<当日編>初めてのディズニーシー(1歳11ヶ月)

娘さん、1歳11ヶ月の春、旦那さんと3人で初めてのディズニーシーに行ってきました。

ファッショナブル・イースターのイベント中でした。

2017/7/14まで、首都圏ウィークデーパスポートのキャンペーン期間で、入園料金が大人7400円から6400円になる割引があり、お得に入園できました。

お得大好きな私のテンションアップ!(エントランスでチケットを買うときに住所を証明できるものの提示が求められました。2枚買ったけれど提示は本人分のみでOKでした。)

ディズニーは約1年ぶり2回目です。
初めてのディズニーランド(0歳10ヶ月)

4月2週目の平日、木曜日だったので、おそらく空いている日だったと思います。

当日の天気は快晴!最高気温17度で風もなく暖かくて過ごしやすい日でした。

混雑予想カレンダーでは、1年でベスト10に入るのではないかというくらい空いている予想の日でしたが、実際は、すごく空いているという実感はありませんでした。

ダッフィーのお友達の新キャラ「ステラ・ルー」ちゃんが発表されて間もなかったからかもしれません。

見たいショー、乗りたいアトラクション、会いたいキャラクター、食事をどこでとるかは事前に目星をつけてから行きました。

<事前準備編>初めてのディズニーシー(1歳11ヶ月)

持って行ったもの(特別なものは何もなし!)

いつものおでかけグッズのみで行きました

荷物は少ないほうがいい!必要かわからないもの、現地で買えるものは現地調達すればいい!が私のモットーです。

持参したベビーグッズは、

・オムツ 4枚、おしりふき
・娘さんのおやつ(バナナ1本、スティックタイプのパン2つ、小袋の煎餅)
・娘さんの水分(200mlのストローマグと650mlのペットボトルの麦茶1本)
・薄手のウィンドブレーカー
・抱っこ紐

くらいです。

普段のおでかけと変わらない内容です。

・9時~19時の滞在で、オムツ4枚はギリギリでした。
 まるっと1日の外出は初めてだったので普段と同じ量では少なかったのです(反省)。19時に退園する前におむつ交換をして全部使い切りました。ただし、紙おむつは足りなくなった場合は、現地で追加購入できます。ベビーセンターに売っていました。

・娘さん用の食料は、おやつにバナナとスティックタイプのパン2本と小袋の煎餅、ストローマグに麦茶を持参しました。
 ディズニーに飲食物の持ち込みは禁止なのか?を事前に調べたところ、公式サイトに明示的にNGと具体的に書いてあるのは「お弁当、酒類、飲み物(ビン、カン)」だけでした。なので、軽食、ペットボトルのお茶は積極的にOKとは言えないけれど、NGとも言えないもの(グレーに近い白)なんだと思います。子供用のおやつと飲み物は持参しました。

・替え着替え、レイングッズは持参しませんでした。
 激しい食べこぼしやびしょ濡れになることはまずないだろうと思い、着替えは持参しませんでした。普段のおでかけでも夏以外は持っていませんし、それで困ったこともありません。万が一、必要になったら現地でお土産として売っている洋服を買えばいいかと思っていました。最低気温8度、最高気温17度と予報ではそこそこ暖かそうだったので、防寒グッズはウィンドブレーカー1枚を持参、降水確率10%だったのでレイングッズは持参しませんでした。(ウィンドブレーカーは使いませんでした。)

・ディズニーを楽しんでもらうため、絵本やおもちゃといった退屈しのぎグッズは何も持っていきませんでした。

・1年前にランドに行ったときと比べると、ミルク関連のグッズ、離乳食が減りました!

・(余談)ベビーグッズではありませんが、イースターのショーを座って見ようと思い、レジャーシートを持っていきましたが、使いませんでした。
 座って鑑賞するエリアは、予想以上に早い段階でいっぱいになっていたため、座っての鑑賞を諦めたためです。ランドのショーと違ってシーのショーは座って鑑賞できるエリアはあまり多くありません。

今回はベビーカーのレンタルしませんでした。抱っこ紐を持参したけれど、ほぼ使わず。

もう1人でしっかり歩けるし、ベビーカーに乗るよりも自分で歩きたいと主張することが多いので、ベビーカーのレンタルはしませんでした。

抱っこ紐は持参しましたが、約1時間の昼寝のときしか使いませんでした。

体力がついたなぁ、成長したなぁと感じます。

舞浜駅までは電車で行きました。平日8時代の電車はなかなかの混雑。

交通手段は、8時40分頃に舞浜駅に着くよう電車で行きました。帰りは20時頃に舞浜駅をでました。行きも帰りも、ディズニー利用者と通勤中の人で、電車は隣の人と触れ合いそうになるくらい混んでいました。

電車は、若干心配ポイントでしたが、混んでいて身動きが取れない状態で、”今は騒いではいけない”と空気が読めたのか、行きも帰りも驚くほど静かにしていてくれました。愚図ることなく、おとなしく抱っこされていてくれて、本当に助かりました。乗客の大半は通勤中の人なので、泣かれたら気まずかったと思います。帰りは疲れていたのでしょう、抱っこ紐に入るとすぐに寝てくれました。

今回、ベビーカーは、持っていく検討をしませんでしたが、平日の電車は混んでいて、持参は厳しかったと思います。

1日のスケジュール。こんな風にすごしました。

8:40 舞浜駅に到着
リゾートラインでディズニーシーへ移動。1番前の車両の前方に乗ったら景色がよかった!

9:00 チケットを購入して入園
首都圏ウィークデーパスポートを買って、入園。チケット購入の窓口は、開園直前でも空いていましたが、エントランスは並んでいて、入園に5分くらいかかりました。

9:05 エントランスを入ったところで、ブラスバンドの演奏をしていて、ミッキーとミニーがいた!
ミッキーとミニーを見て「え!なんでいるの?」という驚いた顔をした娘さんが最高に可愛くて、入園して5分で「もうこの笑顔が見られただけで今日は来てよかった」と旦那さんと話しました(笑)

9:15 旦那さんはトイストーリーのファストパスに並ぶ。
トイストーリーはエントランスから比較的近いし、まだ新しい人気アトラクションなので、”ファストパスは朝一に取りたい”とみんな考えることは同じようで、ファストパスを取るまでに30分かかりました。そして、ゲットできたファストパスは18:30~19:30。今日最後の予定が決まりました。

その間、私と娘さんは隣の広場(ウォーターフロントパーク)でやっているシェリーメイのグリーティングに並ぼうと思ったら、なんとこの時点で10:20までの会の受付は終了していた

次回の案内は11:00からの会と言われ、並ぶのをやめました。シェリーメイのグリーティングは、オープンスペースで行っているので、一緒に写真を撮るのは無理でも間近で見ることはできます。娘さんが釘付けになっていたら、写真撮影の合間にシェリーメイちゃんが手を振ってくれてました。子供への優しい配慮を早速実感しました。

シェリーメイちゃんを眺める娘さん。

シェリーメイちゃんを眺めて堪能した後、ウォーターフロントパークでイースターの飾りを見たり、写真を撮って旦那さんの帰りを待ちました。娘さんは、ディズニーの飾りよりも噴水エリアに興味津々でしたが、着替えがないので、近づかせないよう頑張りましたよ。子供は水に興味を惹かれるようで、同じように走っていく子供を制止するママとパパがたくさんいました。

9:45 FPを取ってきてくれた旦那さんと合流。
すぐ近くの乗り場から、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ(電車)に乗ってポートディスカバリーへ移動。待ち時間は約15分でした。

10:15 ポートディスカバリーでグーフィーとマックスに遭遇!
マックスはグーフィーの息子らしいです。娘さんが「あ、わんわん!」と笑顔で見ていると、向こうから近づいてきてくれた!これまで大人だけで来ていたときには考えられなかった好待遇です。お話をして、一緒に写真をとってもらいました。

その後、ミスターインクレディブルとも写真を撮ってもらいました。娘さんはキャラクターを見ると笑顔なんだけど、いざ近づくと緊張して?固まり、目をそらして縮こまる。そんな姿がまた可愛くて微笑ましかったです。写真もすべて硬い表情でした(笑)。

10:30 アクアトピアに乗る。約15分待ちでした。
初めてのライド系の乗り物で、嫌がるかもしれないなぁと不安もありましたが、「あ、みず!」「くるくる まわってるねー」と終始笑顔で楽しんでくれました。急発進、急停止するので頭が席にぶつからないように気をつけてあげれば1歳児でも問題なく楽しめました。

10:50 アトラクションを降りたところにチップとデールがいて、一緒に写真を撮ってもらいました。ここでも、キャラクターのほうから優先的に寄ってきてくれて、小さい子供がいる恩恵にあずかります。

その後、ロストリバーデルタに謎の猿たちが居て、一緒に遊んでくれました。

11:00 ロストリバーデルタへ歩いて移動して、キャラクターグリーティング(ミッキー)に並ぶ
ミッキー40分待ち、ミニー35分待ち、グーフィー25分待ちでした。ミッキーとミニー迷って、せっかくだからとミッキーにしました。40分待ちでしたが、途中で娘さんが「うんち!」と言うので、キャストさんに事情を話して列を抜けさせてもらって、旦那さんとオムツ替えにいってもらいました。

結果的には、このトイレ休憩をはさんだおかげで、待ち時間の退屈が減らせてよかったです。ここでの40分待ちは、この日に並んだ最長時間でしたが、鳥や野生生物の鳴き声が聞こえてくる演出があったり、ミッキーやドナルドのオブジェがあったり、小さい子でも飽きずに並べる工夫があって、待ち時間が短く感じました。

トイレから戻った娘さんはおやつのバナナを食べてさらに元気になって、順番がまわってきたら、「ミッキーちゃん!」と、ミッキーに自分から駈け寄っていきました。でも、いざミッキーが近づいてくるとやっぱり固まっていました。ミッキーちゃんと近くでお話してハイタッチができてよかったね。

12:00 アラビアンコーストまで歩き、ジャスミンのフライングカーペットに乗る。待ち時間約15分。
アクアトピアが大丈夫だったので、心配なく乗れました。

12:20 隣のシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジが待ち時間5分だったので、続けて乗ります。
ランドのイッツアスモールワールドみたいなアトラクションだと思っていたら、イッツアスモールワールドとは違って、道中がずっと薄暗くて、娘さんの表情は硬いままでした。曲は明るいし、怖いシーンはないんだけれど、ストーリーがわからない1歳児が楽しむには微妙だったかもしれません。次は、娘さんから乗りたい!と言い出さなければ、空いていても、もう乗らないかなぁ。

この時点で12時半を過ぎていたので、ランチに決めていたケープコッド・クックオフに引き返せばよかったのですが…、せっかくアラビアンコーストまで来たのだから、メリーゴーランドにも乗って帰ろうと欲を出したのがちょっと失敗でした。キャラバンカルーセル(5分待ちでした)でジーニーの上に乗った瞬間に、グズグズしだしてしまった。前回、ディズニーランドでメリーゴーランドに乗ったときは、とても楽しそうにしていたので今回も喜んでくれると思ったんだけどなぁ。

お腹が空いたのと、朝から動きっぱなしで疲れていたのがダメだったのかな。

ジーニーのキャラクターに馴染みがなかったからか、お腹が空いていたからか、テンションあがらなかった様子です。

13:00 アラビアンコーストからアメリカンウォータフロントまで歩いて戻る
もう歩きたくない!と両手をあげて抱っこを要求してきたので、約11キロの娘さんを抱えて歩きました。娘さんは、途中で寝てしまったので、「ケープコッド・クックオフ」に着いたら、ランチ待ちの列に並びました。

13:40 ケープコッド・クックオフでランチ。約30分待ちでした。ハンバーガーセットを3つ買って、3人でシェア。娘さんはチーズバーガーを1つぺろりと食べていました。ここでおやつに持ってきたスティックパン2本も完食。

13:45~14:00まで1つ目のショーを見て、14:00~14:30がショー休演時間だったので、この時間はのんびり食事をして、14:30~14:45で2つ目のショーを見ました。休演時間のおかげで結果的にはゆっくり休憩できてよかったのかな。ダッフィーにも釘付けで楽しそうに見てくれました。

この間にショーアプリでビッグバンドビートの抽選を。初めて抽選アプリをDLして使いましたが、1時間前まで抽選可能で、わざわざ抽選会場まで移動しなくてよいので便利ですね。15:50からの回で指定席を確保できました。

15:00 メディテレーニアンハーバーへ移動して、ヴェネツィアン・ゴンドラに乗る。約25分待ちでした。
列の動きが少なく、きっちり詰めて並んぶタイプだったので、前後の人との間隔も近めで、「抱っこ!」「歩きたい!」、まだ順番が来ていないのに「船に乗る―!」と退屈で暴れる娘さんの気を紛らわすのが大変でした。

だけど、私がこのゴンドラから見る風景が好きで、どうしても3人で乗りたかったんだよね。乗船してからは、ニコニコと楽しそうに乗っていました。キャストさんが「チャオ!」と挨拶するのを聞いて、4歳くらいの男の子が「オチャ!」と返していたのを聞いて、娘さんは「ギューニュー!」と言い出した。子供の発想って面白いな。

15:30 アメリカンウォーターフロントでステラ・ルーのグリーティングドライブを見る。
3月に登場したばかりのダッフィーの新しいお友達ステラ・ルーちゃんがアメリカンウォーターフロントを周遊するイベントです。4/4から始まったばっかりだそうで、事前調査では移動ルートは不明でしたが、音楽と人だかりでグリーティングの時間になれば場所はすぐわかります。車の動きは歩く速度と同じくらいゆっくりなので、一緒に歩いて移動すれば長時間、見ていられました。

ダッフィー、ミッキー、ステラ・ルーが乗った車がゆっくり移動します。ステラ・ルーはちょうど反対側に手を振っていたので写真は撮れず…。

15:50 ショーアプリで指定席が当選したビッグバンドビートを見る
前から6列目という良席でした。大きな音が心配でしたが、娘さんは最初から最後までステージをじっと見ていて、ディズニーキャラが登場すると前のめりになります。リニューアルされてから、以前のバージョンよりキャラクターが登場する時間が増えて、子供がより楽しめる構成になった気がします。

16:30 ファッショナブル・イースターのショーを横目で見ながらマーメイドラグーンへ移動
事前計画では、シーズンイベントであるイースターのショーは、リドアイルか正面の座って鑑賞するエリアで場所を確保して見ようと思っていました。けれど、当日の朝、入園した9時過ぎの時点で初回10:30からの座って鑑賞するエリアは既に人がいっぱい。場所取りは予想以上に熾烈でした。平日だし、空いていると言われている時期だし、場所とりは1時間前くらいからで大丈夫かなという考えは甘かったです。1時間以上前から席を取っておき、もう1人がワンオペで娘さんと行動するのは辛いし、せっかく場所が確保できても娘さんが静かに座って見てくれる保証もなかったので、今回は、座っての鑑賞は諦めました。

シーは、湾を囲む作りになっているので、予め場所を確保しておかなくても、鑑賞エリア以外からでも、音楽と雰囲気が十分に楽しめます。

アメリカンウォータ―フロンとからマーメイドラグーンへ移動するタイミングとショーの時間をあわせたので、ショーは、ほぼ全て見られました。立ち止まるのはNGですが、歩きながらだと、人の隙間をぬって意外とよい角度で見られますし、キャラクターが近くに来るポイントもあります。

17:00 とおりがかった海底2万マイルが待ち時間5分だったので入ってみた
いつも空いているように見えるので、ふらっと立ち寄ってしまいます。それで、いつも「次からはもう乗らなくていいかな」と思うのですが、また乗ってしまいました。

このアトラクションのターゲットは誰なんだろう…。まるで水中にいるように感じるというコンセプトは面白いと思うんだけど、深海探索っていうテーマが微妙なので、例えば「アリエルが暮らす海を覗きに行く」とか明るい内容にリニューアルすればいいのに。

娘さんの反応も微妙というか”無”だったので、やっぱり「次回からは空いていても乗らなくていいかな」と思いました。

17:15 マーメイドラグーンにあるアリエルのプレイグラウンドで遊ぶ
ここでけっこう遊べると見込んでいたのですが、娘さんのテンションはそれほど上がっていませんでした。夕方でもう疲れていたのか…。マーメイドラグーンは全体的に薄暗いし、ストーリーが理解できていない1歳の娘さんにはまだ早かったのかもしれません。小さい子が靴を脱いでハイハイしたり、ゴロゴロできるスペースもあったのですが、特にアリエルにちなんだ”魅力的な何か”があるわけでもなく、デパートのキッズスペースのようなところなので、せっかくディズニーに来たのここで時間を使うのはもったいない気がして、そのエリアには入りませんでした。

「ブローフィッシュ・バルーンレース」「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」「ワールプール」といった子供向けのアトラクションもありましたが、どのアトラクションも15~25分待ちで、夕方になって疲れていたこともあり、並んでまで乗らなくてもいいかなと今回は諦めました。

17:45 キング・トリトンのコンサートを見ました。15分待ちでした。
アリエルのショーは、私がシーで一番好きなショーです。リニューアルされてから初めて見ました。娘さん、アリエルに手を振ったり、「アリちゃん!」と呼びかけたり、楽しんでくれていて、よかった。前のバージョンではアースラが登場するシーンは怖い雰囲気だったのですが、リニューアルされてからは怖いシーンはなく、小さい子でも安心して楽しめる内容になりました。

18:30 歩いてアメリカンウォータ―フロントに戻って、トイストーリーマニアを見る。
朝一でとっていたファストパスを使いました。結局、この日はFPはこれだけしか使いませんでした。子連れだとこんなものなのかな。

トイストーリ―マニアは、私たち親は楽しかったのですが、3Dメガネをかけて楽しむタイプのアトラクションで、場面がどんどん変わっていくので、娘さんは何が起きているのか理解できなかったと思います。終始キョトンとしていました。

3Dメガネも1サイズなので、娘さんには大きく、すぐにずり落ちてしまいます。

親はゲームに必死で、娘さんは放置されていた感も否めず…。

トイストーリーの展示やアトラクションの外観の雰囲気には興味津々でしたが、次回以降、子供自身がシューティングゲームを楽しめるようになるまでは、もう乗らなくてもいいかなと思いました。

19:00 お土産屋さんを覗く。
ダッフィーか、ステラ・ルーのぬいぐるみかポシェットを娘さんに買ってあげようと思っていたのですが、なんと、娘さん「いらないのー」と拒否…。
「ダッフィーちゃんとステラ・ルーちゃん、どっちがいい?」「ぬいぐるみさんと一緒におうちに帰ろう?」と聞いても、首を振るばかり…。

本人が欲しがっていないのに親の希望で買い与える必要もないかなと、何も買わずに帰りました。ダッフィーもステラ・ルーも、園内で見かけた時は目を輝かせて見ていたのに。なんでいらないって言ったんだろう…。

19:30 エントランスにあるゲストリレーションで落とし物を探してもらう。実は、この日、小さいダッフィーのぬいぐるみを持ってきていたのですが、途中で落としてしまいました。

お昼前に気が付いたらなくなっていたので、午前中に落としたことは確かなのですが、どこで落としたか覚えていないし、小さいものだし、きっとダッフィーの落とし物なんて山のようにあるだろうし、戻ってこないだろうなぁと半ば諦めていました。

キャストさんに「遺失物はどこで探してもらえますか?」と尋ねたところ、「エントランス付近にあるゲストリレーション1か所に集まります」と教えてもらったので、帰りにダメ元で寄ってみました。

落とした物の特徴(ダッフィーの小さいぬいぐるみ、ボールチェーンと安全ピンはを外している)、落とした場所(アメリカンウォーターフロント、ポートディスカバリー、ロストリバーデルタ、アラビアンコーストのどこかと広範囲)を伝えたところ…、なんと!拾ってもらえていたそうで、手元に戻ってきました。インディジョーンズ付近に落ちていたそうです。

小さなぬいぐるみなので値段はたいしたことないのですが、約10年前に買って、ずっと持っていたものだったし、結婚式ではウェルカムベアに使ったり、娘さんが小さい頃から泣き止ませグッズに愛用してきたもので、思い入れがあったので、戻ってきてとても嬉しかったです。

娘さんも「ダっちゃん、帰ってきたね!」と嬉しそうに抱きしめていました。(新しい大きなぬいぐるみは欲しがらないのに、古いものを大事にするなんて、なんて良い子なんだろう…)

この子です。娘さんに持っていてもらったのですが、気づいたら行方不明になっていました。戻ってきて本当によかった!

20:00 リゾートラインで舞浜駅へ戻り、娘さん用にコンビニでおにぎりを買って食べ、電車に乗ったらすぐにねんねで帰宅しました。家に帰ってもそのまま寝続けていました。

乗ったアトラクションは8つ。どれも待ち時間30分以内で乗れました。

■アトラクション
・エレクトリックレールウェイ(電車) 【15分待ち】
・アクアトピア 【15分待ち】
・ジャスミンのフライングカーペット 【15分待ち】
・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 【5分待ち】
・キャラバンカルーセル 【5分待ち】
・ヴェネツィアン・ゴンドラ 【25分待ち】
・海底2万マイル 【5分待ち】
・トイストーリーマニア 【FP】

■ショー
・マイ・フレンド・ダッフィー(ランチ) 【30分待ち】
・キング・トリトンのコンサート 【15分待ち】
・ビッグバンドビート【抽選で1階席の指定席が当選】
・ファッショナブル・イースターのショー【立ち見】
・ステラ・ルーのグリーティングドライブ【立ち見】

■キャラクターグリーティング
・ミッキーのグリーティングトレイル @ロストリバーデルタ 【40分待ち】
・グーフィーとマックスに遭遇 @ポートディスカバリー
・ミスターインクレディブル @ポートディスカバリー
・チップとデール @ポートディスカバリー
・謎の猿に遭遇 @ロストリバーデルタ

娘さんが楽しそうにしていたベスト3は、「マイ・フレンド・ダッフィー(ランチ)」「アクアトピア」「キング・トリトンのコンサート」かな。

アトラクション、ショー中に「怖い!嫌だ!」と泣いたり、途中で飽きてしまったものはひとつもありませんでした。

ここ1週間くらい、ショーの動画をYoutubeで予習していたのですが、家ではわりとすぐに飽きてしまって、オモチャで遊びだしたり、「アンパンマン みたいよー」とアンパンマンをリクエストしてきたので、ディズニーで「アンパンマン!」と泣き出したら困るなと少し心配していました。

生のショーは、スケールが全然違いますね。

娘さん、笑顔で集中して見てくれていました。

大人の私にとっても、やっぱり動画で見るよりも、実物のほうが100倍楽しかったです。

私が意識したこと、1歳の子供とディズニーシーを楽しむコツ

・待ち時間は子供にとって退屈。15分以上の待ち時間は厳しいと判断して、1つか2つに厳選する。

今回は、優先度が高かったベネチアンゴンドラ(25分待ち)、ミッキーとのグリーティング(40分待ち)以外は、待ち時間が15分以上のアトラクションは乗っていません。

・ショーも、待ち時間0で楽しめるものだけにする。

イースターのショーは季節限定イベントだし、座って見たかったんですけどね…。

ショーの待ち時間は、アトラクションの待ち時間と違って列の動きがないので、1歳児が待つにはより厳しいと判断しました。

旦那さんが場所取り、その間に私が娘さんとどこかで遊んできてショーが始まる直前に合流することも考えましたが、せっかく3人で初めてディズニーに来たんだから、3人で楽しむことにしました。

ランチのマイ・フレンド・ダッフィーは、30分待ちでしたが、娘さんがちょうど寝てくれたので、娘さんにとっては待ち時間0です。

・キャラクターグリーティングも、並んで待つのはミッキー1つに絞った。諦めも肝心。

ダッフィーとのグリーティング(常に60~90分待ちでした)、シェリーメイとのグリーティング(60分待ち)なども、事前計画では、優先度は高めでチェックしていたのですが、待ち時間を見てサクッと諦めました。

グリーティングに関しては、子連れだと、グリーティングスポット以外でキャラクターと遭遇したときに、優先的に話しかけてもらえて、写真も撮ってもらえます。

今回は、それで十分すぎるくらい満足できたので、長時間、並んでのグリーティングはしなくてもいいかなと思えました。

結論:シーもランドと同じくらい楽しい。赤ちゃんでも大丈夫!

シーよりランドのほうが、小さい子供向けかな?というイメージでしたが、シーもとても楽しかった!

歩けるようになった1~2歳の子供にとっては階段がたくさんある地形も魅力だと思います。景観が素晴らしいので、親も笑顔で散歩に付き合えます。

ディズニーがそれほど好きではない旦那さんも、帰りに「また来よう!」と言っていたのも印象的です。

娘さんは、まだ自分から「〇〇に乗りたい!」「〇〇が見たい!」ということはありませんでしたが、「もし話ができたら、なんて言うんだろうなぁ」、「何が1番楽しかったのかな?」と夫婦で会話を楽しみながら帰りました。

娘さんが、自分の意志で好きになるキャラクターやアトラクションの感想を教えてくれる日がくることが楽しみです。

あと半年後くらいかなぁ。

その頃にまた行きたいです。

<おわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする