やってよかった!初めてのハウスクリーニング

「巣篭もり本能」や「巣作り本能」という言葉があるそうです。

出産が近づくと、家の中を好むようになり、いきなり身の回りの大掃除や断捨離がしたくなる現象のことだそうで、私も見事にこういった衝動にかられました。

産休に入って自宅で過ごす時間が長くなり、各所の汚れが気になるようになったからだと思っていましたが、動物の本能と知って、「へぇー」と納得です。

今のマンションに引っ越して5年。共働きを理由に、普段の掃除はかなり手抜きです。平日の掃除はルンバのみ!お風呂とトイレとキッチンは目立つ汚れがなければ週末のみ!大掃除は年に1回程度…。そろそろ、簡単には落ちないカビが目立つようになっていたので、赤ちゃんを迎えるにあたって、思い切って、専門業者にハウスクリーニングをお願いしました。

今回の依頼内容は、

・水回り5点セット(キッチン、換気扇、風呂、トイレ、洗面所)

・エアコン清掃、室外機清掃

で、それぞれ違う業者にお願いしました。

結果、”新築のように…”とまではいかないけれど、ピカピカになって、大満足です。

作業は、有名な大手業者ではなく、地域の個人事業主さんに依頼しました。

業者の探し方と実際に作業してもらった内容についての記録です。

料金相場と業者の探し方

これまで、ポストにハウスクリーニングのチラシが入っているのを見たことはあったけれど、本気で検討したことがなかったので、まず最初に調べたのはハウスクリーニングの作業内容と料金相場について。「〇〇(住んでいる場所) ハウスクリーニング」等のキーワードで検索して調べました。

■大手のハウスクリーニング業者のサイトで料金相場をチェック

全国展開しているダスキン、おそうじ本舗や、家事代行で有名なベアーズなどのサイトをチェック。ダスキンは老舗だからか、値段が高いので早々に候補から外れましたが、どの業者もおそらくいつでも何かしらのキャンペーンをやっていて、キャンペーン価格で相場は、

・浴室 15000円~
・キッチン 15000円~
・水回り5点セットだと、35000円~
・エアコン・室外機で、10000円~

といったところ。

最初は、特に汚れが気になっていたキッチンと浴室の2か所と、赤ちゃんが長い時間を過ごすリビングのエアコンの3点をお願いしようと思っていました。

ですが、浴室とキッチンの単品セットより、トイレ・洗面所・換気扇を加えた水回り5点セットでキャンペーン金額を設定している業者が多く、そっちのほうがお得そうだったので、水回り5点セットをメインで見ました。

■個人事業主のハウスクリーニングをピックアップ

料金相場がわかったところで、地域に根付いた個人事業主をピックアップ。「くらしのマーケット(⇒)」というマッチングサイトを利用し、今回の業者さんはここから依頼しました。

このサイトでは、郵便番号と依頼したい作業内容を入力して、自分が住むエリアに来てもらえる業者を絞り込みできます。

料金順、口コミ数順、口コミ評価が高い順に並び変えられるので、まずは、料金順に並び変えて、最安値と最高値をチェックしました。最高値は上記の大手業者より高いところもありましたし、最安値は大手業者の半額以下というところも。

ただ、安ければ安いほどよいというわけではなく、いくら安くても口コミ件数が少ない業者は不安なので、次に、口コミ数順、口コミ評価順に並びかえて、”何件くらい口コミがついていれば安心できそうか”、”評価は何点くらいから高いと言えそうか”を見ます。

何社か詳細まで確認して、一定数の口コミ件数があって、口コミ評価点数が上位で、料金がリーズナブルな人を選びました。このあたりの基準は完全に個人の感覚です。

私のチェック観点は、口コミ評価の詳細は、高評価はざっと見る程度。低評価を付けている人がどんな点を評価していないかをじっくり読みます。例えば、★1を付けている理由が「インフルエンザで前日に突然キャンセルされた」であれば、仕方がないと思うので気にしません。

それから、作業者の顔写真とセールスポイント、ブログの文章を読むと、なんとなく担当者の人柄がわかるので、信頼できそうな人(真面目そうな人)を選びました。あくまで私の感覚なので当たっていたかは謎ですが…。

大手の業者だと、作業はマニュアル化されていて、利用する洗剤や道具も保証されているかもしれませんが、どんな人が担当してくれるかによって当たりハズレが出ると思います。一方、個人事業主で「下請けは使いません」と明記している人であれば、事前に人を選べる点がよかったです。

そうして選んだのが、

・水回り5点セットで、25000円
・エアコン清掃に室外機清掃のオプションを付けて、6750円、

どちらも交通費等は不要(駐車場がない場合、パーキング代は利用者負担)でした。

一般的な相場価格より、かなりリーズナブルに作業をしてくれる方が見つかりました!

実際の作業内容と、感想に続きます。

①水回り5点セットのハウスクリーニング

水回り5点セット(キッチン、浴室、トイレ、洗面所、換気扇)で所要時間5時間、25000円でした。当初、依頼しようと考えていたキッチンと浴室の2点での予算は3万円だったので、トイレ、洗面所、換気扇もついて25000円は格安だと思います。

推定50代の男性が1人で、朝9時から5時間作業をしてくれました。

事前の想定作業時間は6~7時間だったので、我が家はそんなに汚くなかったのか!?

当日の流れ

9:00 到着

9:15 作業開始

・床や食器棚にビニールのカバーをつける

9:30 浴室、キッチン、換気扇の清掃

・浴室に洗剤を塗布し放置
・キッチンのシンク、IH、換気扇の清掃
・浴室の清掃

13:00 洗面所、トイレの清掃

※キッチンと浴室が終わった時点で3時間半経過していたので、このペースだと何時に終わるんだろう…と思いきや、洗面所とトイレはサクッと終わった。

14:00 作業終了、料金の支払い

14:10 撤収

感想

50代の男性が1人で来て、お昼休憩もとらずに長時間テキパキと黙々と作業してくれました。事前に読んだ口コミ通り、真面目そうな人で、おしゃべりはほぼなし。想定作業時間は6~7時間となっていましたが、5時間で終わりました。汚れ具合(=作業にかかった時間)によって、金額は変わらないので長い時間掃除してもらえたほうがお得なんじゃと思ってしまう貧乏性な私…。

浴室清掃のオプション”エプロン内部の高圧洗浄”について質問した時に、「表側は通常プランに入っているし、裏側は高圧洗浄をしても落としきれない箇所があるからおすすめしない」と事実を教えてくれたこと、「今後のハウスクリーニングのお勧め頻度は?」の質問にも、「綺麗に使ってみえるので、2年に1回くらいでいいかと思う」と商売っ気がなかったところも好感度アップにつながりました。

小物類は対象外と明記してあったので、事前に片づけておいたのですが、お風呂の椅子の汚れを見せて、「こういう汚れってどうやって落としたらいいですかね?」と質問したら、「小物は別料金で+2000円だけど、やりましょうか?」と言われたので、「そうですか…、うーん…」と悲しい顔をしたら、「その椅子だけでよかったらサービスでやりますよ」と椅子も綺麗にしてくれました。洗面台の陶器の歯磨きスタンドも、小物なので対象外だとわかっていながら、そっと置いたままにしておいたら、水垢が固まっていた汚れを落としてくれていました。ありがとうございます!!

仕上がりに関しては、お風呂は鏡のうろこ、排水溝の奥のカビが綺麗になって満足!壁の端に若干、落ち切っていないカビがあったけれど、これは限界とのこと。

キッチンは、シンク周りの細かい汚れがなくなっていました。赤ちゃんは、シンクで沐浴予定なので綺麗になって嬉しい。

IHなのでコンロ周りの汚れはあまりなかったし、換気扇も家で揚げ物をしないからか、あまり汚れていなかったとのこと。トイレも掃除が簡単にできる内部に汚れが溜まらないタイプの便器なので汚れは外側のみで綺麗でした。その代わりなのかな、対象外のはずのキッチン背面の戸棚と各所の床が綺麗に磨かれていました。

初体験なので比較対象はありませんが、料金、作業内容ともに大満足です。

破格の理由は、1人作業故の拘束時間の長さ(想定6~7時間)かなと思います。他社だと、水回り5点セットは作業者2人で3~4時間程度のところが多かったので。

私は今回、作業していただいている間、別室でくつろいでいたし、産休中で時間があったので拘束時間の長さは全然問題ありませんでした。

②エアコンと室外機のハウスクリーニング

次に、エアコン+室外機の清掃について。こちらは所要時間1時間半、6750円でした。他社はキャンペーン価格で約1万円(室外機は別料金)が相場だったので、これも格安だったと思います。

推定30代の男性が1人で、作業をしてくれました。時間は、事前の想定通りの1時間半でした。

当日の流れ

10:10 到着、準備

・周辺にビニールの保護カバーをつける

10:20 作業開始

・エアコンの高圧洗浄

・室外機の高圧洗浄

11:30 作業完了、料金の支払い

11:50 撤収

感想

推定30代の男性が1人で作業をしてくれました。

仕上がりに関しては、水回りの清掃のように見た目では変化がわからず、エアコンの使用感も違いはわからないと思うので、どのくらい効果があるのかは正直不明です。

敢えて言うなら、高圧洗浄で出た汚水(真っ黒!)でこんなに汚れてたのか…とわかったくらい。買ってまだ3年のエアコンなのにカビと汚れで真っ黒にだったよ!

今回、清掃の効果に満足したとよりも、色々と聞けた話がとても勉強になりました。リビングでの作業だったので、会話が弾み、ハウスクリーニングについて、ざっくばらんに色々と聞けました。コミュニケーション能力の高い方で、私の質問に丁寧に答えてもらえたことが満足感につながっています。

以下、聞いたことです。

Q:なんでこんなに安くサービスしてるの?
A:破格の理由は、1人での作業で下請けを使っていないのでマージンがかからないこと。自宅から30分以内の移動時間がかからないエリアでの作業しか受けないこと。エアコンは1家に平均2~3台あって、1回で複数台の依頼が多いので、1台当たりの単価を安くしても1度に複数台の予約が入ることが多いから。
我が家の依頼は、リビングの1台のみでした。効率悪い客ですみません…。

今回、予約時点では作業開始時間は午前中(9時~11時)としか決まっておらず、作業開始時間が10時前後と確定したのは前日夜でした。このあたりも格安の理由につながっているのだと思います。1日で最大3件程度の予約を入れているそうです。

Q:大手業者との価格の違いは?サイトで作業内容の詳細を見ると同じようなことをやっているように見えるんだけど。
A:エアコン清掃の手順はどの業者でもほぼ一緒。自分は、個人での仕事以外に某有名電気屋さんの下請け作業もやっているが、作業内容に変わりはない。金額の違いは、大手業者だと広告宣伝費や下請けに払うマージンが余計にかかるからでは。

Q:使う洗剤の質や道具は、価格の差につながっている?
A:ハウスクリーニングで使う道具や洗剤の質に大差はなく、仕入れ量によって、多少単価が変わるくらい。洗剤は、プロ仕様だけど、ネットで買えるので一般人も入手可能。でも一般人が使いこなすのは難しいと思う。そこが技術の差で価格の差につながるのかなぁ。

Q:技術の差って具体的にはどんなこと?
A:薬剤の配合や放置時間など。強力な洗剤を使うので、間違った使い方をすると設備を痛めてしまう。エアコンの高圧洗浄も、水をかけていい場所とダメな場所があって、ダメな場所にかけたらエアコンが壊れてしまうことも。

Q:年間を通して、清掃価格が安くなる時期は?
A:エアコンは冬のシーズン終わり(3~4月)が安い時期。夏の使用前(5月~6月)と12月の半値程度で作業をしている。
個人での「くらしのマーケット」への出店は、価格を随時変動できるので、予約状況の他、気候や他社の価格を見てこまめに見直している。
4月末にサイトを見てみたらエアコン清掃はどの業者も1ヶ月前に私が予約した時より値上がりしてました。

Q:業者を選ぶコツは?
A:うーん、自分で色々と試してみるしかないかなぁ。

Q:「くらしのマーケット」というサービスはいつからあるの?手数料はどのくらいとられるの?
A:サイトは5年前くらいからあって、手数料は価格の20%、ただし1万円以下の場合は一律2000円。
今回、私が支払った6750円のうち、作業者に渡る報酬は4750円(サイト運営者に2000円)かぁ。移動時間も含めて2時間程度は作業にかかっていると思うので、エアコン1台のみの依頼が続くと厳しいんだろうなと思いました。

以下、我が家のことです。

Q:普段のお手入れでのアドバイスありますか?
A:リビングに設置しているエアコンは、使わない時期はエアコンカバーをかけたほうがよい。調理時の蒸気を吸い込んでカビにつながるから。カビを100%防ぐことはできないから、匂い対策として固形のファブリーズをエアコンの上に置いておくとよい。

Q:これからエアコンを買うならどんなタイプがおすすめ?やっぱりお掃除機能付きがいいの?省エネ機能はまだ進化している?
A:お掃除機能付きエアコンでもカビは生えるので清掃は必要。お掃除機能付き=お掃除不要ではないので、あまりお勧めでない。エアコンの省エネはもう各社しつくしたのでは?5~10年前の機種と現在の機種で大幅な改良ないんじゃないかな。

Q:エアコン清掃のおすすめ頻度は?
A:防カビコーティング(今回はやっていない)をして、2年に1回程度がおすすめ。

結論:是非また依頼したいほど、やってよかった!!

水回りもエアコン清掃も、頻度は2年に1回くらいで良いと言われました。「半年に1回!」とかもっと高頻度を勧められると思っていたので驚きました。2年に1回で、約3万円のコストだったら、是非また頼みたいです。

その他に調べたこと)ハウスクリーニングと家事代行の掃除サービス

今回、ハウスクリーニングではなく、家事代行サービスでの掃除も検討しました。

具体的には利用登録した「タスカジ」で掃除を依頼した場合。

家事代行サービスとハウスクリーニングの違いは、下記かなと思います。


①洗剤・道具の準備
・家事代行サービス:自宅にある洗剤、道具を使う
・ハウスクリーニング:業者が持参した洗剤、道具を使う

②料金体系
・家事代行サービス:時給制で可能な限り依頼された場所を掃除
・ハウスクリーニング:時間に関係なく決められた場所を作業が終わるまで掃除

③価格
・家事代行サービス:タスカジの場合、3時間が最低時間で料金は約6000円なので1時間あたり約2000円(交通費、道具・洗剤代が別途必要)
・ハウスクリーニング:今回依頼した業者の場合、2者とも時間単価にすると1時間あたり約4~5000円(交通費は不要)

④その他のPRポイント、ウリ
家事代行サービス:日常の掃除に加えて、整理整頓や収納アドバイスもしてくれる
ハウスクリーニング:プロ専用の洗剤や道具、技術力で汚れを徹底的に綺麗にする

⑤利用のイメージ
家事代行サービス:月数回、定期的に日常の掃除をしてもらう
ハウスクリーニング:1~2年に1回、徹底的に掃除をしてもらう


胸を張って主張できることではありませんが…、私だけでなく夫も、多少、家が汚れていても、散らかっていても、気にしないでいられるタイプなので、定期的に家事代行で掃除をしてもらうより、2年に1回、ハウスクリーニングを依頼するのが我が家には合っていそうです。

自分か夫のどちらかが、綺麗好きで常に家は綺麗にしていたいタイプだった場合には、家事代行の掃除サービスのほうが良いと思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク