産後3ヶ月:長女の時は買わなかったけれど、次女に買ってよかったベビーグッズ5選

2018年5月に産まれた次女、生後3ヶ月になりました。

2人目は早いというけれど、本当に早い…。

3年前の私に教えてあげたい!あってよかった育児グッズ5選

次女の育児グッズは大半が長女のおさがりですが、長女の時には使っていなかったけれど、今回は買ってよかった、こんなに便利だと知っていたら長女の時にも買っていたのにと思うものが5つあります。

①スリング

保育士さんにお勧めしてもらった「北極しろくま堂のキュットミー!823」を使っています。

ピタッとしっかり密着しているので両手がフリーになり、長女のお世話や家事がストレスなくできるところがとても便利でお気に入り。特に長女のお世話(靴を履かせたり、落とした物を拾ったり)で屈む時に赤ちゃんが落ちそうにならず、安定感があるところが便利で手放せなくなりました。丸い抱っこで密着するので安心するのか、眠たくて機嫌が悪い時もこれで抱っこして歩いているとスヤっと寝てくれます。

肩パッドが大きくて力が分散するため、長時間つけていても肩や腰への負担をあまり感じないところもgood!

買ってよかったベビーグッズNO.1です。

買ってよかった育児グッズ:スリングがとても便利で快適!

②3輪ベビーカー

長女の時は譲ってもらったアップリカの4輪ベビーカーを使っていました。当時は軽いほうが便利かなぁと思っていたのですが、振り返ってみると軽さが大事だった場面はあまりなかったので、今回は操作性・走行性を重視して3輪ベビーカーにしました。走る長女を追いかけるのに安定性が大事だし、長女と次女2人を連れて出かける時には片手操作が増えるかなと思ったからです。

重さに関しては、本体だけで約10キロあるのでやっぱり重いです。でも、実際に使ってみて、重くて困ったことはまだありません。我が家はバスに乗る機会がほとんどないし、家の周りに坂道や段差が少ないからかもしれませんが。

折り畳んだ状態で持ち運ぶ時は大変ですが、外出先で折り畳んで持ち運ぶ機会って実はあまりないのではと思います。私は、自宅玄関で折り畳んで収納しておく時に重さを感じるくらい。車をよく使う人は積み込みが大変なのかなぁ。(我が家は車なし。)

安定感があるので3歳3ヶ月の長女が乗っても問題ないところも、とても便利。長女は2歳でいったんベビーカー卒業していたのですが、次女が産まれてから、途中で「抱っこして!」と言われても物理的に無理なので、長女が疲れて眠くなった時には長女がベビーカーで、次女を抱っこしています。

安定感があって4輪ベビーカーよりも荷物がたくさん乗るので、子供2人を連れて外出するときに荷物が増

ジョイーの3輪ベビーカーは一般的な4輪ベビーカーより値段が安いのでとても良い買い物ができて満足です。

低月齢の赤ちゃんには背面シートが硬いと感じたので、メラビーのストローラーマットを使っています。このストーラーマットとてもふかふかでデザインも可愛くてお気に入り。

買ってよかった育児グッズ:ベビーカーはジョイー(Joie)の3輪ベビーカーにしました

③ベビーベッド

買ってよかったベビーグッズ3つ目はベビーベッド。長女の時は、和室にベビー布団を敷いて寝ていて、次女も同様にしようかと思っていたのですが、産まれる直前に狭い部屋を縦横無尽に走り回る長女を見て、安全面が不安になり「やっぱりベビーベッドを買おう」と決心しました。購入したのは産まれる直前です。予定日の3週間前!予定日より2週間以上はやくうまれてきたので注文したベッドが届いたのは入院中でした。退院までに間に合ってよかった。

場所をとるので部屋が狭くなるというデメリットはありますが、安心・安全が第一!

使用期間は長くても1年だろうと安さ重視で選び、約1万円とレンタルするより安いものを見つけました。まだ使って3ヶ月ですが、性能は問題なく使えています。

部屋が狭くなるという当初の懸念点は、ベッドの下にオムツやおしりふきのストック、着替え類を収納できるのでトレードオフかと思います。

産後3ヶ月たってみて、今ではベビーベッドなしの生活は考えられないので買ってよかった!

というのも、長女が次女のことが大好きすぎて、常にべったりくっついているから。絵本を読んであげたり、おもちゃを見せてあげたり、いないいないばあっ!をしてあげたり、とても微笑ましい光景なのですが、力加減ができていないことがあり冷や冷やする場面もあるので、大人が傍で様子を見てあげられないときは次女はベビーベッドに寝かせています。夜もベビーベッドがなかったら長女がうるさくて次女はゆっくり眠れないんじゃないかと思います。風邪を引いた時の隔離にも必需品でした。

それから、想定外によかったこととしては、私の身体への負担が減ったこと。ベビーベッドがあって赤ちゃんのお世話がずいぶん楽でした。ベビーベッドを使っていなかった長女の時は、新生児の頃、1日に何度も授乳、オムツ替えなどで抱っこしたり寝かせたりという動作をしていたら身体に負担がかかり、肩、腰、膝がバッキバキ。仕方がないものだと思っていたのですが、今回は身体の痛みがほとんどありません。特にひどかった膝痛が今回はなくて、ベビーベッドのおかげで身体への負担が軽減されたからではないかと思っています。

ベビーベットは買わない予定だったけれど出産直前に買いました(第2子 出産準備品)

④授乳クッション

メジャーな育児グッズなのですが…、長女の時は、買わなかったんです。当時、最初に使った産院で貸してもらった授乳クッションの使い心地があまりよくなかったので、なくてもいいかなと思って。でも、振り返ってみると、産院の授乳クッションは何人もの人が使ってもうへたっていたものだったから使い心地がよくなかったのだと思います。ですが、第一子の出産時にはそんなこと知らず…。

その後、友達の家でふっくらした授乳クッションを貸してもらったら授乳がしやすかったんだけど(たしか生後3ヶ月頃)その頃には首もすわってきていて”今更買うのもなぁ”と思って結局、買いませんでした。そんな前回の反省を活かして、今回は出産前に買っておきました。

妊娠中に抱き枕になるタイプもありますが、私は抱き枕はなくても大丈夫だったので授乳クッションのみの用途で使えるもの。毎日使うものだからこそ、デザイン重視で気に入った色柄のものを探しました。

楽天のランキングページをじっくり見て、選んだのはソレイアード柄。部屋に馴染むデザインに一目惚れして決めました。汚れが目立たない濃い色なのも◎

楽天の授乳クッションランキング ⇒

口コミを見てへたりにくいものを探したつもりですが、普通の人は1人1個しか使っていないと思うのでへたりにくいかどうかの感想は他の商品との比較がわからず…。

購入から3ヶ月たった現在、毎日使っていたので当然、買った当初よりへたっていますが、産院で長期使われているクッションに比べたらまだまだ快適です。

授乳後に寝てしまったらそのまま授乳クッションごと抱っこしていればOKだったので寝ている赤ちゃんを抱っこしながらテレビを見たりスマホを見たりするのにも便利でした。ベビーベッドに置いて背中スイッチで起こしてしまうのを防げました。

生後3ヶ月を過ぎた現在、赤ちゃんの身体が大きくなってきて、首もすわってきたので授乳クッションなしのほうがしっくりくるようになってきました。

ヘビロテ使用期間は短かったですが、最初の2ヶ月は毎回の授乳で使っていて、とても助かったので買って後悔はありません。今は普通のクッションとして授乳時に私の背中に置いています。もう少し大きくなってお座りができるようになったらお座りの補助クッションとして使えるかな。

⑤イブル

買ってよかった育児グッズ、最後はイブル(韓国製のキルティングマット)です。

生後1ヶ月を過ぎて起きている時間が増えてきてから、日中はこのマットの上でゴロゴロしています。

長女の時は、バスタオルやおくるみを敷いてその上に寝かせていたのですが、それより肌ざわりが良く、ふかふかしているし、広さがあって寝がえりをしても十分余裕があるところが気に入っています。バスタオルだと手や足の中に糸やほこりが溜まるのが気になりましたが、イブルだとそれもありません。

丸ごと洗濯できるのでヨダレや吐き戻しがあっても大丈夫。コットン100%なので乾くのも早いです。

普段、部屋の中を3歳の長女が走り回っているのですが、「このマットの上は赤ちゃんの場所だから乗ったらダメだよ!」と言ったら、しっかり約束を守ってくれています。”ここは赤ちゃんのスペース”と長女に認識してもらうのにも役立ちました。

生後3ヶ月で寝がえりを始めました。日中はここでゴロゴロ過ごしています。この写真の背後に写っているのがベビーベッド、スリングがベビーベッドにかかっています。

いろんな色があって迷いましたが、写真映えするよう白にしました。今はまだ移動範囲が少ないので150×200を半分に折り畳んだサイズで使っています。もう少し大きくなってズリバイを始めたら広げて使う予定です。

<おわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク