1泊2日の奥飛騨温泉旅行記、「深山桜庵」に泊まりました(1歳11ヶ月)

5月上旬、GWに1歳11ヶ月の娘さんと旦那さんとばぁばと私の妹の5人で奥飛騨にある平湯温泉へ旅行(1泊2日)に行ってきました。

3世代旅行です。車が5人しか乗れなかったのでじぃじはお留守番…。

経由地の高山での観光は、娘さんが微熱があり観光はほぼせず、車窓から桜を眺めたり、のんびり温泉に浸かる旅となったのでした。(今年は桜が遅かったため、飛騨の山間ではGW前半でも桜が見られました。)

普段、微熱があってもその日のうちに元気になって、翌日からは普通の生活に戻れることが多いので、今回の旅行もキャンセルせずに決行してしまいました。

観光はおさえめ、温泉宿でのんびりスケジュール

今回の旅行は、天気が雨で、GWの奥飛騨は肌寒かったことと、娘さんが病み上がりで体調が万全でなかったこともあり、観光は1か所だけ。

高山観光(食べ歩き、街歩き)は産前にしていたこともあり、温泉でのんびり過ごそうということになりました。

・観光は高山の「光記念館」のみ →

某宗教団体の運営する美術館です。でも、宗教色はほぼナシ。勿論、勧誘されるようなこともありません。ゴージャスな建物に有名な画家の作品がたくさんあって穴場だと思います。ゴッホ、ピカソ、ルノアール、シャガール、ユトリロなど有名画家の作品が見られます。美術館なので当然館内はとても静かで、我が家は、2歳前の娘さんが飽きる前に1時間程度で主要な作品のみをさっと見て帰りました。

・ランチは高山の「ざる蕎麦せと」 →

4種類の蕎麦があり、食べ比べができることがウリなお店。1人1種類ずつ頼んでシェアしました。それぞれ硬さや風味が違っていました。娘さんには、炊き込みご飯を注文しました。

お昼の時間帯を外して14時ごろ行ったら、1つだけある個室の座敷席が空いていたのでよかったです。
 

 宿は、深山桜庵に泊まりました。

宿泊地は奥飛騨温泉に決めていたわけではなく、愛知県の実家から車で3時間程度の温泉地で探していました。最初は、奥飛騨温泉の他にも、下呂温泉や伊勢志摩(三重県)あたりの温泉宿も見ていました。
 
今回の選択での優先順位は、

①GW中だからといって通常料金より大幅に値上げをしていない宿
②食事と温泉の口コミ評価が高い宿
③子連れでも気兼ねなく過ごせる雰囲気の宿

この3つの観点で、1人1泊2食で予算2万円以内の宿を探しました。

結果、泊まった宿「深山桜庵」は1泊2食付きで1人16500円(早割)。

上の条件は全部を満たしていました!

立地:高山から更に車で1時間ほど。山奥です。 ★★★☆☆

高山から下道で山を登っていき、1時間ほどかかります。宿の周辺には主要な観光スポットはないので、観光は高山市街地で済ませて、宿ではゆっくり過ごす予定でした。

上高地まで車で30分程度なので、夏だったら上高地の観光との組み合わせも良さそうだなと思います。

夕食:囲炉裏 ★★★★☆

夕食は、食事処で飛騨牛いろり会席。時間は2部制(17:30か20:00)でwebには先着順と記載されていましたが、子連れだったのでチェックインの時に「早めの17:30にしておきますね」と早めの時間を勧めてもらえました。20:00からでは遅すぎると思っていたのでちょうどよかったです。

また、事前リサーチでは、食事処は「個室ではない」とのことでしたが、我が家は3世代で人数が多かったからか、個室を案内してもらえました。小さな子連れ客はたくさんいましたが、1家族3~4人の方が多く、3世代旅行(5人)のお客さんはあまりいなかったからだと思います。ラッキーでした。

メニューは、口取8寸にお刺身に続いて楽しみにしていたメインの飛騨牛の炭焼きと牛すき焼き鍋。飛騨牛と野菜の炭火焼きは、目の前の囲炉裏で焼き立てが食べられます。飛騨牛は1人4切づつでした。私は適量でしたが、男の人だと少しもの足りないかも?柔らかくて美味しかったです。ご飯は牛飯が選択でき、飛騨牛を満喫できました。

1歳児には子供用の食器を用意してもらえたので、ジャガイモやサツマイモ、魚の炭火焼やご飯を取り分け(残念ながら我が子は肉嫌い…)。デザートのフルーツとプリンも美味しそうに食べていました。

飛騨牛いろり会席メニューと口取8寸です。山の温泉宿だけどお刺身もとても美味しかった!

メインの飛騨牛の炭火焼(これで2人前)。お肉はとても柔らかく、塩とわさび醤油で美味しく頂きました!

朝食:夕食と同じ会場で和定食でした。飛騨名物の朴葉味噌でご飯が進みます。 ★★★★☆

朝食は、夕食と同じ食事処の個室で和定食でした。飛騨名物の目の前で温めた朴葉味噌をご飯に付けて食べるのが最高!葉っぱの上で焼くと雰囲気が出て、さらに美味しく感じます。

今回、私たち家族は個室に案内してもらえましたが、山の景色を楽しみながら食事ができる大きな窓に面したカウンター席も素敵に見えました。

お風呂:景色は普通ですが、とにかく泉質が良かった ★★★★☆

この温泉のために山奥までやってきた甲斐があったといえるくらい、泉質が素晴らしかったです。奥飛騨温泉はいくつかありますが、どこも泉質が良いと評判だったので楽しみにしていました。

深山桜庵は平湯温泉。薄っすらと茶色く色づいてほのかに香るお湯は期待どおり、the温泉という感じで気持ちよかった!!

空いていればいつでも自由に入れる家族風呂もありましたが、広いお風呂に入りたかったので、貸切風呂は利用せず、大浴場へ。(家族風呂は、露天と内風呂2か所づつあるそうです。通りがかりに見てみたら空いている時間が何度かあったので、予約なしでも上手くまわっているようでした。)

大浴場は源泉かけ流しで内風呂と露天風呂でそれぞれお湯が異なるそうで。素人の私には違いはよくわからなかったけれど、どちらも気持ちよかったです。

露天風呂からの景色は、あっと驚くほどの素敵な何かがあったわけではなかったのですが、新緑の季節だったので気持ちよく長風呂できました。冬は雪見風呂になるそうです。

内風呂は寝ころべる寝湯や、立って入る深湯とバリエーションがあり、広々としていました。

GWとはいえ肌寒く、特に夜、子供が寝た後で露天風呂でゆったり長湯できたのが最高でした。

お風呂上りに無料で牛乳とコーヒー牛乳が飲めるサービスも嬉しかったです。

部屋・施設:和洋室です。 ★★★☆☆

和洋室がメインのお宿でした。フローリングのリビングにはソファやテレビがあり、畳の寝室に布団を敷いて寝ました。

リビングと寝室が別れている造りだったので、小さな子連れにはありがたかったです。

我が家は利用していませんが、部屋にはヒノキの半露天風呂もついていました。(全室についているそうです。)

壁も床も家具も木製で、落ち着いた雰囲気の部屋でした。

 サービス:子連れ客が多かったです。無料のサービスが充実したお宿でした。 ★★★★☆

事前にWEBで調べていたらこのお宿は無料サービスの充実をウリにしているようで、楽しみにしていました。

・貸切風呂が無料;露天と内風呂が無料!予約不要で時間制限もなし。我が家は大浴場派なので、利用しませんでしたが、素敵なサービスだと思います。

・湯上り処で飲み物サービス;夜は牛乳とコーヒー牛乳、朝はヤクルトがふるまわれていました。夕飯前後に2回お風呂に入ったので、牛乳とコーヒー牛乳を両方いただきました。よく冷えた瓶の牛乳を風呂上りにグイっと飲むのは最高です。

・夜泣き蕎麦;夜22時からと少し遅い時間なのですが、ロビー前の茶屋で夜泣き蕎麦のサービスがありました。内容は、高山ラーメンで、これがまたとっても美味しかった!夕飯で満腹になっていたはずなのに、夕飯時間は17:30からと早めだったし、その後に温泉に入ってカロリーを消費していたこともあり、ペロリと1杯(少なめのラーメン1杯)食べられました。

・ラウンジではウェルカムドリンク、朝はコーヒーが無料でいただけます。

GWだったこともあり、0歳の赤ちゃんから小学生くらいまで、子連れ客は沢山いました。建物が何棟かに分かれているのですが、子連れ客は、同じ棟にまとめられていたようです。廊下では子供の声が聞こえましたが部屋に入ると聞こえなかったので壁はしっかり厚そうです。

ちょっとしたキッズスペースもありました。ほんの小さなスペースなので、我が家のような2歳未満の子供が遊ぶのにはちょうどよかったです。(2歳以上の走り回れる子には物足りないと思います。)

子供用の作務衣と丹前もありました。作務衣はサイズ100~で1歳児には大きかったのですが、丹前は大き目でも可愛く羽織れました。

ただ、1点だけ、ちょっと△だったのが、チェックインの15時ちょっと過ぎに宿に到着したら、チェックインのお客さんでごった返していて、15分くらい待たされたこと。この日は雨で寒かったので、観光を切り上げて早々にチェックインしようと思ったお客さんが多かったのだと思います。人手が足りていないようでした。セルフサービスのウェルカムドリンクもなくなっていて、補充されることがなかったのがちょっと残念でした。

でも全体的には満足のお宿です。

コスパ:GW中だからといって過剰な割増料金がなくて助かりました ★★★★☆

1泊2食付きで1人16500円でした。夕食は飛騨牛だし、サービスも充実していてコスパ最強だと思います。食事・布団不要の1歳児は0円でした。

今回GW中にも関わらずこの値段で泊まれた理由は、45日前から予約の早割りを利用したのと、5人(大人4人+1歳児1人)で1室利用だったため。私たちが泊ったのは1名から利用できる部屋で、定員4名のところに大人4人、子供1人で寝たので、寝室には余裕がありませんでしたが、その点は家族なので問題なし!

深山桜庵は、ドーミーインなどのビジネスホテルを経営している共立メンテナンスが運営するお宿。ビジネスホテル経営のノウハウを活かしているのだと思います。サービスは簡素で、合理的な内容でした。

食事は全員が食事処で2部制だし、布団も予め敷いてあり、貸切風呂も予約制ではなく空いてれば自由に使える方式。お風呂上りの牛乳やラウンジでのコーヒーや夜泣き蕎麦など各種無料サービスが充実していましたが、ほぼセルフサービス。

コストをかけずにお客様を満足させる工夫が随所に見られて、節約家の私にはぴったりの宿でした。

全国各地でリゾートホテルを経営していて、箱根と修善寺には行ったことあるのですが、他のお宿にも行ってみたいです。

(参考)他に候補だったホテル

 実は、最初は同じ岐阜県にある「トヨタ白川郷自然学校」という宿を予約していました。以前から気になっていた宿で、下記条件をクリアしているお宿です。

①GW中だからといって通常料金より大幅に値上げをしていない宿
②食事と温泉の口コミ評価が高い宿
③子連れでも気兼ねなく過ごせる雰囲気の宿
④1人1泊2食で予算2万円以内の宿

なんでやめたかというと、夕食がフレンチだったので1歳児には取り分けしにくそうだなと思ったのと、アクティビティや体験メニューが充実している宿なので、子供がもっと大きくなってからのほうがより楽しめそうだと思ったから。「自然学校」という名の通り、トレッキングやものづくりなど四季折々の体験メニューがwebでたくさん紹介されていました。対象年齢が3歳以上のアクティビティもいくつかあるようので、来年以降の旅行先候補です。

<おわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする