【生後6か月~2歳】離乳食のこと

生後6か月になる1週間前から離乳食を始めました。

1歳10ヶ月頃に幼児食に進むまでの記録です。離乳食本などでは、1歳半ごろから幼児食にと書いてあることが多いので、我が家は少し遅めだったと思います。歯が生え揃うのが遅かったためです。

<5ヶ月前半~>準備期間 

・スパウトで白湯とミルクを飲む(5m5d)
 これまで哺乳瓶しか使ったことがなかったので、スパウトを使って水分を取る練習を開始。白湯は美味しくなかったのか、進みがよくなかったので、中身をミルクに変更したらすぐにゴクゴク上手に飲むようになった。

・スプーンの練習。ほうじ茶を飲む(5m19d)
 1日に1回程度、スプーンでお茶を飲む練習を開始。これまでミルクと母乳以外のものを口にしたことがなかったので、ほうじ茶でお茶デビューしました。4ヶ月後半にも1度、スプーンでお茶をあげたことがあるけれど、その時は完全拒否で、一旦あきらめていましたが、今回は顔をしかめながらも、泣かずになんとか、ごっくんしてくれました。

<6ヶ月直前~7ヶ月半ば>離乳食開始 ゴックン期・1回食

・離乳食はじめました(5m25d)
 嫌がることも、喜ぶこともなく、黙々と毎日完食。スプーンを口にもっていくと自分で口を開けてくれます。

・野菜、果物、たんぱく質(豆腐、魚)…と教科書どおりの量と内容で進めています。

・初めて食べる食材は口に入れた瞬間、「何これ?」「これ食べたことない?」という顔する。わかるんだねぇ。


悩み:特になし

便利だったもの:マグカップで作るお粥、シリコンのスプーン

・マグカップで作るお粥は、少量が簡単に作れて楽でした。
①お米大さじ1と水150ccをマグカップに入れて30分くらいふやかす。
②蓋つきの鍋に①をマグカップごと入れて、鍋の中にマグカップの半量くらいまで水を入れる。
③鍋に蓋をして火をかけ強火で沸騰させる。沸騰したら弱火で20分くらい加熱する。
④火をとめて20分くらい蒸らす
⑤完成!

・シリコンスプーンはペースト状の離乳食を最後まできれいに食べさせてあげるのに便利でした。

好きなメニュー:特になし、好き嫌いなくなんでも食べます。お粥より野菜や豆腐のほうが食いつきがよい。

<7ヶ月半ば~9ヶ月半ば>ゴックン期~モグモグ期・2回食

・2回食スタート(7m16d):1回目は8時頃、2回目は16時頃。
 このタイミングで、素材そのものの味から、出汁を使うようにする。出汁は昆布だしからスタート。肉(ささみ)、小麦(うどん)も開始。

・離乳食を食べながら笑顔が見られるようになってきた。食べるのが上手になり、口から溢すことが減ったし、モグモグと口を動かしてごっくんと飲み込む。大人が何かを食べているとニコニコして口を動かす。大人の食べ物に手を伸ばしてきたり、欲しがる様子はない。

・離乳食の量が順調に増えてきて、卒乳しました(8ヶ月)

・食事スタイルの変更:8ヶ月を過ぎて、腰がしっかり座ってきたので、ずっと膝に抱っこで食べさせていたのを止めて、自分で床に座った状態で食べてもらうようにした。集中力が切れると動き出すし、両手が自由になるので途中から口に指を入れたり、器やスプーンつかもうとしたり、私も娘さんも服が汚れる。床も汚れる。

・自分でスプーンを持ちたがるので、食べる用のスプーンとは別に、手に持たせる用のスプーンが必要になる(9ヶ月)


悩み:食物アレルギーと便秘。お茶をあまり飲まない。

・離乳食を始めてから肌荒れが気になるようになり、小児科を受診。血液検査の結果、卵アレルギーがわかりました。
 ⇒【生後7か月~2歳】食物アレルギーの経過 ~卵アレルギー克服までのこと~

・離乳食を始めてから便が硬くなり、排泄時に泣くようになりました。小児科で便秘薬を処方してもらい改善。
 ⇒【生後0か月~2歳】便秘対策のこと

・お茶をあまり飲まなくて、そのせいで便秘が悪化していたような気がします。便秘薬で便秘が解消したのでお茶の無理強いはやめました。

便利だったもの:マグカップで作るお粥(5~7倍粥)、フリージング

好きなメニュー:みかん。ご飯よりおかずが好き。

<9ヶ月半ば~11ヶ月>モグモグ期・3回食

・3回食スタート(9m19d):7時半、11時半、16時の3回。
 このタイミングで離乳食に調味料での味付けをはじめました。塩少々、醤油数滴、味噌少々などです。

・食べる量が増えてきたのでお粥はマグカップから炊飯器へ。
 一合の米を二合の水で炊くとちょうどよい。

・パンの掴み食べをマスター(10m25d)
 パンを渡すと握って潰したり、ちぎったりしていたのが、自分で口に運んで食べるようになった。ちぎってこねてのパン粉つくりから進歩!

・いただきます!ごちそうさま!というと手を合わせる
 最初は私の真似をして手を合わせていたのが、次第に、ご飯を運ぶと「いただきます」の掛け声の前に手をあわせるようになり、「ご飯たべる?」という声掛けでも手を合わせるようになった。「いただきます」と手をあわせるとご飯が食べられるということを学習したのかな。

・歯が生えたのは遅めでした。
 初めての下の歯が見えた(11m5d)、2本目の下の歯が見えた(11m23d)

・食事はリビングで食べます。
 食事は3食とも大人とは別で、リビングで食べさせています。今は食べることは楽しいことだと知ってほしいので、行儀が悪いかもしれないけれど、特に注意せず、つかまり立ちをしながら、ちょこちょこ移動しながら食べることをOKにしています。吐き出したり、食べこぼして汚したりはしないので私の片付けも楽です。掴み食べは、まだパンのみです。


悩み:適量がわからない。お茶をあまり飲まない。
・毎回、用意した量を大きな口でパクパク食べて、最後の一口が終わるとご機嫌でごちそうさま。足りない!と泣くこともなければ、残すこともない。適量なのか?ちゃんとお腹いっぱいになってるのか?謎です。
・お茶を飲もうと誘ったり、私が美味しそうに飲んで見せても効果なし。無理強いは疲れるので対策は諦めました。その後、1歳2ヶ月頃に牛乳を飲み始めたタイミングで牛乳をよく飲むようになりました(夏になって喉が渇くようになったのかもしれません)。

便利だったもの:炊飯器で野菜を蒸す、蒸しパン、パンの耳でフレンチトースト(大人)

・大人のご飯を炊く時に、炊飯器でにんじん、さつまいも、大根などの野菜をアルミホイルで包んで一緒に炊く。驚くほど柔らかくなって、離乳食にぴったり。炊きあがった野菜は刻んでフリージングしていまいた。

・蒸しパン作りにはまる(私が)。果物や野菜を入れればバリエーションも豊富だし、持ち運びもできて、お出かけ時のランチやおやつにもちょうどいい。何より、作るのが簡単で、便利!⇒ 参考にしたのはこのレシピ

・娘さんが食べ残した食パンのミミでフレンチトースト作ったら美味しかった。1週間分のミミをまとめて週末に旦那さんとフレンチトーストを食べるのが日課でした。⇒参考にしたのはこのレシピ

好きなメニュー:なんでも喜んで食べる。ご飯よりおかずが好き。果物も好き(特に苺)。

<1歳~1歳1ヶ月>手掴み食べ開始、自分でスプーンに挑戦

・1歳を機に、食事場所をリビングのローテーブルからダイニングテーブルに変更。
 椅子に座って食べるようにする。

・気が向いたときにちょこちょこストローを試していたら、いつのまにかストローでお茶が飲めるようになっていた!でも口からお茶を吐き出して遊ぶ。(1歳)

・手掴み食べの練習スタート(1歳)
 家では、1食1品は手づかみ食べメニューを入れるように心がける。朝は、パンと果物、夜は、おにぎらず、鶏団子など。
保育園でも掴み食べやスプーンを保育士さんが一緒に握って食べる練習をしてくれているらしい。

・スプーンの練習も開始。(1歳1ヶ月)
 スプーンにご飯をすくって乗せてあげると、自分で口に入れて上手に食べる。

・まだ歯が生え揃っておらず、自分では噛み切れないので、お肉も野菜も小さく切ってあげている。離乳食本の例より小さめに切ってあげないと食べられない。(離乳食の進め方は、月齢ではなく歯の生え具合に応じてでOKとのこと)

・1歳を機に夜の歯ブラシを始める。嫌がらないけれど、私がし忘れてしまう日もある。

・食べられるものが増えてきた。
 この時期に初めて食べた食材:牛乳、生野菜(ミニトマト)、チーズ、牛乳、えび、キウイなど。「1歳からのカレーの王子様」でカレーも食べた。


悩み:メニューがマンネリ化
・ドロドロのすり潰した状態の食材にお出しと少しの調味料で味付けをしていた頃は、メニューを考えるのも楽でしたが、ご飯らしいご飯を食べるようになってきてからは、メニューがマンネリ化していました。野菜スープと野菜ハンバーグの繰り返しだったような…。

便利だったもの:野菜スープ
野菜を細かく刻んでコンソメ味と和風だしの2種類をフリージングで常備。野菜がたくさん採れるし、片栗粉でとろみをつけてあんかけにして魚やハンバーグにかける、ごはん、うどん、パンなど何にでもあわせられるのでほぼ毎食、使っています。。

好きなメニュー:なんでも喜んで食べるけれど、選り好みがはじまった?!時々、べーっと口から出すことがでてきた。果物が好き(特にブドウ)。

<1歳2ヶ月~1歳4ヶ月>好き嫌い?食べムラが出てきた。

・粉ミルクを卒業(1歳2ヶ月)。
 牛乳がしっかり飲めるようになりました。保育園ではコップで牛乳を飲むそうです。家ではストローマグを使っています(溢されたくないからという私の事情で…。)

・好き嫌いが出てきた。嫌いな野菜(具体的にダメな野菜があるわけではなく、その日の気分で変わるらしい)は食べない。特に大きめの野菜が苦手。小さく刻んで豆腐やご飯に混ぜるとOK。前はなんでも大きなお口を開けてパクパク食べてくれていたのに、ちらっと見てあまり好きなものでないとわかると「あーん」と言っても口を開けない。好きなものと混ぜると食べる。白米も単体ではあまり進まないので、家では混ぜごはんばっかりになってしまう。

・保育園では白いごはんだけでも、大きめの野菜も全部残さずに食べるらしい。好きなものから食べるので野菜は最後に残るようですが。なんとまぁ。「家だと甘えてるんじゃないですか?」と。まぁ、保育園で食べるということは、食べられない訳ではないのでいいか。

・食べムラ?初めてご飯を残した(1歳2ヶ月)
食欲に波があり、ご飯を残す日が続いたかと思ったら、1週間後にはまたモリモリ食べる様になった。

・保育園では一人でスプーンで上手に食べられるようになってきているらしい。(家では汚れるのが嫌で、おかずや汁物はなるべく私が食べさせている)

・外食で取り分けができるメニューが増えてきた。一番よく利用したのは丸亀製麺。うどん大盛で取り分けると量がちょうどいい感じ。家でも、うどん、たこ焼き、お好み焼きなど、大人と同じメニューの夕食が食べられるようになってきた。(1才2ヶ月)

・下の歯が4本ほぼ生え揃う(1才4ヶ月)
離乳食は、まだ後期メニューのまま。そろそろ潰したり細かく刻むのをやめたいけれど、なかなか進まない。


悩み:接触性皮膚炎
 保育園の給食は手づかみ食べがメイン。食後に口の周りが赤くなってしまうことがあるそうで、痒そうにしていることもあるそう。(家では汚れるメニューは、手づかみさせていないので発症なし)。小児科を受診したところ、接触性皮膚炎と診断される、なるべく顔に食事がつかないようにしてもらっていました。また、食事の前にプロペトを塗ってもらい顔を保護してもらっていました。

便利だったもの:鶏肉のハンバーグ
自宅の夕食は、鶏肉のハンバーグが定番でした。細かく刻んだ野菜、ヒジキ、豆腐などを入れて1品で色々食べられるし、フリージングしておけば帰宅後の準備も楽ちん。色々と混ぜすぎ感は否めないけれど、これだと完食してくれるし、ケチャップ、みそ、しょう油、チーズとソースを変えて味の変化もつけられる。

好きなメニュー:納豆ごはん。トウモロコシ。果物が好き(特にブドウ)。
トウモロコシが大好き、一人でキレイに食べて、芯までしゃぶり尽くす。片付けようとすると泣きます。トウモロコシを渡すと、少量でかなりの時間が稼げるので大人の夕食準備時にちょうどいい。

<1歳5ヶ月~1歳8ヶ月>1人でスプーンを使って上手に食べられるようになりました

・友達と会ったときに、友達の子(ほぼ同じ月齢)が1人で上手にご飯を食べている姿を見て、感激。何が感激かって、食べさせる手間がかからないのと、子供と一緒に自分も食事が楽しめていたところ!(洋服や机の上はかなりの惨事になっていましたが…)
これまで、部屋や服が汚れると片付けが大変だという私側の理由で、自宅ではパンや果物を除いて、基本的に私がスプーンで食べさせていましたが、娘さんも家で一人で食べる練習を始めました。

そしたらビックリ、撒き散らされることを覚悟していたけれど、かなり上手に食べられるようになっていたのです。保育園のおかげですね。初めて自分でスプーンを使ったときには、スプーンでスコップのように食べ物掘って周りにまき散らしていたことを思うと、すごい進歩です!

1人で食事デビューしてからは、娘さんに先に「いただきます」をしてもらって、ごはん中に私が自分のごはんを準備して、2人で一緒に夕食を食べられるようになりました。

・スプーンが上手に使えるようになり、豪快にこぼすことがなくなったので、朝ごはんも夕ご飯も家族で一緒に食べられるようになった。(1歳5ヶ月)
 介助がほとんどいらなくなり、とても楽になった。食いしん坊なので、溢すと食べられる量が減ってしまうことがわかるのか、ほとんど溢さずに食べてくれます。

★基本的には自分でスプーンで食べたいけれど、時々「ママ!(食べさせて!)」とお皿を渡してきます。最後にお皿にちょっと残った物をキレイに食べさせて欲しいみたい。食べ物を無駄にしないのは、よいことです。廃棄はほぼナシ。お皿からこぼれたお米も一粒も残さずに拾って食べます。食い意地が張っているだけ?私が食べ物を捨てるのが嫌いで、家では落とした物も食べている姿を見ているからか…。食べ物を無駄にしないところは娘さんの長所の一つだと思っています。

・ご飯は自分でスプーンを使いたいときと、食べさせてほしい時があり、見極めが難しいです。見誤ると泣いて抵抗してきます。(1歳6ヶ月)

・外食時、お店を選べば取り分けのみでOKになってきたので、ベビーフードを持ち歩く手間がなくなった。(1歳5ヶ月)
 取り分けで色々なものが食べられるようになってきたけれど、大人のご飯には手を出そうとしない。助かる。自宅でも家族3人で同じメニューが食べられるようになってきたので、休日のランチはうどんか炒飯、夜ご飯は、鍋が定番でした。

・外出先や電車で愚図った時の必須アイテムがオモチャでなく、お菓子になる。小分けになったお菓子を持って行かないと大変。(1歳5ヶ月)
 お菓子でつるのはどうなんだろう…という思いも最初はあったけれど、そんなことは言っていられなくなった。まずは静かにしてくれることが大事。

・食べムラは引き続きある(1歳5ヶ月~8ヶ月)
 なかなか食べ終わらない日(時期)もあれば、何でもさくさく食べてしまう日(時期)、朝起きてすぐや夜寝る直前にお腹が空いて「ナナ!(バナナ)」とバナナを要求してくる日があります。


★苦手なものを食べさせるのに有効だった方法(①~③の順で効果がありました)

①「食べないなら、ママがもらっちゃうよ」と奪って食べる真似をすると、かなりの確率で「ヤダー」となり口を開ける。単純でかわいい。

②好きな食材の下に隠して口に運ぶと食べる。組み合わせ的に微妙ですが、ヨーグルトやミカンの下に野菜を置いて食べさせると食べる。(野菜に気が付くと食べないことも…)

③愛用していた食器の内側にプーさんの絵がついています。「〇〇を食べたらプーさんに会えるよ~」、全部食べたら「綺麗に食べられたからプーさんが出てきたね!」と声かけをしたら口を開けて食べてくれました。


・野菜はミニトマトが大好き。カボチャ、ニンジンはまぁまぁ食べる。その他は微妙。肉もあまり食べない。

・新しいメニュー、馴染みのないメニューは最初は食べない。

・スプーンで机を叩いたり、ひたすらご飯を混ぜたり、遊び出すこともでてきた。無理強いしても食べないとイライラするので、私はさっと切り上げる。旦那さんはけっこう頑張るタイプみたいで「野菜も食べようよー」といって無理やり口に入れてぺっと吐き出されたりしてる。

・ケーキを見るのが好き。お店でもケーキのケースの前で立ち止まって「ケーキ!」と指差してガン見。ただし、大人のケーキを欲しがることはないので、まだ今は見るのが好きなようです。可愛い見た目が好きなのかな。女子だなぁ。

・卵アレルギーの負荷試験が終わり、卵解禁になる(1歳8ヶ月)
 パンケーキ、ドーナツ、パン、天ぷら、コロッケ、ハンバーグなど火が通っているメニューは自由に食べてOKになる。回数も量も自由。ゆで卵、卵雑炊、薄焼き卵、かきたま汁、茶碗蒸し、プリンもOK。1か月後からはスクランブルエッグやマヨネーズ、その他の卵料理も解禁、半年後から半熟卵も食べてOKとのこと。卵が食べられるようになり、外食時にとりわけできるメニューも増えました。 
【生後7か月~2歳】食物アレルギーの経過 ~卵アレルギー克服までのこと~


悩み:大きめの野菜や噛んで食べるお肉が苦手
 月齢的にはもう移行食で大きめの野菜や噛んで食べるお肉も食べていく時期なのだけれど、なかなかステップアップしません。まだ奥歯が生えていないので、仕方がないかなと思う。
野菜はトロトロに煮込むか、ごはん、豆腐、カボチャなどと混ぜないと残してしまう。ご飯も白ごはんだと食が進まないので、雑炊率が高い。汁物、一口サイズのおかずは1人でも食べるけれど、お肉はミンチ系(ハンバーグや肉団子)でないと食べない。

便利だったもの:ランチョンマット
ベネッセのキャンペーンに応募してもらった食育ランチョンマットがお気に入りでした。プリントされている食材を指差して「アップル!」「もち!」「ラーメン!」と楽しそうにしていました。野菜のイラストを指差して「ブロッコリーだね、みりんちゃんも食べようね」と食べさせるのにも使えました。

好きなメニュー:豆(納豆、枝豆、大豆)、果物(梨、ブドウ、みかん)、牛乳
・「みかんを食べよう」というと、機嫌がよくなり、皮を剝いている間、隣にちょこんと座って待っているのが可愛い。
・豆類が好きで、「まめ!」と言ってパクパク食べる。色や形が違っていても、同じ豆類と認識していて、よく食べます。
・長い間、水分を取るのが苦手だったのに、牛乳が好きになったようで、「ギューニュー!」とおかわりを要求する。水分をたくさんとるようになったからか、便秘薬に頼らなくてもよい便がでるようになってきた。

<1歳9ヶ月~1歳10ヶ月>やっと幼児食に移行、ほぼ大人と同じ食材を食べています

・食べムラは継続中ですが、野菜嫌いが少し改善された?と感じるようになりました。大きめの野菜も自分で噛んで食べられるようになってきた。そして、ある日から突然、お肉も自分で上手によく噛んで食べるようになりました。(お友達が唐揚げを食べているのを見て、自分も食べる!と欲しがった。)

⇒ 離乳食後期メニューからようやく移行食になり、大人とほぼ同じメニューが食べられるようになったので、食事の準備がぐっと楽になりました。

・量も、私とほぼ同じくらいしっかり食べます。

・ご飯の残りが少なくなるとお皿とスプーンを「ママ!」と渡してくるので、最後は綺麗に残りをすくって食べさせてあげる。自分で食べるのが面倒になるときも「ママ!」とスプーンを渡してくる。自分で食べるときは選んで野菜を避けますが、食べさせてあげると野菜も食べる。

・保育園でも野菜よりおかずを先に食べてしまうので、野菜、ごはん、おかず、フルーツの順番で食べたら次のお皿を出しているとのこと。

・食欲増進期、減退期もだけれど、気に入らない食材も数週間ごとに変わっています。

・ラーメン(外食)が好きになりました。完全に親の影響です。なるべく控えていますが、親が食べていると欲しがるようになり、汁なしであげています。ハンバーガーやポテトなどのジャンクフードも少しづず解禁…。


悩み:緑の野菜、食べなれない食材は食べない。
 緑の野菜が苦手です。ブロッコリーやアスパラなど茹でて柔らかくなった野菜は食べますが、キュウリ、葉物野菜などは食べません。慎重派?なのか、初めて見た物はなかなか食べようとしません。

便利だったもの:ミニトマト
唯一、進んで食べる生野菜がミニトマトでした。栄養があって、彩りがよく、洗って切るだけで準備も簡単なので、冷蔵庫に常備していました。

好きなメニュー:果物(苺、りんご、みかん)、牛乳
みかんは皮を自分で剥いて食べるようになりました。

<2歳>まだ食べたことがない食材

1歳10ヶ月頃から、基本的には大人と同じメニューが食べられるようになりましたが、味付けは塩分控えめを心がけています。ニンニク、唐辛子、胡椒などの香辛料は、娘さんの分を取り分けた後で足すようにしています。

その他、まだ食べたことがない食材は下記があります。特に食べられないと困るものではないので、胃腸の消化能力があがる3歳あたりまでは控える予定です。

■アレルギー対応で控えているもの
・生卵
・そば
・とろろ
・ピーナッツ

■「食べたい!」と自分で興味を持つまでは、敢えて食べさせなくてもよいかなと思っているもの
・お刺身
・餅
・炭酸飲料
・チョコレート
・生クリーム

<おわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク