【5月生まれの出産準備品】必要最低限の全品リスト(第二子)

32週で産休に入ってから、出産準備品(生後1~2ヶ月までに使うもの)の検討を始めました。

必要最低限をモットーに、リストアップ!

偶然にも、第一子と同じ5月生まれなので、洋服はおさがりが大活躍しそうです。

↓第一子の時に用意したものリスト↓

【5月生まれの出産準備品】役立ったもの、使わなかったもの、買わなかったもの 全品リスト

出産準備品リスト(第二子)

衣類

<肌着・ベビー服>

・セレモニードレス →おさがり
退院時とお宮参りに着る予定です。

・短肌着(50~60サイズ) 5枚 →貰ったサンプル3枚+ユニクロで2枚購入
コンビミニの資料請求、キムラタンの資料請求で貰ったサンプル計3枚に、ユニクロで2枚セットを追加購入しました。(コンビミニのサンプルプレゼントは1人1枚ですが、前回の妊娠時に貰った新品が残っていたので2枚ありました)

・生後1ヶ月で着る服(50~60サイズ) 12枚 →おさがり11枚+無印で1枚購入
– ラップドレス(コンビミニ) 2枚 →おさがり
– ラップクラッチ(コンビミニ) 3枚 →おさがり
– コンビ肌着(コンビミニ) 2枚 →おさがり
– 半袖ロンパース(ファミリア) 2枚 →おさがり
– ショートオール 3枚 →おさがり2枚+無印で購入

第一子の出産時に学んだこと:
生後1ヶ月はどこにも出掛けないので、衣類はデザインより着せやすさ重視で選ぶ。紐を結ぶタイプの短肌着より、コンビミニのマジックテープタイプが便利。

・5月の室内は寒くない(むしろ暑い日のほうが多かった)ので、短肌着+もう1枚で十分。暑い日はコンビ肌着1枚でもOK。ベストやカーデガンなどの羽織りものは一切使わなかった。長下着、ミトン、靴下も暑いので不要。

・帽子、靴下、お出かけ用の可愛い服は、生後2ヶ月以降にしか使わないので、生まれてからの準備で十分。5月生まれだと、生後2~3ヶ月目の7~8月も暑いので長時間の外出はしない…。ママも基本ずっと家にいるので、産前に買っておかなくてもネットでお気に入りを探して買う時間が十分ある。

・60~70サイズの服は出産前に買う必要はなかった。ブランドによってサイズ感が違うし、成長具合によってサイズアップした服が着られる時期がわからないから。長女は妊婦健診の時からずっと大きめと言われていて38週に3300gで大きめに産まれたけれど、産まれてからの成長はゆっくりで50~60サイズの服が長く着られました。産前に買っていた60~70の夏服は着る機会がほぼなくサイズアウト…。

 <おくるみ>

・エイデンアンドアネイのおくるみ 4枚 →おさがり
生後1~2ヶ月は、自宅でソファやシーツの上に敷いたり、ブランケット替わりに活用。

<洗剤>

・洗剤と柔軟剤は「さらさ」 →水通し前にamazonで購入
長女の時は、赤ちゃんの洗濯物は生後3ヶ月まで別々に洗っていました。「さらさ」は、ほのかな匂いが好きで迷わずリピート決定。amazonファミリーがドラッグストアより安いし、底値かな。

さらさ 洗濯洗剤 本体 850g

<ベビールーム系>

・組布団セット → サンデシカ(楽天)で購入

 

・キルティングマット イブル →楽天で購入
赤ちゃんが昼間、リビングやソファでゴロンちする時に敷くマットを探していて、韓国のお布団「イブル」に辿り着きました。コットンなので肌触りが良さそうで、マットにも掛けものとしても使えるそうです。私は、写真映えするようにホワイトを選択。

 

・ベッドメリー → おさがり

6WAYジムにへんしんメリー

・ハイローチェア → おさがり

長女が愛用していたコンビミニのハイローチェアを使います。自動スイングはついていないタイプです。

第一子の出産時に学んだこと:
・ベビー布団セットは、説明を読んでも、赤ちゃん本舗で現物を触ってみても、高い布団と安い布団の違いが素人の私にはよくわからなかった。(なので、追加購入の布団セットは予算2万円に設定。)

・ベビー布団セットはシンプルな内容で十分。シーツ、防水シーツ、キルトパッド、掛け布団カバーなど天気が良い日に洗濯すれば1日で乾くので、長女の時に買った交換用は全く使わなかった。まくらも使わなかった。

・クーファン、バウンサーはなくて困ったことが一度もなかったので購入検討なし。クーファンに入った赤ちゃんは新生児ならではの姿でとても可愛いんだけどね。

ベビーベッドの購入検討し、見送り:
第一子の時は、昼はソファや座布団でゴロン、夜はベビー布団で寝ていたので、ベビーベッドがなくて困ったことが一度もありませんでした。でも、第二子は、上の子(3歳0ヶ月)に踏まれたり、ぞんざいに扱われたりしないかが心配です。今回、第二子用にベビーベッドのレンタルか購入を迷ったのですが、自宅はマンションで狭いし、用意した場合、リビングに置くのか、寝室に置くのかもまた悩み、結局、購入は見送ることにしました。夫とも話し合い、「長女はダメと言われたことは守るし、ちゃんと理解できると思う、大丈夫でしょう」という結論に至ったためです。産まれてから、万が一、危険なことがあれば購入かレンタルを検討しようかと。

追記:その後、考えを改め出産直前に購入しました! 
ベビーベットは買わない予定だったけれど出産直前に買いました

<オムツ用品>

・紙おむつ パンパース 新生児サイズ 4パック →西松屋で購入(1000円OFFクーポンがあったので)
長女の時からオムツはパンパースを使っています。他のメーカーも一通り試しましたが、パンパースが一番おしっこラインが見やすいところがお気に入り。メリーズとか、他のメーカーのほうが柔らかくて手触りがよい商品もあるけど…、おしっこラインがぱっと見ですぐわかる利便性を私は重視。手触りに関しては、パンパースも品質改善していて、柔らかさは3年前に比べてかなりよくなっていると思います。

・おしりふき、おしりふきフタ →長女と共有
長女がまだオムツを使っているので共有します。おしりふきは、メーカーにこだわりなく、詰替用のセットを買って、なくなりそうなタイミングでamazonファミリーでセールになっているものを追加購入しています。よくセールになるのは、ピジョンとグーン。この2つを買うことが多いです。どちらも適度な厚みと水分量があり、取り出しやすさも◎です。
メーカーにこだわりありませんが、あまりに安いものは薄かったり、取り出しにくいのでNG。西松屋のとか。安いけど薄いので手口拭き用になり、リピートしてません。

 
第一子の出産時に学んだこと:
・オムツはサイズアップの時期が人それぞれバラバラなので新生児サイズはとりあえず4パックで十分。1日10枚使うとして、約1ヶ月分かな。
長女は生後1ヶ月は新生児サイズを使えていましたが、生後2週間で新生児サイズが小さくなりSサイズにサイズアップするベビーもいるそうです。

・オムツもamazonプライムで購入すれば翌日には届くので買い貯めはしません。値段もamazonファミリーでの定期便まとめ買いが底値だと思う。
※ 新生児サイズはまとめ買いするほど量が必要ないから今回、私は1000円OFFクーポンが使えた西松屋で買いました。
※ 楽天スーパーセールやベビーザらスのほうがポイント還元を含めれば安い時もあるけれど、ベビーザらスは家の近くにないし、楽天のセールは時期を待っていられないので私はいつもamazon派。

・オムツ専用ごみ箱は、購入なし。専用のゴミ箱は置き場所をとるし、マンションで毎日ゴミ出しOKなので、オムツの匂いで困ったことはなかったです。ビニール袋に入れて、しっかりと縛ればうんちの匂いも気になりませんでした。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 【袋カラー:ピンク】 (Sサイズ 200枚入)

<おでかけ系>

・生後1ヶ月から使えるベビービョルン →おさがり
・首が座ってからのエルゴ → おさがり

【出産から1年を振り返る】抱っこ紐はエルゴとベビービョルン。生後から1年間、こう使いました。


・チャイルドシート(実家用) → おさがり

・ベビーカー →産後1ヶ月以降に購入予定
欲しい商品の目星はつけたけれど、現物を見て、試乗してから買いたいので出産後、1ヶ月を過ぎて外出できるようになってから購入予定です。狙っているのはジョイーの3輪ベビーカー「ライトラックス」か「ライトラックス エア」。試乗できるお店が自宅の近くにはなさそうなので産前の購入は諦めました。

 

・マザーズバッグ → 長女と共有
マークジェイコブスのナイロンリュックをヘビロテ中。軽いし、汚れが気にならないし、夫とも共有できるデザインで気に入ってます。3年使ってくたびれてきたので買い替えも検討したいけれど、また同じものでデザイン違いにしようかなと思うくらいお気に入り。

長女の出産前にLLビーンのイニシャル入りトートバックも買ったんだけど、こっちは重いし、硬いし、汚れが気になるしで、実はほとんど使っていない…。

 

<お風呂・ベビーケア用品>

・ガーゼ湯上りバスタオル 2枚 →楽天で購入
長女も同じものを使っています。産前に2枚買って、その後、1年毎に買い換えて3歳になる現在も愛用中。ガーゼなのですぐ乾きます。毎日洗濯すれば2枚のローテーションで十分。場所もとらないし、吸水性もよくてお気に入りです。長女はカフェオレベージュを使っているので、第二子は違う色(ラベンダー)にしました。

 

・ガーゼハンカチ 10枚 →無地10枚セットを西松屋で購入
朝起きて顔を拭く、授乳時に口元を拭く、沐浴時に身体を洗う等に活用。
長女の時に愛用していたスズランの10枚セットがコスパよく再購入。日本制ではありませんが、私はその点のこだわりはなし。
10枚 399円の西松屋が底値だと思います。赤ちゃん本舗やamazonでは同じものが500円以上でした。

第一子の出産時に学んだこと:
毎日洗濯すれば、ガーゼバスタオルは2枚、ガーゼハンカチは10枚で枚数は十分でした。ガーゼはすぐに乾きます。ガーゼハンカチが沐浴ガーゼ代わりにもなったので沐浴ガーゼは必要ありませんでした。

・爪切りはさみ →長女と共有

・体温計 →長女と共有

・シンクで使えるベビーバス →おさがり

・沐浴剤 スキナベープ →amazonで購入
長女の時に愛用していたスキナベープのほのかな香りが好きだったので今回もリピート。amazonが底値かな。

スキナベーブ 500mL (医薬部外品)

・ボディソープ →amazonで購入
これも長女の時に使ってハーブの香りが好きだったのでリピート。

第一子の出産時に学んだこと:
病院の先生や助産師さんによって諸説あるようですが、長女の時は、産院で生後1ヶ月は、沐浴剤のみでOK、ベビー石鹸、ベビーシャンプーは皮脂が多くなる生後1ヶ月以降でOKと言われました。スキンケアは、あとぴたを用意していたのですが、乳児湿疹で通院したときに処方してもらったプロペト、ヒルドイドローションを使ったので自分では追加購入せず。おへそを掃除する綿棒はベビー用でなく、普通の綿棒を使用。湯温計も人肌で調整すれば十分だったので使いませんでした。

2018年5月 追記:次女の産院では「沐浴剤は不要、石鹸をつけてしっかり洗って皮脂を落としてあげて」と長女の時とは真逆のことを言われました。育児ってこういうことよくあるんですよね。何を信じるかは親次第というか、子供の様子を見ながら決めて行かないといけない。今回、ワンオペ沐浴の平日は石鹸で洗う余裕がなく沐浴剤のみ、夫がいる休日は石鹸でしっかり洗いました。

<授乳グッズ>

・授乳ブラ →長女の時に使っていたもの+ユニクロでブラトップを追加購入

第一子の出産時に学んだこと:
授乳ブラは専用のもの(モーハウスと犬印)も購入したのですが、ペラペラ感が落ち着かず、結局、一番愛用したのはユニクロのブラトップ・キャミソールタイプでした。カップがしっかりついているので夏は家の中で1枚でいられるし、大きめのLサイズにしたら授乳も楽でした。暑い季節はエアリズムが快適!

・搾乳機 →おさがり
長女の時に使っていたピジョンの手動の搾乳器を利用予定です。ただ、あまり使用頻度は高くなかったので今回も使わないかもしれません。

ピジョン Pigeon さく乳器 母乳アシスト 手動 片手で赤ちゃんが飲むリズムを再現

・哺乳瓶 2本 →おさがり
長女の時に購入したピジョンの母乳実感2本(1本は搾乳機についていた)を利用予定です。

・哺乳瓶の乳首 →amazonで購入
新生児用のSSサイズを購入しました。

・哺乳瓶の煮沸用品 →西松屋で購入
コンビの電子レンジで除菌できる消毒器を買おうと思っていたのですが、西松屋オリジナルのものほうが安かった(コンビの半額!)のでこっちにしました。どちらも電子レンジでチンするだけなので使い方に差はなく、主な違いはコンビのは1度に除菌できる哺乳瓶が3本、西松屋のは2本なところかな。我が家は哺乳瓶2本なので西松屋ので十分かなと。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Smart Angel)哺乳瓶レンジ消毒器
価格:999円(税込、送料別) (2018/5/2時点)

・粉ミルク →アイクレオを購入
グリコの公式サイトで買える”試して実感キャンペーン⇒“を利用。
1人1回まで1缶1600円(税別)で買えました。アイクレオは定価が高いのでお得に買えてラッキー。

・授乳クッション →楽天で購入
授乳クッションは、色柄重視でソレイアード柄のコレを購入。パステルカラーのクッションが多い中、はっきりした色味とインテリアにも馴染みそうな柄に一目惚れ。気に入っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソレイアード ママ&ベビークッション プチムーシュ
価格:3238円(税込、送料別) (2018/5/2時点)

・乳頭ケアクリーム →amazonで購入
第一子の時は最初しか使わず、小さいサイズで十分だったので今回も小さいサイズのものを購入。

・母乳パッド →必要に応じてamazonで購入予定
産院で貰えるお産セットに1パック入っているそうなので、自分での購入はいったん見送り。

第一子の出産時に学んだこと:
母乳がすぐに出るか、潤沢に出るかは人それぞれで千差万別。母乳とミルクの塩梅も予測不能なので、授乳グッズは、必要最低限に。
長女の時は、購入していた母乳パッド、乳頭ケアクリームはほぼ使わず、サンプルしか用意がなかった粉ミルクは退院してすぐに追加購入が必要でした。

<その他>

・ベビー用ハンガー →DAISOで購入
3年前に買った動物の絵がついたハンガーが可愛かったので同じものを使いたかったのに、もう売ってなかった…。4色×2の8本で100円のこちらを購入。

・育児日記 →迷い中
長女の時にベルメゾンで貰えたものがシンプルで使いやすかったのですが、プレゼントキャンペーンが2017年で終わってしまったようで、もう入手不可らしい。どうしようかな…。

2018年5月 追記:ミキハウスでもらったものと産院でもらった森永のもので迷った結果、森永の育児日記を使っています。ミキハウスの育児日記のほうがフルカラーでイラストも可愛かったのですが、授乳、排泄、睡眠のメモができれば十分だったのでシンプルな森永の育児日記にしました。育児日記アプリもいくつか見たのですが、スマホアプリ起動して入力するよりも紙に記載するほうが早くて楽だったのでノートになりました。

左が使っている森永の育児日記。右がミキハウスの育児日記。ミキハウスのほうがフルカラーで可愛いのですが、週毎にママから一言、パパから一言、月毎に写真を貼ったり出来事を書くページがあって記載が大変そうだったので、シンプルな森永の育児日記を使うことにしました。

・デジタル一眼カメラ  →長女の時に購入
スマホカメラの性能が良くなりすぎていて、今では長女の写真はほぼスマホですが、最初はやっぱりデジイチで写真を残したいです。


以上です。

育児雑誌などで紹介されている出産準備品リストよりかなり少ないですが、最初の1~2ヶ月はこれで十分かなと思っています。足りなければ、ほとんどの物は、amazonさんが翌日配送してくれますし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク