買ってよかった育児グッズ:スリングがとても便利で快適!

長女の時、最初の抱っこ紐は、ベビービョルン オリジナルを使っていました。使用期間は生後1ヶ月から首が座ってエルゴの抱っこ紐が使えるようになるまでの約3ヶ月と短かったので、まだ綺麗です。次女も同じものを使おうと思っていましたが、保育士さんが使っていたスリングがとても便利そうだったので、買ってみました。これがとても快適で、出会えてよかった育児グッズのひとつです。

お勧めしてもらって選んだのは、北極しろくま堂のベビー用スリング「キュット ミー!823」

通気性がよさそうな”しじら織”の赤色にしました。

↓これです。

保育士さんのおすすめポイントで私が一番惹かれたのは、赤ちゃんの発達にそった抱き方ができるから赤ちゃんの身体に負担がかからないという点。

ベビービョルン オリジナルも生後1ヶ月から使えるものですが、首座り前の赤ちゃんを抱っこするときは首のあたりを支えて使っていました。また、手足が”だらん”となってしまう点も大丈夫かなと少し気になっていました。

スリングで丸く抱っこすれば、赤ちゃんが私の身体に密着するので両手を安心して離せます。


他にもメリットと感じたのは、

・新生児から約3歳まで使える(生後2週間くらいから使えるそうです)

・布なので畳むとコンパクトで持ち運び時にかさばらない

・肩や腰の負担が少ない。

・赤ちゃんと密着するので抱っこして歩くと数分で寝てくれることが多い

・日本で開発された製品で、糸づくりから縫製まですべて日本製。日本人の体型にあった素材とかたち。

といったところ。


◆逆に、デメリットと感じたのは、

・装着に時間がかかる(ベビービョルン オリジナルと比較して)

・密着する分、夏は暑そう(ベビービョルン オリジナルと比較して)

・他のスリングより値段がちょっと高い(税込み10800円でした)

ところでした。

北極しろくま堂のベビー用スリング「キュット ミー!823」を生後1ヶ月から約3ヶ月使った感想

1ヶ月健診が終わってすぐ購入。平日は、姉の保育園の送迎に毎日使っています。休日のおでかけにも使っているのでほぼ毎日、約3ヶ月使ってみての感想です。

よかった点

まず、当初メリットと感じていた点については、その通りでした。

・新生児から約3歳まで使える
→私は生後1ヶ月から使いましたが、生後2週間くらいから使えるそうです。長く使えるという点に関しては、説明書には約3歳(16キロ)まで使えると書いてありますが、3歳の姉(13キロ)を入れて使ってみようとは、とても思えません。3歳でスリングで抱っこされている子を見たことがないし、おとなしく入ってくれると思えない…。布の強度に問題がなくても、肩に負担がかかりそうだし…。

実際にどのくらいまで無理なく使えるのかは、今後、次女で試してみたいと思っています。

・布なので畳むとコンパクトで持ち運び時にかさばらない
→これはとても便利。ベビーカーでも抱っこ紐も持って行きたいことはあるし、そんな時、エルゴやベビービョルンの抱っこ紐だとベビーカーの下の荷物入れに入れると他には物が入らないくらいかさばります。でもこのスリングはベルトやバックルもなくコンパクトに畳めるので鞄に入れておけば、ベビーカーの下収納は他の荷物入れに使えます。

・肩や腰の負担が少ない
→これは予想以上でした。布がかかる側の肩に負担がかかるのではないかと思っていましたが、肩パッドで力がうまく分散するのか、あまり疲れません。生後3ヶ月を過ぎて赤ちゃんはだんだん重くなってきているのですが、まだまだ余裕。体重約6キロになった現在、ベビービョルン オリジナルのほうが肩への負担は感じます。

・赤ちゃんと密着するので抱っこして歩くと数分で寝てくれることが多い
→これも予想以上の効果でした。おでかけ時に家から駅まで数分歩くと寝てしまうので電車の中が平和です。長女と美術館や博物館にでかけた時もスヤスヤ寝てくれて助かりました。

・日本で開発された製品で、糸づくりから縫製まですべて日本製。日本人の体型にあった素材とかたち。
→使い始めたのが6月で、今年は猛暑だったのですが、しじら織という手触りのよい生地だったので密着はそんなに苦ではありませんでした。布なので汗をかいたら簡単に洗濯ができるし、すぐに乾く点はよかったかなと思います。何度か洗濯しましたが、ヨレたり、痛みが気になる点はまったくありません。

その他に私が使ってみてよかったと思う点は、しっかり密着するので屈んでもOK、両手も自由に使えるところ。長女が一緒だと「靴履かせるの手伝って」とか、「落とした物を拾って」とか、屈む機会がたくさんあります。ギュッと密着しているので、屈む動作も赤ちゃんへの影響はあまりないようだし、両手を自由に使えるのがとても快適です。夕方~夜のグズリやすい時間帯に抱っこしながら家事をすることもできます。気をつけながらですが、包丁も火(我が家はIHですが)も使っています。

抱っこしてゆらゆら動いていると寝てくれるので、寝てしばらくしたら、起こさずにおろすこともできます。ベビービョルンやエルゴでも寝たままおろすことはできますが、スリングは布なのでおろした後、起こしてしまうリスクが低いです。そのまま置いておけます。

1番最初に惹かれた「赤ちゃんの身体に負担がかからない」については、実際どうなのか、体感ではわかりませんが、よく寝てくれるのできっと快適なんだと思います。


続いて、デメリットと感じていた点についての感想です。

・装着に時間がかかる(ベビービョルン オリジナルと比較して)
→ベビービョルン オリジナルと比較するとやっぱり装着に時間はかかります。特に、使い始めた生後1ヶ月の頃はまだ首が座っていないし身体も柔らかいので装着時はとても気を遣いました。肩パッドの位置、布の広げ具合をしっかり確認しながら、ゆっくり丁寧に装着しないと不安だったので時間に余裕をもって装着していました。

生後2ヶ月頃になると、まだ首は座っていないものの身体がだいぶしっかりしてきて、装着が随分と楽になりました。私が慣れてきたのと、布が馴染んできたのもあると思います。

ただ、説明書には「慣れれば赤ちゃんをだっこするまで10秒で完了します。」と書いてありましたが、どんなに慣れても10秒は無理そう!!

慣れてきた今でも30秒くらいはかかるかな。お勧めしてくれた保育士さん(3人の子持ちで自分の子供にも使っているそう)がつけているところを見ても、わりと丁寧に装着しているので10秒以上かかっていました。まぁ、急いで10秒でつける必要なんてないし、安全につけることのほうが大事なので、装着に多少の時間がかかることは仕方ないことだと思っています。

装着には時間がかかりますが、おろすのは簡単です。

実は、買ってから最初の1週間は、装着に時間がかかるし、手間取っていると赤ちゃんは泣くしで「これ使い続けるの無理かも…失敗したかな…」と買ったことを少し後悔したことがあります。でも、装着に関しては、自分も、おそらく赤ちゃんも、だんだん慣れていきます。そして、慣れた頃には手放せなくなるほど便利と感じるようになりました。

・密着する分、夏は暑そう(ベビービョルン オリジナルと比較して)
→これは本当にそう。生地自体は、通気性がよく肌触りのよい生地なのですが、ピタッと密着するので、とても暑いです。特に今年の夏は猛暑だったので、太陽の下に出る時間はなるべく少なくしていました。ベビービョルン オリジナルのほうが手足が外に出る分、涼しそうだったので、35度を越えた日の保育園の送迎はベビービョルンを使うこともありました。

・他のスリングより値段がちょっと高い(税込み10800円でした)
→Amazonでは2000円代のスリングも売っているし、海外製の商品と比べると、値段はたしかに高いと思います。ベビービョルン オリジナルより高いです。Amazonでも楽天でも値引きをしていないので新品を店舗で買うなら定価で買うしかなさそうです。

でも、価格に関しては、北極しろくま堂さんのサイトを見ると、信頼できる日本企業が作っている素材を使って、こだわりを持って作られた製品だということがわかるので、値段相応の価値はあるかなと納得しています。

使い方は自己流ではなく、ちゃんと教えてもらったほうがいい

装着に関して、前述したように最初はとても手間取りました。

特に最初の1週間は、私も慣れず、片手で首を支えながらもう片手で紐を整えるのが大変。手間取れば手間取るほど、赤ちゃんはギャンギャン泣くしで、苦労しました。

「赤ちゃんが泣いた時に抱っこするとよく寝てくれるよ」と聞いていたのですが、泣いている状態の赤ちゃんを入れるのに、さらに泣かせてしまうという状態。いったん装着してしまえば、安心してスヤスヤ寝てくれるのですが、装着までのハードルが高かった!

説明書の他に、使い方DVDがついていましたが、初心者が独自でマスターするのは、なかなか難しいのではと思います。

赤ちゃんの位置はこのくらいで大丈夫?

赤ちゃんの姿勢はこれで大丈夫?

肩パッドの位置はここでいい?

こんなにぴったりくっついて赤ちゃんは苦しくない?

などなど、不安な点がたくさんあり、初回は、このスリングをお勧めしてくれた保育士さんに見てもらいながら装着の練習をしました。

赤ちゃんの位置、肩パットの位置、布の締め具合、紐の引っ張り方、最初の紐の整え方など、説明書を見ただけではわからなかったので、実際に使っている人に見てもらう機会がなかったら使いこなせなかったかも…と思います。

なので、実際に教えてもらえる場の利用をお勧めします。北極しろくま堂の公式サイトに「使い方相談会」の情報がありました⇒

私の場合は、慣れて快適に使えるようになるまで2週間くらいかかりました。

自分の慣れもありますが、使えば使うほど布も馴染んで使いやすくなるそうです。

装着するとこんな感じ。両手がしっかりフリーになるので、長女のお世話や家事が楽にできます。

 


休日しか抱っこ紐を使わない夫は、スリングは慣れないようで、しっくりこないと言って、ベビービョルン オリジナルを使っています。

私も、暑すぎて密着が辛い日や、ささっと装着したい日(時間に余裕がない日)はベビービョルン オリジナルを使っています。

↓ベビービョルン オリジナルも3年前に私が買った時より機能もデザインも進化してる!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク