケースで来ている人が多かったです。ホテルまではバスで5分程度なのですぐ着きます。

13:30 チェックイン
部屋の利用は15:00からでしたが、13:30時点でもう準備ができているとのことで、早めにお部屋に入れてもらえました。 チェックインを済ませた後、スノーウェアをレンタルして、部屋に移動しました。

◆スノーウェアのレンタル
3歳の長女のスノーウェア(上下)と手袋、大人用の手袋をレンタルしました。貸出はとてもスムーズで、申込用紙に名前を書くだけ。自分で好きなウェアと小物を選んで持っていけばOKと待ち時間がなく、手続きはとても簡単でした。

子供のウェアはすぐにサイズアウトしてしまうし、年に何回もゲレンデに行く予定がないので一式無料で貸してもらえるのは助かります。 レンタルウェアは綺麗でお洒落でしたし、親子でお揃いにできるデザインもありました。

0歳8ヶ月の次女はまだ雪遊びは早いかなと何もレンタルしませんでしたが、サイズ70から、つなぎ型のウェアがあったので0歳の子からレンタルできそうです。小物も帽子、ゴーグル、手袋が各サイズ豊富に揃っていて、本当に手ぶらで来ても大丈夫そう。 これら一式、宿泊者は無料なのがありがたい!

スキー板やブーツも無料でレンタルできるし、スキー場へのシャトルバスも無料なので、次女が大きくなったらゲレンデデビューもいいな。

我が家はホテル内のミニゲレンデしか行かなかったので、親はウェアはレンタルせず、手袋だけ借りました。しばらく遊んでみて、普通の防寒具では寒すぎたらウェアもレンタルしようと思っていましたが、大丈夫でした。追加レンタルしたい場合の手続きも用紙に名前を書くだけと簡単に追加できそうでしたし、親のウェアも色柄サイズとも豊富に揃っていましたよ。


レンタルした手袋とウェア(サイズ90)。スノーシューズも貸してもらえますが、雪遊び程度だとスキー用の靴では逆に動きにくいかなと、長靴は持参しました。帽子も私物です。

14:00 ミニゲレンデで雪遊び、プラスチックスキー
部屋で着替えを済ませたらピーマン通りの中央にあるミニゲレンデへ!ミニゲレンデは、そりができる雪遊びタイムとプラスチックスキーができるスキータイムに分かれていて、隣に自由に雪遊びができるエリアがありました。 雪遊びエリアには自由に遊べるスコップ、バケツも用意されていました。

ミニゲレンデは、混みあわないようにと定員は最大8名までで15分毎に入替制でした。現地での事前予約が必要でしたが、1日目(金曜午後)、2日目(土曜午前)の2回ともそれほど人が多くなくて、予約はすんなりとれて、待ち時間はありませんでした。ミニゲレンデは広くないので15分の制限時間はちょうど良い感じ。

ミニゲレンデ、雪遊びエリアとも思っていたかはより小さかったです。ホテル周辺は雪が降り積もる地域ではないらしく、ミニゲレンデゾーン以外には雪はあまりありませんでした。雪も硬かったかな。 傾斜もかなりゆるくて、そりのスピードもでません。なので、対象年齢は小学生までと書いてありましたが、楽しめるのは雪遊びデビューの1歳から3歳くらいまでかなぁという印象です。大きな子はバスでゲレンデに行っているのかな。送迎無料だし、小学生まではリフト券も無料でプレゼントしてもらえるらしい。ホテル内のミニゲレンデでは見かけませんでした。

うちは下の子がまだ小さくてゲレンデに連れて行くのは躊躇いがあり、しかも長女は怖がりなので、こじんまりとしたミニゲレンデがちょうどよかったです。親は隣接する薪ストーブカフェで暖まりながら見守れる&子供が飽きたらすぐにやめられる手軽さも魅力でした。 みりんちゃん、案の定?プラスチックスキーは上手く滑れずに「難しい、もういい」と早々にリタイアしていました。バスでゲレンデまで行っていたら「せっかく来たんだし、もうちょっと頑張ろうよ!!」となっていたと思いますが、今回は「じゃあ、明日また挑戦してみようか。次プール行く?」と私もあっさり諦めました。

ミニゲレンデ全景はこんな感じ。雪遊びデビューにぴったりの大きさ! あまり広くなく傾斜も緩いです。傍に常時スタッフさんがついていますが、スキーを教えてくれるわけではありませんでした。 傾斜が緩いのでそりのスピードもでません。あたり一面の銀世界を体感したいならゲレンデまで行ったほうがいいかなと思います。

15:00 ミニゲレンデ横の薪ストーブカフェで焼きマシュマロ
15:00~17:00まで、焼きマシュマロサービスがありました。これも宿泊者は無料、日帰り客は100円でした。自分で焼いて食べると美味しさ倍増だよね。薪の香りとパチパチ音を立てて燃える様子は風情がありました。

ミニゲレンデの隣には丸山珈琲があって、何か買い物をするとコーヒー2杯まで貰えるという素敵なサービスがあったのでお土産にコーヒー豆を購入。カフェラテを頂きました。大人分のサービスコーヒー2杯とは別に子供用のオレンジジュースも頂けました!ありがたや。スタバのショートより少し小さいサイズですが、とっても美味しかった!!カプチーノには可愛いラテアートまでついていました。

それから、ピーマン通りのパン屋さん 「ぱん・パ・パン」 で翌朝のパンとホテルの売店で部屋で飲むビールを買って部屋に戻りました。パン屋さんは惣菜パンから菓子パンまで焼き立てパンが揃っていて、値段も1個100円~300円くらいでリーズナブルでした。翌朝の朝食で美味しく頂きました。

ショップで売っていた缶ビールは山梨の地ビールではなく、 ヤッホーブルーイングの信州限定ビールでした。地元山梨のワインもたくさん売っていたけれど、ビール派の夫は「風呂上りはビールでしょ」とビールを購入。

16:00 部屋に戻って水着に着替えてプールへ
部屋に戻ったらスノーウェアから水着に着替えてプールへ。プールも子供がとても楽しみにしていたイベントのひとつ。今回、部屋がホテル棟だったので部屋で水着に着替えて、そのままプールに行けました。館内は部屋も廊下もとても暖かくて水着で移動してもぜんぜん平気な感じでした。

プールでは、受付のアンケートで次女の「プールデビュー」に○をつけたら、浮き輪のレンタル券がサービスで貰えました。アンケートには「誕生日」「記念日」といった項目もあったので、記念日にはなにかサービスがあるのかも。

プールは、去年オープンしたばかりのキッズゾーンが噂に聞いていた通り、とっても素敵でした。水路にキノコの浮き具を流して遊ぶ、噴水で遊ぶ、ボールプールで遊ぶ…と子供が喜ぶしかけがたくさん。滑り台は身長別に4段階に分かれていて、下の床がふかふかで転んでも痛くないところもgood!滑り台や波がでるプール付近にはスタッフさんが常駐していて安全性もしっかり確保されていました。

16:30から15分毎に雪に見立ててドライアイスが入ったシャボン玉が降る時間帯(雪降るイルマーレ)があって、これも子供たちが歓喜していました。

17:00に毎時0分から10分間あるビッグウェーブ(波が出るプール)で遊んでから、部屋に戻りました。 波のプールはこの10分間以外は普通のプールなので、浮き輪があったほうが楽しめます。長女は持参したもの、次女はサービスでレンタルさせてもらったものを使いました。浮輪はレンタルもありますが空気入れもあるので持参がおすすめです。

広いプールは冬でも暖房が効いていて館内どこも暖かかったです。休憩スペースも充実していたし、タオルもたくさん置いてあって快適。未就学児には綺麗なキッズエリアが楽しかった!

プール内は暖房がしっかり効いていてとても暖かく、プールから出た後も風邪をひく心配がなさそう。この環境なら冬でも赤ちゃんのプールデビューにぴったりだし、妊婦さんや赤ちゃん連れでプールに入れないママが見学だけできるスペースもたくさんありました。

更衣室にはベビーベッドがあって、赤ちゃん連れはベビーベッドの近くのロッカーを用意してもらえました。それから、シャワールームにはベビーソープとベビーチェアも置いてあったし、プールサイドには授乳室もありました(私は使っていないので中はみていませんが)。ベビーベッドは男性の更衣室にもあったそうです。赤ちゃん連れへの配慮が至るところに見られ、プールに赤ちゃんがたくさんいました。

我が家は水着を持参していましたが、レンタル水具も500円とお手頃価格。しかもとっても可愛いデザインがたくさん。親子でお揃いのデザインがあったし、すぐに成長してしまう赤ちゃん用の水着は買わずにレンタルするのもアリだなと思いました。

17:30 次女、部屋でお風呂
長女はプールのシャワールームで身体と髪をざっと洗ってからお着替え。シャワールームにシャンプー、トリートメント、ボディーソープが置いてありました。ベビー用のソープもありましたが、次女はバスタオルに包んでパパと部屋に戻ってからシャワー。館内がとても暖かかったので部屋でしっかり洗ってゆっくり着替えをしたいなと。部屋のお風呂はユニットバスだったのでお湯は張れませんでしたが、部屋にもベビーソープが用意してあり、バスタオルも家族の人数分用意されていました。3歳以下の子供は宿泊料金かかっていないのに、アメニティはしっかりサービスいただけて助かります。

部屋には予めブロックのおもちゃまで用意してあり、長女も次女も楽しんでいたのでとても助かりました。ツインルームでしたが、チェックインの時にベッドをくっつけて欲しいとお願いしたところ私たちがプールに行っている間に対応していただけていて、左右と下側にはベッドガードもつけてもらえました。

18:00 YYグリルで夕食
部屋で髪を乾かして、一息ついたら夕食会場のレストランへ。 ここも子連れへの配慮が素晴らしく、子供は月齢にあわせてベビーチェアかハイローチェアを貸してもらえます。8ヶ月の次女は腰がすわっているのでベビーチェアを借りましたが、ハイローチェアでねんねしている赤ちゃんもいました。各テーブルにお手拭きシートがボックスで置いてあって、スタイ、子供用の食器も準備されていました。

客層はほぼ子連れでレストラン内はとても賑やか。金曜日だったこともあり、子供は未就学児が多かったかな。大人だけの利用者とは座席エリアが離れていたようで多少、騒いでも目立ちませんでした。

ブッフェには常時、離乳食メニューがあるとのことで赤ちゃん用のご飯は持参しませんでした。この日のメニューは、おかゆ、鯛と野菜のおかゆ、コーンピューレ、枝豆ピューレ、鮭フレーク、鶏ミンチフレーク。離乳食を始めてすぐの月齢にはちょっと早いかなという内容でしたが、 生後8ヶ月の次女にちょうどよいメニューでした。あとは赤ちゃんが食べられそうなものとしては、デザートのフルーツ(この日はキウイ、メロン、スィーティー)があったかな。

キッズメニューは、甘口カレー、ポテト、唐揚げ、エビフライといったラインナップ。温野菜やおかずは大人のメニューにも食べられそうなものがいくつかありました。3歳まではブッフェが無料で、4歳からはキッズ用のメイン料理があるそうです。

大人は、メインのグリル料理1品とブッフェ。メインのグリル料理は、牛肉と豚肉を選択。美味しかったけれど感動レベルではなく、普通だったのですが、ブッフェの冷たい前菜、温かい前菜がどちらもとっても美味しかった!!!出来合いのものを並べたっぽいメニューはほぼなくて、キッチンでひと手間かけて作っているんだなっていうのが伝わってくるメニュー。特別豪華な食材があったわけではないけれど、野菜もお肉も質がいいんだなってわかるメニューでした。味付けもバジル、ナンプラー、パクチー…と家ではあまり使わない調味料で仕上げられていて、濃すぎないのでパクパク食べられる。ワインに合いそうなメニューが沢山!授乳してなかったらワイン飲みたかったな。特に、鶏肉と野菜のスモーク、キッシュ、生ハムと山芋が美味しかったです。

美味しかったディナーブッフェ。 左上:冷たい前菜、右上:メインの牛肉のグリル、左下:温かい前菜、右下:デザート。

この夕食ブッフェ、大人は1人6000円、ビールはグラス1杯1190円と料金は高いけれど、この美味しさならアリだと思います。

以前(といっても、もう10年前ですが)、別の星野リゾートの宿に泊まったときに値段のわりに食事がイマイチだなと思ったことがあって、今回食事にはあまり期待していなかったので、期待しすぎていなかったのがよかったのかも。

欲をいえば、デザートに高級感がなかったかな。と酷評しつつも、ケーキ全種類食べたんだけど。デザートをもうちょっと頑張ってくれたら最高でした!!

20:00 ピーマン通りのイルミネーションを見て、部屋に戻る。
レストランからの帰り道、ピーマン通りのイルミネーションを見てから部屋に帰りました。この日は天気がよかったので星空が綺麗に見えるかなと思ったのですが、ホテルの周りはどこも灯りがついていて、星空は綺麗にみえませんでした。スタッフさんに「近くに星空を見られる場所ありませんか?」と聞いてみたところ、ホテルから少し歩かないと暗くならないとのことで、寒くて路面が凍結していたので諦めました。冬以外は星空を見に行く散歩ツアーがあるみたいです。

21:00 子供たちを寝かしつけて、夫と交代でもくもく湯へ
部屋に戻って子供たちを寝かしつけた後、夫と交代でもくもく湯へ行く予定…だったのですが、楽しくてテンションがあがった姉妹がなかなか寝てくれなかったので、長女も一緒にもくもく湯へ行ってきました。夫、私と長女の順にもくもく湯へ。オムツが外れていない子の入浴NGなので次女は部屋でお留守番(その間に寝た)でした。

もくもく湯の露天風呂から星空が綺麗に見えました。灯りが完全に消えていたらもっときれいに見えたんだろうなー。

もくもく湯はホテル棟から少し離れている(徒歩3分くらい?)のですが、しっかり温まって帰ったので湯冷めはしませんでした。脱衣所に巨峰紅茶、ハーブティーのティーバックとカップが置いてあり、ここでもサービス精神を感じました。しっかり茶葉が詰まったティーバックで美味しかったです。就寝前だったのでハーブティーを貰って帰りました。

ホテル棟の部屋は子供たちが寝た後、大人が寛ぐスペースがないので、22時まで営業しているブックカフェが1階にあったので、そこで過ごしてもいいかなと思っていたけれど、薄暗い部屋で子供たちの寝顔を見ながら売店で買った地ビール(夫)ともくもく湯で貰ったハーブティー(私)を飲んで過ごしました。この時間もまた家族旅行の醍醐味です。

2日目 2019/2/2(土)

7:00 長女と朝風呂、もくもく湯へ
7:00から営業開始のもくもく湯へ。朝一番に行ったら他に誰もいませんでした。女湯は他にお客さん1人しか来なかったので貸切状態!混浴の露天は男湯からもう1組親子が来ていました。

小鳥のさえずりをBGM に朝日に照らされる雪景色を見ながら入るお風呂は最高!これ、お湯が温泉だったらもっと最高だったのになぁ。小淵沢のあたりは温泉はでないのかな。

8:00 部屋で朝食
宿泊に朝食ブッフェもついていたのですが、昼食に振替可だったので、朝食は部屋で食べました。前日に買っておいたパンと丸山珈琲。丸山珈琲はルームサービスでついていました。各部屋にフレンチプレスがおいてあって、美味しいコーヒーが部屋で飲めます。

朝食は部屋で。フレンチプレスと丸山珈琲のコーヒーがおいてあり、美味しいコーヒーがいただけました。珈琲はリゾナーレ八ヶ岳のオリジナルブレンドでした。

9:00 プールオープンと同時にプールへ
朝食を食べたら部屋で水着に着替えて、9:00のオープンと同時にまたプールへ。暖房で部屋が乾燥していたのか、干しておいた水着は完全に乾いてました。部屋には加湿器もあったんだけど、恐るべし冬の乾燥。

11:00 チェックアウト そしてまた雪遊びへ。
プールで遊んだ後は、いったん部屋に戻って、荷物をまとめてチェックアウト。チェックアウトは12:00まででしたが、12:00前は混みあうとのことで早めにしておきました。チェックアウトだけ事前に済ませて12:00まで部屋を使うことが可能だそうです。夫と次女にチェックアウトをしてもらっている間、私と長女はまたミニゲレンデへ。プレスチックスキーとソリをして、この日もまた丸山珈琲で珈琲豆を買い物して、サービスのカプチーノを頂きました。

朝スノーウェアの方をたくさん見かけましたが、ミニゲレンデは混雑していなかったので、やっぱりゲレンデに行く人が多いんだと思います。

12:00 スケートにも挑戦
スノーウェアのレンタルスペースの前にはスケートリンクもありました。長女は スケート靴とヘルメットを借りて、初めてのスケートにも挑戦。アナ雪が大好きなのでスケートに憧れがあったみたいで「やりたい!」「ママ、手つないで滑ろう」とノリノリで挑戦したものの、スケート靴でバランスをとって立つのは難しく。手すりにつかまってヨロヨロと場内を1周して終了。「エルサってすごいんだね」と言っていました。氷ではなく樹脂でできたスケートリンクだったので、転んでも濡れないのは安心。私も久しぶり(20年以上ぶり!)にスケートをしましたが、樹脂だから氷と感覚が違うのか、バランス感覚が落ちたのか、立つのがやっとでした。スイスイ滑っている人はいなくて、手すりに捉まって歩いている人ばかり、そして皆1周で終えていたので難しいんだと思います。これも宿泊者は無料で紙に名前を書くだけで手軽に体験できたので、よい経験になりました。

ランチ前にレンタルしていたウェアと手袋を返却しました。返却もセルフで返却ボックスに入れるだけとまったく時間がかからず簡単でした。

12:00 YYグリルでランチブッフェ
朝食ブッフェを昼食ブッフェに振替ました。朝食時間が過ぎると自動的に振替となるので朝食と昼食どちらを利用するかは事前に決めておかなくても大丈夫、当日の気分で決めてOKでした。正規料金だと朝食:2700円、昼食:2480円と朝食ブッフェのほうが高いので朝食のほうが豪華なのかもしれません。食べログの口コミを見たら朝食では野菜のスムージーやその場で混ぜてくれるシーザーサラダなど美味しい野菜の評判がよいようでした。

私たちが今回利用した昼食は、パッタイやレッドカレー、カオマンガイなどアジアンメニューが美味しかったです。野菜も沢山ありました。夜のメニューとはテイストが全く違っていて、使いまわし感はなかったです。

ワイワイグリルのランチブッフェ。アジアンメニューが豊富でした。
ランチブッフェはアジアンメニューが多かったです。野菜や揚げ物、スープも充実していました。夕食とは内容がガラッと変わっていて飽きさせない工夫を感じました。

夕食時はライブキッチンはありませんでしたが、ランチはリンゴのコンポートをブッフェ台で作っていました。これがとっても美味しくて。バニラアイスを添えてアーモンドプラリネをかけて盛り付けてくれます。温かいリンゴと冷たいアイスの組み合わせが最高!私は2回おかわり。冬限定のメニューだそうです。

ランチブッフェにも離乳食コーナーがありました。メニューは、おかゆ、 コーンピューレ、かぼちゃピューレ、鮭フレーク、鶏そぼろ。この日の果物はパイナップルとライチでした。

13:00 BOOKカフェで絵本を読む 
ランチブッフェ後、長女はパパとレストランの隣にあるブックカフェへ。絵本コーナーもありました。その間、私は次女の授乳。授乳室を尋ねたところピーマン通りのフォレストルーム(託児所)を案内していただきました。託児所には保育士さんと子供が2人いたかな。授乳スペースは暖かくてソファがある個室で快適でした。

14:10のシャトルバスで小淵沢駅へ
帰りのシャトルバスも予約不要。乗りきらない人がいたから2便が出たのかな。

14:36小淵沢発のあずさ20号で新宿へ
帰りも指定席を予約してありましたが、自由席に4席空きがあったので自由席に座って帰りました。帰りの電車内では長女も次女もスヤスヤ。ほぼ寝ていたので2時間あっという間でした。16時半頃、新宿駅に到着。1泊2日の楽しい旅行が無事に終わりました。

長くなったので、かかった費用とホテルについては別記事にします。

赤ちゃんと旅行!選んでよかっ「リゾナーレ八ヶ岳」について(3歳8ヶ月・8ヶ月)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク