【出産から1年を振り返る】お風呂・ベビーケア用品、試行錯誤!赤ちゃんと2人でお風呂に入る方法

お風呂・ベビーケア用品は、生後1年間、こう使いました。

特に赤ちゃんと2人でお風呂に入る方法は、初めてのことで試行錯誤したのでその記録です。

当時は、「1人を入れるだけでものすごく大変なのに、これ2人目の世の中のママは一体どうしてるの!?」と思っていたけれど、1年たって振り返ると、今なら2人いてもなんとかなるような気がするくらい慣れて余裕がでてきました。

退院した翌日~生後1ヶ月半:台所のシンクにベビーバスを置いて沐浴

退院直後から1ヶ月健診が終わるまでは、台所のシンクにプラスチック製のベビーバスを置いて沐浴。

実家で父母がいたので、1人が洗い、1人が受け取り身体を拭いて、保湿をして、服を着せるという流れでした。人手があり、余裕がありましたね。

5月生まれで気候もよかったので、お風呂上りも急いで拭いて服を着せなきゃ!とはなりませんでした。

旦那さんが来てくれた週末は、旦那さんが沐浴担当でした。

最初の1ヶ月は、沐浴剤(スキナベープ)のみで石鹸を使っていませんでしたが、生後1ヶ月ごろから乳児湿疹がひどくなってきて、皮膚科の先生に「石鹸で洗って皮脂をしっかり落としたほうがよい」と言われたので石鹸(無添加のシャボン玉石鹸)を使うようにする。

保湿剤は、サンプルでもらったママ&キッズのベビーミルキーローションを利用。ひどい湿疹が出ていた時期は病院で処方してもらったステロイドを使っていました。

生後2ヶ月~3ヶ月:実家のお風呂場でシャワー

生後1ヶ月を過ぎたらシャワーOKといわれていたのですが、台所のシンクでベビーバスのスタイルが快適で、なかなかシャワーデビューできませんでした。

2ヶ月になる前に、ようやくお風呂場デビュー。まだ実家にいたので、母に手伝ってもらい、服を脱がせたみりんちゃんをお風呂場に運んできてもらい、私が膝の上で洗ったあと、またお風呂場まで迎えに来てもらう方式で、私がお風呂から出る頃には、きれいに拭いてもらって、保湿して服を着終わっていたので、とっても楽でした。

旦那さんが来てくれた週末は、旦那さんがシャワー担当でした。

2ヶ月たっても、たまに湿疹がひどい時があり、顔や足首などに処方されたステロイドを使っていました。

生後3ヶ月~:自宅で2人でシャワー

里帰りを終えて自宅に戻り、平日は2人でのシャワータイムが始まりました。

お風呂の時間は毎日17時~18時ごろ。

・ハイローチェアをローの状態にして洗面所へ移動
・ハイローチェアにバスタオルを敷いておく
・オムツ1枚の状態でハイローチェアに乗せる
・私が先に自分を洗う(ここの目標3分)
・オムツをとり、お風呂でシャワー
・バスタオルで包んでハイローチェアに乗せる
・私が自分の身体を拭く、簡単な保湿、下着をつける(ここの目標2分)
・リビングへ移動し、保湿&着替え
・私も着替え、ドライヤーで髪を乾かす

といった手順で入りました。

大変だったのは、ハイローチェアで待っててもらう間に泣かれないように、自分を洗う時間と着替える時間はめっちゃ急いだこと。

この待機時間は、娘さんから私の姿が見えなくなり、泣き出すことが多かったのです。

泣かれても泡だらけの私は何もしてあげられないので、ひたすら「もうちょっとだよー、待っててねー」とお風呂の中から声をかけながら急いで洗う。

夜18-19時ごろ機嫌が悪くなることが多かったので、その前にお風呂に入るようにしていたけれど、泣かない日は3割くらい、7割は泣いちゃってたかな。

旦那さんが早く帰ってきた日(19時までに帰ってきた日、週に1回あるかないか)と週末は旦那さんがシャワー担当でした。

週に2~3日は旦那さん、週に4~5日は私が入れていたかな。

この後もお風呂係は、このペースでした。

初めての2人でのお風呂は8月だったので、「もたもたしてると風邪ひくかも?」という心配がいらなかった点は助かりました。

生後4ヶ月半~:自宅で湯船デビュー

9月後半に涼しくなってきたタイミングで湯船デビュー。

手順は、シャワーのときと変わらずです。

・ハイローチェアをローの状態にして洗面所へ移動
・ハイローチェアにバスタオルを敷いておく
・オムツ1枚の状態でハイローチェアに乗せる
・私が先に自分を洗う(ここの目標3分)
・オムツをとり、湯船に1分くらい浸かってから、身体を洗う  ★←It’s new★
・バスタオルで包んでハイローチェアに乗せる
・私が自分の身体を拭く、簡単な保湿、下着をつける(ここの目標2分)
・リビングへ移動し、保湿&着替え
・私も着替え、ドライヤーで髪を乾かす

4ヵ月になると、娘さんも慣れてきたのか、私が洗っている間(浴室の扉の前で待ってる間)、泣くことがなくなりました。

「お待たせー」と扉を開けると笑顔になるのが可愛い。

肌荒れも治まってきたので、お祝いでいただいたエルビーバのボディソープとボディローションの利用開始。オーガニックで天然由来のものなので安心だし、ほのかなマンダリンとカモミールの香りが好きでした。

生後7ヶ月~:お座りが安定してきたのでバスチェア導入

12月に入って、オムツ1枚でバスタオルにくるまってハイローチェアで待っていてもらうのは寒そうだし、とはいえ、服を着たまま待ってもらうと脱がせるのに手間取るしなぁと思っていたところ、友達からバスチェアを譲ってもらえることになり、バスチェアを使い始めました。

我が家が譲り受けたのはお座り用でしたが、ねんねできるタイプもあるので、もっと早く買っておいてもよかったなと思います。

手順は、こんな感じです。

・2人で一緒にお風呂に入り、まずは湯船に1分くらい浸かって温まる
・バスチェアで待機 ★It’s new★
・私が先に自分を洗う(ここの目標3分)
・娘さんの身体を洗う
・バスチェアで待機 ★It’s new★
・私が自分の身体を拭く、簡単な保湿、下着をつける(ここの目標2分)
・リビングへ移動し、保湿&着替え
・私も着替え、ドライヤーで髪を乾かす

バスチェア初日は、座らせた瞬間にギャーンと号泣。

お風呂場に泣き声が響くと辛い‥。

ハイローチェアのときも最初は泣いていたから、頑張って慣れてもらうしかないと思っていたら、5日目でようやく泣かなくなりました。

バスチェア導入によって、ハイローチェア待機の時に敷いていたバスタオルの洗濯物が一枚減るし、浴室内に一緒にいるほうが私も安心です。

初めて湯船に浸かったときは緊張した表情だったのに、生後半年を過ぎた頃からは、すっかりリラックスモード。お湯を手でバシャバシャしてご機嫌に遊ぶようにもなりました。

お風呂にアヒルを浮かべたら、掴もうと頑張るも、水があって思うように掴めない。やっと掴めたアヒルを抱きしめる姿がなんとも可愛いかった。

旦那さんと2人でのお風呂も大好きなようで、お風呂から2人で大爆笑している声が聞こえてくるとほっこりします。

肌荒れは、冬になり乾燥してきたからか、足首のしわがかさかさになってきました。予防接種のついでに小児科で相談したら保湿用にプロペトを処方してもらえたので入念な保湿を再開

ヨダレかぶれなのか、離乳食がかぶれるのか、ほっぺが赤くなることが多く、朝とお風呂上りにプロペトで保湿を忘れないようにしました。

1歳2ヶ月~:バスチェアを片付ける。

1歳を過ぎて、掴まり立ちを始めるようになると、バスチェアで固定されるのを嫌がることも出てきました。

とはいえ、お風呂場は滑りやすいし、バスチェアを使い続けていたのですが、自分で立って、歩けるようになった1歳2ヶ月を過ぎたころ、バスチェアを片付けました。

バスチェアの唯一の欠点は、お風呂場に置いておくとカビが生えることと、場所をとるから邪魔なこと。片付けたらお風呂場がスッキリしました。

手順は、こんな感じに。ほとんど変わってません。

・2人で一緒にお風呂に入り、私が先に自分を洗う。
・娘さんは浴室をぶらぶらしたり、シャワーやおもちゃで遊んで待つ。 ★It’s new★
・娘さんの身体を洗う
・私が自分の身体を拭く、簡単な保湿、下着をつける。この間、娘さんは風呂場で待機(ここの目標2分)
・リビングへ移動し、保湿&着替え
・私も着替え、ドライヤーで髪を乾かす

手順はぐっと楽になった反面、自我が出てきて「もっとシャワーで遊びたい!」と頭を洗っている私からシャワーを奪おうとしたり、泡立てネットを掴んで離さなかったり、汚いから触って欲しくない排水溝に手を伸ばそうとしたり、目が離せません。

娘さんの気を引きそうなもの、髭剃りなど危ないものは手の届かないところへ置くようにしているのですが、やりたい事を制止されると怒って泣きだすこともあり、浴室に泣き声が響くと辛いので、機嫌を損ねないように気を遣います。

保湿のこと

乳児湿疹がひどく、ときどきステロイドにお世話になっていた娘さんですが、冬が終わってから肌の調子がすっかりよくなり、1歳の春~夏は、保湿剤をほとんど塗らなくなっていました。

先日、看護師さんの友達に会ったときに「保湿剤は年中、夏も塗ったほうがいいよ」と教えてもらい、そうだったのか…と保湿について改めて調べてみました。1歳の夏の終わりのことです。

保湿大事派が主流な一方で、「保湿剤を使いすぎると人間の肌が本来もつバリア機能が損なわれる」という説もあるようで、自己判断ですが、私は、保湿派と保湿不要派の両方の意見をふまえたうえで、「肌の調子がよいときは保湿剤はお休みでいいのかなぁ」という結論に落ち着きました。

これから秋になり乾燥するので、またしっかり保湿をはじめようと思います。

<おわり>

退院後、初めて自宅で沐浴。気持ちよさそうでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする