初めてのアンパンマンミュージアム(1歳11ヶ月)

娘さん、1歳11ヶ月の春、旦那さんと3人で初めて横浜アンパンマンミュージアムに行ってきました。

事前準備はHPで開館時間、イベントカレンダーを見て当日のスケジュールをざっと知っておいたくらいで、予習はほぼしていません。 公式サイト ⇒

4月4週目の水曜日、平日なのにとても混んでいました!

平日はアンパンマンと一緒に写真を撮ることができる「お誕生日会」イベントがあって、先着40人なので、開館と同時に行こうかなと思っていました。

…が、開館時間の10時に到着では遅くて、既に受付終了でした。チーン。詳細は後述。

横浜駅までは電車で行きました。平日9時代の電車はなかなかの混雑。

交通手段は、横浜駅まで電車+徒歩。最寄駅は、みなとみらい線「新高島」駅 か 横浜市営地下鉄(ブルーライン)「高島町」駅ですが、どちらからも徒歩7分なので、乗り換えの手間と時間を考えたら、横浜駅から歩いたほうがいいかなと思い歩きました。横浜駅からは徒歩15分でした。

9時50分頃に横浜駅に着く電車で行きました。帰りは17:30頃に横浜駅を出ました。行きも帰りも、電車は通勤中の人で、ほどほどに混んでいましたが、抱っこ紐で寝てくれました。帰りは疲れて寝てくれると思っていたけれど、行きも寝てくれたのはありがたい!よかった!

1日のスケジュール。こんな風にすごしました。

9:50 横浜駅に到着
 横浜駅から徒歩でアンパンマンミュージアムへ。娘さんは抱っこ紐の中で寝ていました。

10:05 アンパンマンミュージアムに到着
 開館直後でちょうど列が動き出した頃に到着しました。平日なのにけっこう並んでいてびっくり。入場までに15分くらい並んだかな。入場待ちで並んでいると、途中で「本日のお誕生日会は受付を終了しましたー」という声が聞こえてきました。がーん。でも目の前で終了してしまったわけではなく、まだ列に20人くらい並んでいたので残念でしたがあっさり諦めがつきました。

10:20 入場。エントランスを入ったところで、食パンマンがグリーティングしていた!
 食パンマンが、子供たちと握手したり、ハグしている様子に娘さんより私が興奮!「食パンマン様だよ!行って来たら?」と声をかけるも、娘さんは緊張して?怯えて?近づくことができませんでした…。

10:30 アンパンマンのボールで遊ぶ
 食パンマン様は遠目で眺めるだけだった娘さん。隣のアンパンマンとバイキンマンのボールで遊べるエリアへ駆けていき、楽しそうに遊んでいました。

11:00 1階のやなせたかし劇場でアンパンマンと春のうきうきミニステージを鑑賞(約20分)
 アンパンマン、クリームパンダちゃん、ミミ先生の歌とダンスのショーです。15分前に入場して、ギリギリ後方の席に座れました。後方といっても全3列なのでとても近いです。開始10分前に座席は全て埋まり、それ以降に来た人は立ち見でした。でも、キャラクターは、階段を上がって後方まで来てくれる時があるので、後ろの席や立ち見でも十分楽しめると思います。

11:30 2階へ移動して、ふれあいタウンで遊ぶ
 ふれあいタウンには、ミミ先生の学校、SLマン、鉄火のまきちゃんのお寿司屋さん、天丼マンのどんぶり屋さんなどがあって、触って遊べます。大人には何てことはないように見えるものが子供にとっては楽しいんだろうなぁ。大人は、子供の写真を撮るのを楽しむ感じでした。

12:00 2階のキッズルームで人形劇の鑑賞(約15分)
 ふれあいタウンで遊んでいたら隣のキッズルームで人形劇が始まる時間になったので鑑賞しました。この日の人形劇は、メロンパンナちゃんのお話でした。特に凝った仕掛けがあるわけではない、ごく普通の人形劇でしたが、子供たちは目を輝かせていて、アンパンマンの力は偉大だなぁと思います。

人形劇が終わった後でいったん外に出ようと、1階に下りると、ミミ先生がいました。ふれあいタイム以外でも、定期的にキャラクターが現れるようです。でも、またしても娘さんはビビッて近づけず…(笑)。

12:20 ランチは1度外に出て、うどんちゃんの屋台でうどんを食べる
 館内に飲食エリアはないので、2階の再入場受付で手にスタンプを押してもらって、外に出ます。

ランチはうどんちゃんの屋台でうどんを食べました。娘さんは、お子様うどん(アンパンマンのどんぶり付きで850円)、大人は肉うどん(700円)をいただきました。味は普通でしたが、娘さん、テラス席から見えるアンパンマンキャラクターの旗や壁のイラストに喜んで、普段は残すワカメも完食していたので、満足です。

13:00 2階のキッズルームでふれあいタイム。ドキンちゃんとホラーマンに会いました
 12:45からのふれあいタイム、この日のキャラクターはドキンちゃんとホラーマンでした。順番にタッチやハグができます。目線をあわせて写真を撮る時間はありませんが、ハグとタッチは1人づつ、わりと時間をかけてしてもらえます。娘さん、午前中よりは慣れてきたのか、「嫌だ」と逃げ出すことはなかったものの、まだ軽くタッチだけで、ハグはできませんでした。

13:30 ミュージアムを再び退出、14時からのショーに向けて、モールエリアで旦那さんが席確保。30分前でステージ前から2列目の端っこを確保できました。

 端っこより真ん中の席が人気で、真ん中は10列目くらいまで埋まっていましたが、端っこなら30分前でも2列目が空いていました。個人的には、真ん中にこだわるより端っこでも前のほうがキャラクターが近くで見られてよいと思います。
席取りは、マットを貸してもらえるので、レジャーシートを持参する必要はなし。レジャーシートだと過剰に場所をとってしまう人が出てくるけれど、このマット貸出方式だと、1人あたりのスペースが決められるので、結果、多くの人が座って見られてよい制度だなと思いました。

旦那さんが席をとってくれている間、私は娘さんとショッピングモールをぶらぶら。絵本にぬいぐるみに靴におもちゃに…アンパンマングッズが沢山あって、退屈しません。

娘さんは、今日も物欲がなく、ぬいぐるみや絵本を見せて「これ欲しい?」と聞いても「いらないの」とまったく欲しがらなかったので、何も買いませんでしたが。楽しそうに手に取って見ているのに、なんで欲しがらないんだろう…。

14:00 ショッピングモールで「アンパンマンと笑顔で歌おうショー」を見る。
 ショーが始まる14時になると、モールの広場は人でいっぱい!アンパンマン、カレーパンマン、食パンマン、バイキンマンなど、キャラクターが勢ぞろいで、ドレミファアンパンマン、春が来た、サンサン体操を歌って踊ります。一体感があって、周りの子供たちはみんなニコニコで、盛り上がってました。このショーは、ライブの一体感が感じられて大人の私も「アンパーンマーン」と声を出して心から楽しめました(笑)

横浜近辺の育休中ママが、このショーを見るためだけに定期的にアンパンマンミュージアムに通っているという話を聞いたことを思い出しました。無料でこんなに楽しめるなら納得です。もっと近かったら私も何回も行きたい!

14:30 ミミ先生の学校で工作体験
 製作物は定期的に変わるようです。この日はアンパンマンのメダル製作でした。アンパンマンの鼻とほっぺを乗りでぺたぺた貼って、目と口を書いて完成!(午前と午後でも製作物の内容が異なるので午前も行けばよかったです。)

15:00 アンパンマン&ペコズキッチンでおやつ。ランチタイムは予約できなかったので、15時から予約していました。
 お昼時は待ち時間が大変なことになるらしいのですが、この日は15時だと予約なしでも10分待ち程度で入れたようでした。

10日早いけれど、バースデーパックを注文して、2歳のお誕生日をお祝いしました!

まだ誕生日という概念がわかっていない娘さんは、ポカンとしていましたが。

アイスクリーム、パンケーキ、ワッフル、苺のセットは、娘さんのおやつにちょうどよい量でした。(生クリームとチョコレートのプレートは、私が食べました。)

アンパンマンのケーキと一緒に記念撮影してもらえます。

14:30 3階のなかよしタウンで遊ぶ
 3階のなかよしタウンでアンパンマンの世界を再現したジオラマを見で遊びます。パン工場でパン作りごっこをしたり、アンパンマン号を運転したり、娘さん、とても楽しそうでした。

15:45 1階にアンパンマンが来ていました!
 娘さん、最初は近づくと「いやー」と仰け反っていたのですが、時間をかけて見ていたら、だんだん行けるかもと思ったのか、ついに!自分でアンパンマンに近づいて、ハイタッチをして、ハグまでしていました。モジモジしながらも、勇気を出して近づいていく過程を見て、ちょっと感激でした。

午前中は「やらないの」と言っていた滑り台にも挑戦できました。1回滑ってみたら楽しかったようで、その後、3回滑ってました。

最初は「いいの」「やらないの」といっていた滑り台、1回滑ってみたら、楽しかったらしい。すごい恰好で猛スピードで滑り落ちてきた。

16:00 2階のキッズルームでふれあいタイム。本日2回目のふれあいタイムは、ドキンちゃんと食パンマンでした。
 1回目のふれあいタイムで学んだことは、時間ちょうどに行って待つよりも、終わりがけの時間に行くほうが待ち時間が少なく、しかもキャラクターとじっくり触れ合えるということ。

15:45開始の回に16:00ごろ行ったら、最後のほうで、ゆっくり触れ合えました。ゆっくりできたのがよかったのか、アンパンマンとハグして慣れたのか、ドキンちゃんとも食パンマンとも、自分からハグできました!!表情はあいかわらず硬かったのですが、大きな進歩です。

キャラクターには、ニコニコ笑顔で自分から飛びついていく子、娘さんのように緊張して近づけない子と半々くらいだったかな。キャラクターとのふれあいにも個性があるようです。

16:30 1階のやなせたかし劇場でアンパンマンと春のうきうきミニステージを鑑賞(約20分)
 11時から見た1回目のミニステージと同じ内容です。空いていたのでもう1回見ました。

開始時間の直前に入ったのに、今回は最前列で見られました。手が届くほどの近さでアンパンマンが歌って踊っていて、ときどき目線を合わせてくれて、大満足のショータイムでした。

16時過ぎくらいから館内の人は一気に少なくなり、遊び放題になります。

といっても、遠方から参戦している我が家も、帰りが遅くなると電車も混むだろうしと、17:00頃、後ろ髪をひかれながら帰りました。

17:00 横浜駅まで歩いて向かい、帰路につく
 横浜駅まで徒歩15分。朝少し寝ただけで昼寝をしていなかったので疲れているだろうと「抱っこしようか?」と何度も声を掛けたのですが、「ありく!」と言って、駅までずっと1人で歩きました。

アンパンマンミュージアムを出てから駅までの帰り道が一番テンションがあがっていたんじゃないかっていうくらいハイテンションでした。1日楽しかったんだね。

そして、電車に乗ったらすぐに寝てくれて、通勤時間の車内で騒ぐことなく帰宅しました。

アンパンマンミュージアムで過ごす2歳の誕生日

お誕生日会イベントは本当に大人気!開館と同時に到着では余裕で間に合いませんでした。

当日受付のお誕生日会イベントはかなりの人気!定員40人はあっという間に埋まってしまうようで、10時に到着では全然ダメでした。私たちの前にまだ20人くらい並んでいる段階で締め切られたので、さくっと諦めがつきました。20人全員がお誕生日会に参加するわけではないと思いますが。

入場開始して早々に「お誕生日会は定員に達しましたー」の声が聞こえてきて、周囲からも「あら、残念…」という声が聞こえてきたので、開館前に列に並んでいる人はほぼお誕生日会イベント狙いだったのかもしれません。

公式サイトにも「開館前に並ぶことをお勧めします」といった記載がありましたし、他の人のブログでも「確実に体験したい人は平日でも9:30くらいに行った方がよい」という書き込みを見ていたんですがね。

9:30に到着するために、30分早く家を出ると通勤ラッシュの時間帯にかぶってしまうので、その選択肢はありませんでした。普段の通勤で混雑具合を知っているので、あの中に子連れで乗る勇気はありませんでした。30分ずらすと混雑度合はぜんぜん違います。

この平日のお誕生日会イベントの目玉は、なんといっても「アンパンマンとの記念撮影」ができること。ミュージアムに入館すれば、ふれあいタイムでキャラクターとの写真撮影はできますが、アンパンマンと並んでカメラ目線での写真撮影ができるのは、多分このお誕生日会だけ。無料だし、お誕生日の証明はいらないので、ざっくり誕生日付近の人はみんな参加したいイベントと思います。

ただ、後から考えると、うちの子の場合、午前中はキャラクターとの接触に怯えていたので、お誕生日会に参加できたとしても、たぶん笑顔の写真は撮れなかったのではないかと思います。ふれあいタイムでアンパンマンとハグしている写真も撮れたし、お誕生日会には参加できなかったけれど、残念度はそれほど高くありませんでした。

アンパンマン&ペコズキッチンでは、定員なし&予約不要でバースデーパックが頼めます

値段は一品注文+550円でした。

このバースデーパックはなかなか良かったです。内容は、ケーキ(イミテーション)にキャンドルサービス、デザートプレート、写真撮影、ハートの風船プレゼントでした。

ケーキのクオリティが高くて、写真栄えしましたし、ロウソクと火は本物なので、フゥーッとロウソクを消す体験ができます。

そして、ハッピーバースデーを歌ってくれたお姉さんの歌がとても上手でした!

家族の記念写真も嬉しかったです。

ただ、ハートの風船は普通の安っぽい風船にマジックで名前が書いてあるだけなので、正直いらなかったかな。その後、持ち歩くのにかさばるし。でも、娘さんが嬉しそうに持っていたので、家まで捨てずに持って帰りました。

店内を見ると、半分くらいの人がバースデーセットを頼んでいたような気がします。そこかしこでハッピーバースデーの歌が聞こえてきました。これは、お誕生日会イベントがすぐに満員になってしまうわけですね。

1歳から入館料1500円かかるけれど、まるっと1日楽しめます

無料のショッピングゾーンには来たことがありましたが、アンパンマンミュージアムに入館したのは初めてでした。

前回ショッピングゾーンに来た時は、無料でも見られるショーがあるし、ショッピングゾーンにもアンパンマンやキャラクターの仕掛けがたくさんあって、無料ゾーンだけで十分満足できると思っていました。

ミュージアムへの入館は、1歳から大人も子供も1人1500円の料金がかかります。1歳から1500円って、容赦ないなぁと思っていたけれど、実際に体験してみると、入館すれば丸一日楽しめるので高くないです。

有料ゾーンでできることは、展示を楽しむことに加えて、”間近でショーが見られる”ことと、”キャラクターと確実に握手やハグができる”ということ。

いったん入館すれば、ミュージアム内には、追加で課金が必要なアイテムが一切ないことも魅力的だと思いました。

モールで見られるショーは、無料とは思えない満足度

モールの広場で1日に2回開催されるダンスショーは、満員御礼で、すごい人!盛り上がっていました。

アンパンマンも食パンマンもカレーパンマンもキレッキレ。以前、ららぽーとで見たアンパンマンショーとは中の人のレベルが違いました(笑)。

アンパンマンショーは、YouTubeにもたくさんアップされているけれど、ショッピングモール系でやっているショーは、たまに中の人の動きが鈍いというか、音と動きがズレていたり、ヒドイ人がいるので、本場は違うなと感じました。

平日の昼間に、毎日こんなに盛り上がっている場所があるなんて、子供が居なかったら、きっと一生知らなかったんだろうなぁと思うと、不思議な気分です。

平日も盛り上がっているといえば、ディズニーもそうですが、ディズニーには老若男女いるのに比べて、アンパンマンミュージアムの盛り上がりは0歳~3歳くらいの子供だけなところが異空間!

ミュージアムの展示は、よくできているなぁと思うけれど、大人の私が心惹かれるものではありませんでしたが、ショーは別でした。ライブの一体感は気持ちがいい!私も子供たちと同じくらい大きな声で「アンパーンマーン」とコールして楽しみました。

また行きたい?

行く前は、正直、平日に休んで行くなら、アンパンマンミュージアムよりディズニーランドに行きたいと思っていた私でしたが、娘さんの笑顔がたくさん見られて、かなり満足度の高い1日でした。

ただ、家から1時間以上かかるし、1人1500円、家族3人だと4500円の入館料を払ってまたミュージアムに入りたい?と聞かれると、うーん…。家から近かったら無料のショーは何回でも見たい!でも、有料ゾーンは1回で十分かなというのが正直な感想です。

でも、1回は来てよかった!!

一体、子供は何歳までアンパンマンが好きなんだろう…。

アンパンマンが大好きになった1歳半~2歳頃が一番楽しめる時期なのかなぁ。

ミュージアムに入館している子、アンパンマン&ペコズキッチンでバースデーパックを注文していた子は、娘さんと同じくらいの大きさの子が多かったので、おそらく2歳のお誕生日付近の子が多かったと思います。娘さんより明らかに小さい子(=1歳の子)もちらほらいました。3歳以上のお誕生日の子もいたのかなぁ。娘さんより大きな子は少なかったような…。

来年、3歳の誕生日を迎える頃に、娘さんがまだアンパンマンが大好きだったら、次回は、お誕生日会に間に合うように9:30到着を目指そうかなと思います。

<おわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする