<保活>保育園の見学に行く(生後4ヶ月)

我が家の保活のスケジュールはこんな感じでした。

⇒ 0歳児クラスに4月から入園に向けた保活のこと

 5月(生後0ヶ月):娘さん誕生!
 8月(生後3ヶ月):役所へ話を聞きに行く
 9月(生後4ヶ月):保育園の見学に行く ★今回は、ここの話です★
 10月(生後4ヶ月):役所で申請書類一式をもらう
 11月(生後5ヶ月):志望順の決定と願書提出
 2月(生後9ヶ月):結果発表、承諾通知が来ました
 4月(生後11ヶ月):入園、慣らし保育

生後4ヶ月の時、保育園の見学に行った時の振り返りと、ママ同士の保育園についての情報交換についてです。

【0歳4ヶ月】9月 保育園見学に行く

保育園見学は、家から歩いて通える範囲にある3園へ行きました。具体的には徒歩15分以内の園です。我が家は車がなく、家から徒歩で通えない保育園は決まっても送迎が困難なので、希望しないつもりでした。
 
3園とも平日の午前中が見学時間だったので、私と娘さんの2人で行ってきました。
 
行った順番は、希望順ではなく予約がとれた順です。
 
予約の電話をしたら「いつでもOK、明日でもOK」という園もあれば、「次回は○日(2週間後)です」という園もありました。
 
3園ともに共通していたのは、園長先生が案内してくれたことでした。
見学の人数、所要時間は色々でした。 
 
・【A園】いつでも見学OKと言われたので電話した翌日に見学に行く。園長先生がマンツーマンで説明と案内をしてくれた。0~2歳児のみの小規模保育園だったこともあり見学は30分で終了。
 
・【B園】見学は曜日が決まっていて、電話した3日後に見学に行く。園長先生が説明と案内をしてくれた。見学者は私以外にもう1組の親子がいて、所要時間は2時間。0歳~5歳の各クラスの過ごし方をじっくりと見せてくれた。
 
・【C園】見学は曜日が決まっていて、電話した2週間後に見学に行く(直近の開催日は私の予定が合わなかった)。前半は、園長先生が保育園の概要を説明してくれて、後半は、他の先生が各クラスの様子を案内してくれた。見学は親子7組、夫婦で来ている方も1組いました。所要時間は1時間。一緒に見学する人が多いと、他の人の質問が聞ける点がよかった。
 
どの園も、基本的には、まず園長先生が、ばーっと色々と話をしてくれて、こちらは聞くというスタイルでした。

QAタイムに質問したこと、しなかったこと

ウェブ記事で「保育園見学のポイント」をチェックしてから行きましたが、ネット上にあるチェックリストに書いてある内容は、だいたい園長先生から説明がありました。
 
保育園のウリ・特色、保育時間、1日の過ごし方、給食、おやつはどんなもの?アレルギー対応について、病気のときの対応、1年の行事、保護者の参加行事(平日 or 休日)などです。
 
説明がなかった園で、私が必ず質問したことはこの2点。
 
・延長保育をする人は多いのか?何時頃までの人が多いか?
  フルタイムで復帰した場合、延長保育は必須です。延長保育を利用している人があまりに少ないと、娘さんが可哀そうかなと思い質問しました。この質問に対して「延長保育は〇時までですが、利用を前提とするのではなく、なるべく早く迎えに来られるようにしてください」と回答された園があり、「迎えに行くのが遅くなってしまった時にめんどくさそうだな」と感じました。一方で、「〇時まで延長保育をやっていて、捕食もでますよ。0歳児でも〇時までいる子もいますので安心してください」という回答の園もありました。延長保育に関する方針がわかり、聞いてよかったです。
 
・(園庭がない園へ)外で遊ぶときはどこへ行く?何をして遊ぶ?外で遊ぶ頻度はどのくらい?
  
逆に、チェックリストにはあったけれど、質問しなかったこともあります。
 
・月額保育料以外にかかる費用
・入園時に用意する物
・日々の持ち物、布団の持ち帰り有無
・慣らし保育のスケジュール
 
これらは、聞いたところで志望順位に影響がなさそう(決められたことに従うだけなので、私にとってはたいして重要でない)なので質問しませんでした。

私が見学時に見ていたポイントは主に”雰囲気”

具体的には、以下の3点です。
園児の表情:笑顔の子が多いか、つまらなさそうな子はいないか、表情が暗い子がいた場合に保育士さんが気にかけているか。
 
保育士の表情:園児への接し方、語りかけの様子、職員同士の接し方(過度な上下関係が見えないか)。
 
施設の清潔さ:古い新しいは仕方ないにしても、不潔なのは嫌だなと、特にトイレまわりをしっかり見ました。
 


その後、旦那さんとも、土曜日に散歩がてら保育園まで歩いて行き、現地までの距離感と園庭の広さ、遊具、建物の雰囲気を見てきました。
どの保育園も土曜日は開いていたので、様子はわかります。(土曜日は園児がとても少なかったですが。)覗いていたら声をかけてもらえ、事情を話すと「中へどうぞ」と入れてもらえた園もありました。
 

【0歳4~5ヶ月】9月~10月 支援センターで知り合ったママと情報交換

出産するまで近所の交友関係はゼロだった私。
 
今の家に引越して数年たちますが、出産するまで、自宅は寝る場所であって、平日は仕事、休日も出掛けることが多く、近所の人とコミュニケーションをとる機会がなく、近所に友達は1人もいませんでした。
 
さらに、切迫早産になってしまったため、市の母親教室に参加できず、そのまま里帰り出産~出産後も3ヶ月まで里帰りしていたので、ママ友が誰もいない状態での保活開始でした。
 
すぐに誰とでも仲良くなれるタイプではないのですが、「保活にはママ友作りも大事」とよく言われるし、保育園の情報交換ができたらいいなと思って、頑張って支援センターへ出かけるようにしました。
 
頑張ったといっても、生後4ヶ月の娘さんはまだ寝返りしかできず、マットの上でゴロンゴロンと寝返りをうちオモチャを舐めているだけ。お友達同士の交流は皆無。支援センターにしかないオモチャもありますが、この月齢では楽しめるオモチャも少なく、あまり楽しそうではないし、何より私が通うのが面倒で…、通った頻度は週に1回くらいです。
 
支援センターで出会ったママさんから「幼稚園ですか?保育園ですか?」と聞かれるこもあれば、私から「保育園の予定ですか?」と聞くこともありました。
 
ですが、会話を進めるのが難しいのは3人以上ママがいたとき。1人でも「私は保育園は考えてないの」という人がいたら、その人を置いてきぼりにして、保育園の話はしづらく、他の共通の話題を探して話題を変えるようにしていました。
 
そして、意外と保育園には行かない子も多いということも知りました。待機児童問題!が声高に叫ばれているので、世間の大多数がワーキングマザーなのかなという錯覚に陥っていましたが、実際は、そうでもなく、私の感覚的には、保育園ママは半分はいないし、3割くらいかな?といった感じでした。
 
ちなみに、私が保育園ママから聞きたかった情報は、「願書に長文の手紙をつけると有利になるらしいよ」「園長と仲良くなると有利らしいよ」といった裏技的な話ではなく、保育園の教育方針や過ごし方についてだったので、実際に通っている人の口コミが聞ける、上に保育園に通っているお兄ちゃん、お姉ちゃんが居る人の意見が一番参考になりました。
 
ただ、当たり前ですが、みんな自分の子供(お兄ちゃん、お姉ちゃん)が通っている保育園のことは、基本的に良いことしか言わないし、通っていない他の保育園のことは当然ながらよく知らない。他の保育園のことは、悪い噂も教えてくれたけど、あくまで噂レベルの意見が多かったので鵜呑みにするのもどうかなぁっていう情報でした。
 
レストランも旅行も、なんでもネットで口コミを調べることに慣れていたので、保育園も、ネットで口コミが見られたらいいのになぁ、とどれだけ思ったことでしょうか。
保育園の口コミ検索サイトはいくつか見ましたが、掲載園が少なかったり、口コミがなかったり参考になる情報はほとんどありませんでした。
 
そんなわけで、なかなか多くの情報も得られず、私の保育園の希望順位付けは難航しました。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク