GW、1泊2日の松本&鹿教湯温泉旅行(0歳11ヶ月)

ゴールデンウィークに11ヶ月の娘さんと旦那さんと私の両親と5人で鹿教湯温泉旅行(1泊2日)に行ってきました。新宿駅からあずさで松本駅へ行き、松本駅で私の両親と合流。

今回の旅行のメインは温泉宿だったこともあり、観光はせずにお宿に直行しました。娘さんの体調が万全ではなかったので帰りもチェックアウトから直帰しました。

泊まったお宿は、私の母がずっと行ってみたかったというお宿、鹿教湯温泉の「三水館」です。

娘さん、体調不良で予約していたスーパーあずさの指定券は使えず

当初、新宿駅を10時発のあずさ11号を予約していたのですが、娘さんの体調がいまひとつだったので午前中に病院に行ってから出発することに予定変更。予約していた指定席券は無効になってしまったけれど、自由席に乗車可だったので切符は無駄にならずセーフ。

これからもきっとこういうアクシデントあるんだろうなぁ。

12:00発のスーパーあずさ15号で出発。「連休2日目なので、きっと自由席は混んでいるにちがいない」「松本まで2時間40分かかるので座れないのは辛い」と早めに1時間前にホームに着いたら自由席の列はまだ誰もいなくて1番のり。旦那さんと交代で並んで、駅弁をゆっくり選んで待ちました。

10分前に乗車開始した頃には列も増えてはいたものの出発時間ギリギリまで2人席も空いていました。→その後、立川で満席になりました。

初めて乗ったスーパーあずさは、けっこう古めでした。新幹線に比べたらかなり小さいけれど机もついていたのでご飯も食べられます。

ちょうど自由席の6号車にオムツ替えコーナー付きのトイレがありました。

車窓からの景色はちょうど新緑が綺麗で目の保養になりました。

泊まったお宿「三水館」のこと

立地:長野の自然に囲まれた温泉宿 ★★★☆☆

最寄駅は松本駅か上田駅で、車で30分くらい。宿の近くには観光スポットや飲食店などなさそうでした。長野の里山の風景を楽しむ宿です。観光する場合は、上田や松本かなぁと思います。

夕食:旬の野菜をふんだんにつかった田舎料理 ★★★★☆

お刺身や和牛など温泉宿の夕食で定番の高級食材は一切でてきません。関東では普段なかなか食べられない地の物の食材がメインで、GWの時期は、特に山菜がたくさん出てきました。中でも草鍋はインパクトが強かったです。クレソン、芹、行者にんにく、韮、あさつき、三ッ葉……。鍋の中は全部緑色!強烈なビジュアルでした。こんなに食べられるかな!?と思ったけれど、意外と食べられてしまいまたビックリ。1年分の山菜を食べたのではというくらいふんだんに山菜を食べました。お肉やお魚もでてきましたが、素材の味が楽しめる薄味の野菜をお腹いっぱいいただき、デトックスできた気がします。

お腹がいっぱいだったのでデザートのフルーツは部屋に持ち帰りました。(翌朝、娘さんがいただく。)

娘さんにはお粥を用意してもらえました。

草鍋!緑の野菜や山菜がたっぷり!!

朝食:朝食も野菜中心の田舎料理 ★★★☆☆

朝食も野菜中心のシンプルなメニュー、だけどとっても美味しい。

娘さんにはお粥を用意してもらい、大人のおかずの中から食べられそうな野菜をとりわけてあげました。

夕食も朝食も、味だけでなく、盛り付けや器も素敵でした。

お風呂:露天風呂と内風呂 ★★★★☆

内風呂と露天風呂があります。全7室の宿でお風呂は24時間入れるので人と会うことが少ないと思います。シンプルな造りで落ち着く空間で、広さも十分です。私も旦那さんたちもほぼ貸切で入れました。

お湯は、特筆することがないくらい”普通の”温泉です。

ボディーソープ、シャンプー類もシンプルなものでしたし、メイク落とし、化粧水などアメニティは一切ありませんでした。そういうコンセプトのお宿なのだと理解して行く必要があります。

部屋・施設:雰囲気のある素敵な古民家 ★★★★★

オーナーのこだわりがあちこちに感じられる素敵な古民家で、家具や装飾や茶碗のひとつひとつが丁寧な作りで素敵でした。

私たちは和洋室に泊まりました。和室は私たち家族3人、洋室に両親2人で、部屋の真ん中に入口、洗面所やトイレがある造りでしっかり2部屋が分かれていたので、お互い気を遣わずに済んだのも2家族での旅行にちょうどよかったと思います。

コスパ:1泊2食で1人19,590円 ★★★★☆

1泊2食で通常は1人 17,430円 +2,160円(GWと夏休みの割増料金)= 19,590円でした。

私にとっては高級宿の部類に入りますが、施設とサービスの内容からしたら1泊2食で2万円以下はコスパよいかなと思いました。たまには贅沢な旅もよいものです。

休日は数ヶ月先まで埋まっているほど人気のお宿で、GWはこの日のこの部屋のみラスト1室、しかも希望の和洋室が空いていたので、3か月前に宿へ空室状況の確認の電話したタイミングで即効予約しました。

サービス:特に食事処で赤ちゃん連れへの配慮をしてもらえました ★★★★☆

HPには全7室のうち子供連れは1日1組までと書いてあります。

“静かな里山でゆっくり過ごす温泉旅行”がコンセプトの宿なので、「赤ちゃんウェルカム!」という感じではありませんし、こちらも他のお客様に迷惑をかけないよう、でも、私たちもリフレッシュできるよう気を遣いました。

娘さんのお風呂も時間をずらして食事の直前に行ったら貸切状態で入れました。

従業員の方にはとても親切にしてもらい、特に食事処は、通常は個室ではなくテーブル席と書いてあったので、そのつもりでいましたが、朝夕とも個室の和室を用意してもらえたので、助かりました。大人のメニューに白いご飯はなかったのにもかかわらず、娘さんにお粥も作ってもらえました。

ロビーのラウンジでくつろいでいる他のお客様にも「あら、かわいい赤ちゃんね」と話しかけてもらったり、笑いかけてもらったり、居心地がよかったです。

四季折々の料理と景色が楽しめるお宿だと思うので、また違う季節にも泊まりに行けたらいいな。

<おわり>

ロビーも部屋も細部まで、こだわりが感じられた素敵なお宿でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする