<保活>迷いに迷った志望順位の決定(生後5ヶ月)

我が家の保活のスケジュールはこんな感じでした。

⇒ 0歳児クラスに4月から入園に向けた保活のこと

 5月(生後0ヶ月):娘さん誕生!
 8月(生後3ヶ月):役所へ話を聞きに行く
 9月(生後4ヶ月):保育園の見学に行く
 10月(生後4ヶ月):役所で申請書類一式をもらう
 11月(生後5ヶ月):志望順の決定と願書提出 ★今回は、ここの話です★
 2月(生後9ヶ月):結果発表、承諾通知が来ました
 4月(生後11ヶ月):入園、慣らし保育

生後5ヶ月の時、保育園の志望順位を決定するまでのあれこれについてです。

【0歳6ヶ月】11月 志望順位を決めて、申込みに行く

10月に申請書類の配布がスタートし、1ヶ月後の11月には、志望順位を決めて、申し込みに行きました。
 
書類一式に必要事項を記入し、就業証明書を会社に書いてもらうところまでの準備はできていたものの、保育所の志望順位がなかなか決められませんでした。
 
申請に行く当日まで志望順位が決められず迷いに迷いました。

どの保育園もメリットもあれば、デメリットもあり、我が家が保育園選びで大事にしたいポイントは何なのか、わからなくなってしまったのです。

「家から近い」「駅から近い」という親の利点を優先して保育園を選ぶのはどうなのか。でも送り迎えは毎日のことだし…。

今時、貴重な「どろんこ保育」ができる園がよいのか、知育・教育系が充実している園がよいのか…。

願書提出の日になっても決められなかったので、願書提出日に旦那さんに午前休をとってもらい、最終的に迷っている2園に見学に行ってきました。2園とも私は2回目の見学です。

英語、スイミングなど教育系が充実しているA園(園庭は極狭) と 食育に力を入れていて、どろんこ遊び推奨のB園(教育系は一切ナシ)。

私個人的には、A園よりもB園が気になっていました。自分が子供の頃は、毎日、虫を追いかけて、基地を作り、泥だらけになって遊んでいたので、娘さんにもそういう体験をしてほしいという気持ちがありました。首都圏でそういう体験ができる場所はなかなかないので、心惹かれていたのです。ただ、独特の教育方針を掲げている園なので、もし娘さんに合わなかった場合、たとえば、外で遊ぶよりも本を読んだり、絵を描いたり、室内で静かに過ごすほうが好きな子だった場合には、辛い園生活になってしまうのかなぁという不安もありました。

旦那さんは、どちらかというと、B園のほうに惹かれているようでした。でもこちらの園は極端に教育重視で、子供が自由にのびのびと遊ぶ時間は少なそうでした。園庭も極狭なので泥んこ遊びとは縁がなさそうです。

どっちらも一長一短なんですよね。遊びも教育も‥と、両方を望むのは不可能です。
何かを選択することは何かを諦めることになります。

旦那さんとも話合いを重ねましたが、娘さんの気質がわからない現段階で、親がどちらかを選択することはできませんでした。そして、結局、中庸のC園を第一希望にしました。第二希望はB園、第三希望をA園にしました。

志望順位の決定は、保育園の教育方針を重視して決めました。
家から保育園の距離は、志望する園の選出条件にはなりましたが(徒歩15分以内で通える範囲)、”家からの近さ”は、志望順位を決める際には考慮しませんでした。”家からの近さ”を考慮すると、ますますややこしいことになり、決められなかったので。

こうして悩みに悩み、志望順位を決めて、申請が完了しました。
申請自体は、書類の確認とちょっとした面談とで、所要時間は1時間くらいでした。
 
2月(生後9ヶ月):結果発表、承諾通知が来ました に続く
 
★悩みに悩んだ志望順位の決定でしたが、決まった園は、A園でもB園でもC園でもなく、第四希望のD園でした。

追記)1年後に書きました。保育園に入った後のこと:<0歳児クラス>育園1年目が終了して思うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする