ももくろちゃんZの子供番組「ぐーちょきぱーてぃー」の観覧に当選!収録に参加してきたよ(3歳6ヶ月)

ももクロ好きなパパの影響で、0歳の頃からよくDVDを見ていたみりんちゃん。その甲斐あってか、いつのまにか、みりんちゃんもモノノフになっていました。メンバーの名前と顔も全員わかるし、歌える曲もあります。

私も、ももクロ好きです。子供が産まれる前はよく夫婦でライブに行ってました。

みりんちゃんも1歳のときに子供がいる人のみ参加できる「こどもまつり」でライブ経験済み。でも、ここ数年は「こどもまつり」が開催されないんですよね。おそらく、huluで子供向け番組「ぐーちょきぱーてぃ」の配信が始まって、子供はこの番組でももくろちゃんとふれあう機会ができたからかな。でも子連れ歓迎のライブもまたやって欲しいなー。

ぐーちょきぱーてぃの応募対象は3歳の誕生日月から6歳の誕生日月まで。というわけで、3歳の誕生日を迎えると同時に応募をしていたら、なんと当選の連絡がきました!!

収録に参加することができたのでそのときのレポです。

応募~当選の連絡がくるまで

3歳の誕生日がきたらすぐに応募しました。応募は公式サイトから、フォームに必要事項を記載するだけと簡単です。 →

ももくろちゃんのライブはファンクラブ会員がかなり優遇されるし、ファンクラブ会員限定のイベントがたくさんあるけれど、この番組の応募はファンクラブ会員かどうかは関係なし!

当選の連絡が来たのはそれから6ヶ月後のことでした。ちょうど3歳6ヶ月を過ぎたタイミングだったので、3歳から応募可能だけどもしかしたら当選は3歳6ヶ月からなのかもしれません。なぜそう思ったかというと、収録当日に小さな子は少な目で、小さな子が集まっていて、「同じくらいの年齢ですかね」と話をしたお母さんに誕生日を聞いてみたら、みりんちゃんと数日違いの子が2人いたから。

当選の連絡は収録日の約3週間前の夜20時頃、電話できました!

電話では、以下のことを確認されました。

・初めての当選か。複数回の参加はNG!
・収録日(平日)に参加可能か。この当選連絡の時点では、収録は”都内のスタジオ
” で ” 日中 ” に行うとうことしか教えてもらえません。集合時間、集合場所の詳細は収録日の前日までに改めて電話連絡があるとのことでした。
・当日同伴する保護者についての確認。同伴は1名のみ、パパとママの2名参加はNG、兄弟の見学もNGとのことでした。
・当日の服装の注意点。全身1色はダメ、キャラクターもの、大きすぎるロゴはダメとのこと。

収録の2日前に最終確認の連絡がありました

それから、収録の2日前に最終確認の連絡がありました。この連絡も夜20時頃に電話できました。

電話で確認があったのは以下のこと。

・当日の収録場所、集合時間
・同伴の保護者について。この時点で連絡をした同伴者しか同伴できないとのことでした。パパが行く予定だったけどやっぱりママが…というのはNGだそうです。身分証明を持参するように言われました。
・当日の注意点。NGな服装についてと、サインや握手を求めるといった接触、ファンレターやプレゼント類を渡すといったことも一切しないように念押しされました。

当選の連絡も最終確認の連絡もすべて電話だったので、1人1人に電話で説明するのって大変だろうな、テレビ業界って古い体質なんだなぁ、 事故が起こらないように慎重にならざるを得ないのかな。製作会社のスタッフさん大変だなと感じました。

収録場所と集合時間、当日の流れ

収録日は木曜日、収録場所は世田谷区のTMCスタジオでした。インスタやほかのブログでたくさん記念撮影した写真やスタジオ名がでてくるので収録スタジオ名は書いてもいいよね…。最寄り駅は、小田急線・祖師ケ谷大蔵駅。駅から徒歩15分の住宅街の中でした。

1日に 3本の収録をしているようです。うちが当選した回の集合時間は12:30頃でした。同伴者の身分証明書の確認がおわると控室に案内されて、13:00から歌とダンスの説明(ここで弘道おにいさんが登場する会もあるそうですが、この日は登場ありませんでした)、13:15に子供のみスタジオに移動、収録は13:20から13:50の約30分でした。

収録中は子供は親と完全に別行動になります。 泣いていたり体調不良の子がいた場合はセットの外に案内され、収録に参加できないことがあるとの説明があったので、少しヒヤヒヤしていました が、スタッフさんもメンバーもとても気を遣って楽しい雰囲気をだしてくれたため、この日は泣いている子、親と離れられない子は1人もいませんでした。 スタジオには保育士さん、看護師さんも待機していたそうです。

番組の構成は日によって少し違いがありますが、ももクロちゃんと一緒に収録できるのは以下の4コーナー。

①オープニング~手遊び歌1曲
オープニングは、着席する日とメンバーのまわりに自由に立ったままの日があります。着席のほうが放送時にしっかり顔が映ると思います。我が子が参加した日はメンバーのまわりに自由に立った状態で手遊び歌をしたので、放送時には後ろのほうにいた我が子はあまり映っていませんでした。そのぶんメンバーとは接近できたようです。我が子は夏菜子ちゃんとしおりんと会話できたので、着席と立席のどちらがラッキーかは難しいところ。放送時には編集でカットされていましたが、控室のモニタでは我が子が夏菜子ちゃんとしおりんが話をしている様子がしっかり映っていたそうで。マイクが声も拾ってくれていたので会話の内容もパパにはばっちり聞こえていたそうです。

②知育コーナー(なぞなぞ、クイズ、昔話の読み聞かせ等)
文字足し遊び、箱の中に何がある?、昔話の読み聞かせといった知育コーナー。どの回も、ももクロちゃんから子供に質問する場面があって、コミュニケーションがとれます。運がよいと受け答えのシーンで横顔が大きくとりあげられてテレビにしっかり映ることができます。

③ライブ1曲
ももくろちゃんのライブが至近距離で見られます。メジャーな曲、ノリがいい曲のほうが子供うけはいいけれど、マイナーな曲、渋い選曲の日もあり。 なんの曲かは運次第♪ 曲の前半は着席して聴いていて、後半は一緒に歌って踊るのが定番のようです。

④エンディング「やっぱノリノリー!」「きみのまちのきょうのそら」の2曲
エンディングは、ももクロちゃんと一緒に歌って踊れる曲。毎回この2曲で固定っぽい。「きみのまちのきょうのそら」 はメンバーとハイタッチできるところも。最後にシャボン玉がでてくると子供たちがメンバーから離れて、シャボン玉に夢中で飛びついていくのがなんとも微笑ましい。シャボン玉よりももクロちゃんメンバーのほうが貴重だよ~!といつも大人目線で見ています。

保護者は控室のモニタで収録の様子が確認できます。夫は、我が子が大ファンのももくろちゃんと至近距離で一緒に歌って、踊っている姿に胸が熱くなったそうです。収録の合間にはももクロちゃんは積極的に子供たちに話かけてくれていて、羨ましかったとも(笑)

保護者はモノノフさんが多数だと思われますが、 ライブみたいに目立つ格好で来ている人はおらず(当たり前か?!)1人ツアーグッズのパーカーを着ていた人がいたかなという程度で みんな普通の恰好だったそうです。しおりん推しの夫はさりげなく黄色の服を着ていきましたがね。

最後に記念撮影をするため保護者もスタジオに移動するため、収録の様子は全部を見られるわけではなかったそうです。保護者は最後の集合写真の記念撮影の時間のみスタジオに入れます。入った順に並ぶので撮影場所は選べないようでしたが、しおりん推しの夫はさりげなくしおりんに近づいて、しおりんの近くにポジショニングできたそうです。保護者とメンバーが話をすることは一切なかったそうですが、かなり間近で見られたそうで。それは喜んでおりました。

記念撮影が終わるとまず保護者が先にスタジオの外に出されて、その後、メンバーから子供たちへステッカーとジュースのお土産を手渡してもらって、夢のような時間はおわりとなりました。

配信開始日は隔週金曜日、午前0時ちょうどから

配信開始は、収録日の約2ヶ月後でした。同じ日の午前中に収録した回は2週間前に配信開始なので1ヶ月半後だったみたいです。

huluは新規登録すると最初の2週間は無料期間ですが、収録の最後に1ヶ月無料になるコードが書かれたカードが貰えました。

配信日の前日に新規登録してみたところ、2017年の第1回から過去分すべての「
ぐーちょきぱーてぃ」が閲覧可能でした。

実際に番組を見た感想

収録から放送まで2ヶ月経っているので、若干、熱量は落ち着いていました。でも、 夫婦でずっと応援してきたももクロちゃんが我が子と一緒に歌って踊っているのはなんとも不思議な感じ 。一生懸命ダンスする娘の姿はとても可愛い。

正直にいうと、 自分の子供が映っている量は 思っていたよりも少なかったです。ももクロちゃんがメインの番組なので当然なのですが、子供たちは頑張って自分の子を探さないとわからない感じ。小さく見切れていたり、後ろ姿をみつけて「いるいる!」とわかる程度です。

でも、収録に参加できた経験はプライスレス。親と離れて一人で楽しんでいた娘の姿に成長を感じたし、とてもよい思い出になりました。

みりんちゃんは「また行きたいなー」と言っていますが、収録に参加できるチャンスは人生でたった1回だけ。初回の当選かを何度か確認されましたし、同伴者の身分証の確認もしっかりしていたのでこのルールは厳密そうです。

こんどは一緒にライブに行けたらいいね。こうやって子供のモノノフが増えていくんだろうなー。

huluの番組は録画して残すことができないので、 みんな保存はどうしているんだろう。テレビ画面をスマホの動画で撮影してみたけれど、もっといい方法あるのかな。

余談)何歳で参加する?テレビ画面で目立つのは大きな子でした

参加できる子の対象年齢は3歳から6歳まで。子供の年齢はいい感じで均一にばらけていた気がします。過去分を見てもそうなので、均一になるように選んでいるのかな。ただ、テレビ画面上では、やっぱり身体が大きな子(年齢が上の子)が目立ちます。

子供が収録に参加できる番組で有名なNHKの「おかあさんといっしょ」と比較すると、「おかあさんといっしょ」は3歳児限定なので身体の大きさにそれほど差がない&最初の整列して座っているシーンは全員の顔が隠れないように上手に並んでいる。一方、ぐーちょきぱーてぃは、子供の立ち位置がわりと自由!なので、身体が小さな子(年齢の小さな子)が大きな子に隠れてしまうシーンが多々ありました。

参加できるチャンスは1回なので、いつ応募するのがおすすめ?は悩ましいなと思いました。 年齢が上がるほうが子供の記憶にも残るけれど、早く応募したほうが当選確率も上がるし。

とはいえ、とても楽しかったのでももクロちゃんファンは勿論、そうでない子にもおすすめです。

当選の連絡があってから収録日までのワクワク感、収録日当日の至福の時間、番組が配信されるのを楽しみに待つ時間、配信された番組を見て盛り上がる時間、たくさん楽しい時間が過ごせました。

その後:配信開始から約2週間後、記念撮影した写真が届きました。

配信開始から2週間が経った頃、ポストにグリーンの封筒が。何かな?と開けてみたら記念撮影した写真が届きました。忘れた頃にやってきた。写真というより印刷という感じで質はあまり良くないけれど(笑)ももクロちゃんと一緒に写った写真は思い出の宝物になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク