産後の食事:ヨシケイのミールキットを利用しました(平日の夕食)

里帰りしない出産、産後1週目は私の母がサポート来てくれて、夕食を作ってもらいました。産後2~4週目の夕食はコープデリの宅配弁当を利用しました。1ヶ月健診を無事に終えて、産後2ヶ月目から家事復帰しましたが、リハビリ期間として5~6週目の2週間はヨシケイのミールキットを利用しました。

これまでミールキットは1品のみといったスポット利用はありましたが、がっつり毎食すべてお世話になったのは初めてでした。

これが、とても便利でよかった!

今、ミールキットが世間で流行っている理由がわかりました。

ヨシケイのミールキット「すまいるごはん(プチママ)」の”野菜カット済み”コースを選択

コースは私の住む埼玉エリアでは全7種類(※)ありました。
※地域によって取り扱い内容が違うそうです。

予算と調理方法(自分で食材をカットして調理、カット済み食材を調理、レンジ・湯煎のみでできるものなど)から選べます。

今回、私は「すまいるごはん(プチママ)」の野菜カット済のコースを選択しました。

料金は初回お試しキャンペーンを利用して2週間(平日10日)で6000円/2人分でした。1食1人あたり300円でとてもお得に体験できました。

通常料金だと1週間(平日5日)/2人分で5140円+食材カット費250円です。2人前だと1食1人あたり約540円。1食あたりでみると、全7コースの中でちょうど中間の価格帯(上から4番目に高い)コースでした。

価格や取り扱いのコース、サービスは、利用する地域によって違うそうです。コース名もwebで紹介されていたコース名と違っていたり、webサイトでは大きく紹介されていたコースの取り扱いが埼玉ではなかったりもしました。

webではそのあたりの詳細がわかりにくいです。ちゃんと書いてないかも?なので、興味がある方は、まずは申込(問い合わせ)をするのがてっとり早いと思います。

【ヨシケイお試しキャンペーン】簡単レシピでバランスごはん♪

ヨシケイのミールキットを利用して感じたこと

良い点:とにかく美味しい!毎日の夕飯が楽しみなことは幸せ。

時短、便利さが謳われているので味に関しては過度な期待はしていなかったのですが…、どのメニューもとても美味しかった!

毎日配送してもらえるので新鮮な食材を使えたことが一番よかったことかなと思います。野菜は新鮮でしたし、お肉や魚も”イイモノ”だなと思える品質でした。普段スーパーの特売で買うものより、生協で買うお肉や野菜に近い感じ。

醤油やみりん、酒といった調味料は自宅のお気に入りの物を使うので自分好みの味になった点も満足度につながりました。

献立を考える必要がない、買い物にいかなくてもいい、必要な分量だけがセットになっているので廃棄がでないことは勿論、利点なのですが、何より美味しくて毎日の夕飯が楽しみでした。毎日の食事は、やっぱり”美味しいこと”、”楽しみであること”が何より大事!改めてそう感じました。

味付け:基本的な調味料は自分で用意するので自分の匙加減で調整できます。私はレシピより気持ち薄目にしました。味噌、醤油などの基本的な調味料以外を使うメニューは、合わせ調味料がセットになっていました。韓国風ピリ辛ダレや生姜焼のタレなど。合わせ調味料を使うメニューは濃いめに感じたので、調味料の利用を減らすか自宅にある野菜を足すなどして味付けの調整をしました。

調理時間:野菜カット済のオプションがついていたのでミールキットの調理自体は15分くらいで終わりました。ごはんを炊いたり、味噌汁を作ったり、もう1品簡単なメニューを足すことが多かったので全体の調理時間としては30分くらいかな。野菜の皮むきやカットの手間が省けたのでかなり時短になりました。野菜カットオプションは週5日でプラス250円だったらアリかなと思います。ヨシケイの営業さんからは、野菜カットの下処理は人手で行っていて、洗浄には電解水を使っているので安心・衛生的との説明を受けました。

量:付け合わせも含めて1食あたり2~3品のキットなので、品数としては少し寂しいかなと感じることが多く、簡単な副菜もう1品と汁物を自分で足すことが多かったです。1品あたりのボリュームは十分ありました!味付けの調整に自宅にある野菜を少しプラスしてかさましして、翌日の昼御飯用にすることも。

消費期限:基本的に配達翌日まででした。自己判断ですが、調理済みの作り置きは翌々日まで持ち越して食べることもありました。

価格について:キャンペーンでの初回1食300円はかなりお得!最初は「正規料金だと1食600円か、ちと高い」かなと思ったのですが、これだけ美味しいのでアリかなと気持ちが変わりました。自宅までの配送料も含まれているし、素材の良さと鮮度を考えると1食600円は妥当だと思えるようになりました。

こんな感じで届いて、こんな夕食ができました!

6/4(月)のメニュー:マーボー茄子、焼売、キャベツのナムル
食材は午後14時ごろ、ブルーの保冷ボックスに入って届きました。この保冷ボックスとても綺麗で自宅内に入れて置いておくのになんの抵抗もありませんでした。

キャベツは野菜カットオプションでカット済。茄子とニラはカットされていませんでした。

食材の産地が記載されたメモも一緒に入っていました。

付属のレシピブックはこんな感じ。キッチンで使っていたので水がついてしわしわになってしまった。

レシピビックは、1週間分まとまっています。レシピはwebでも公開されているのでスマホ片手に作ることも可能。webだと動画でも見られるし、野菜の切り方や下ごしらえのtipsも見られるようです。私は紙のレシピブックをキッチンで見ながら作っていました。そっちのほうが手っ取り早いので。

自分で用意した調味料は、醤油、油、塩、ごま油のみ。麻婆茄子の合わせ調味料はセットに入っていたので豆板醤や片栗粉などは不要でした。

そして、出来上がった夕食がこちら。

この日のメニューは、マーボーナス、シューマイ、キャベツのナムルの3品。おかひじきの胡麻和え、味噌汁、ごはんは自分で用意しました。

食べてみての感想:届いた商品を最初に見た時、実は「初日は冷凍シューマイか…、これならスーパーでも買えるんじゃ…、ハズレだったかな」と思いました。それが食べてびっくり!このシューマイがとてもジューシーで美味しかった!スーパーの冷凍食品コーナーにあるシューマイと見た目は変わらないのですが、肉汁がジュワっと出て、味は全然ちがいました。マーボー茄子の味付けも濃すぎずちょうどよく美味しかったです。

量・ボリューム:麻婆茄子は1人あたり茄子1本、ひき肉50グラム、シューマイは1人4個で1品づつのボリュームは十分でした。でも、この2品のみだとちょっと食卓が寂しかったので、おかひじきの胡麻和え(茹でてゴマあえただけ)と油揚げとわかめの味噌汁を自分で追加していただきました。

翌日からのメニューも写真を撮っておいたので、2週間利用した感想と合わせて別記事にしました。

産後の食事:ヨシケイのミールキットを2週間利用した感想と続けなかった理由

<関連記事>

【里帰りしない出産】産後の食事のこと~宅配弁当と食材宅配で乗り切る予定~

産後の食事:コープデリとセブンミールの宅配弁当を登録(平日の夕食)

セブンミールの宅配弁当「1食で野菜120gが摂れるお惣菜」を試してみた

【ヨシケイお試しキャンペーン】簡単レシピでバランスごはん♪

◆ヨシケイのミールキット利用メモ◆

・利用開始まで:webでお試しコースの申し込みをしたところ、訪問で説明に来てくれました。私の場合、火曜日にwebから申し込みをしたら木曜日に訪問があり、実際の利用は翌週月曜から開始とスムーズでした。(今回、web申し込み後に突然訪問がありました。産休中で自宅にいたので対応できましたが、仕事をしていたら出られなかったと思います。その場合、開始までもう少し時間がかかったかも。)

・注文締切:翌週の注文は、前週の水曜17:00が締切

・最低利用数:1日単位でも利用可能。週5日セット、1日ごとなど注文するコースによって異なる。週5日で注文すると少し割引がある。2人前~4人前のコースが多く、1人前のコースは湯煎・レンジで調理のものだけ。

・配達時間:その日の配送件数によって多少の変動があるけど、基本的には同じ時間帯に玄関まで届けてくれる。我が家の場合は、14時前後でした。

・不在時の対応:保冷ボックス(希望すれば鍵付きの貸出も)に入れて玄関前に置いてもらえる。我が家はオートロックのマンションなので不在時は宅配ボックスに入れてもらうことにしました。

・同時注文できるもの:サラダや翌日の昼食になりそうな軽食、品数は多くないけれどお菓子、果物、パン、乳製品、冷凍食品といった食材もカタログから注文できる。ただし、注文締切は弁当と同じ前週の火曜日なので融通は利かない。

・メニュー:注文時に翌週1週間分のメニューを見て決定できる。1日単位で注文できるコースと平日5日通しでないと注文できないコースがある。5日通しのほうが少しお得。

・支払い:今回、私はキャンペーン利用だったので現金でお支払いしました。継続利用の場合の支払い方法は、指定クレジットカード(ヨシケイニコスカード)か指定銀行からの引き落としのみとのこと。銀行からの引き落としは指定銀行がなんとたった4銀行しかないらしい。4銀行のうち私が口座を持っているのはゆうちょ銀行だけでした。でもメインで使っている銀行ではないのであまりお金が入っていない…。ここは残念ポイントです。

【お試しキャンペーン実施中】お家で作ろう!簡単レシピでバランスごはん♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク