産後1ヶ月:長女(3歳0ヶ月)の様子と変化のこと

次女が産まれて1か月が経ちました。

長女に「ママのお腹に赤ちゃんがいる」ことを伝えたのは、妊娠9ヶ月の時。出産への不安が大きくてなかなか伝えられませんでした。

それから出産までの約1ヶ月半は、赤ちゃんが産まれることをとても楽しみにしてくれていました。「お手伝いする!」「ミルクをあげたい」「抱っこしたい」「一緒に〇〇したい」と言ってくれていました。

とはいえ、産まれてきたら、きっと赤ちゃん返りがあるんだろうな…と覚悟していましたが、実際に産まれてきてからも、長女の次女への愛情は変わることなく、”ママを独り占めしたい”といった言動や、赤ちゃん返りと言われるような行動はまったくありませんでした。

イヤイヤ期の延長のワガママはもちろんありましたが、妹に危害を加えたり、赤ちゃんのような行動をすることは一切ありませんでした。

心配していた赤ちゃん返りはまったくなかった

年が近い兄弟がいるママから、「下の子を叩く」「哺乳瓶でミルクを飲みたがる」「お漏らしをする」といった行動をすると聞いていて、覚悟していたのですが、”自分はお姉ちゃん”という意識のほうが強いようです。3歳差だともう分別がついているのかな。

授乳中、不思議そうに見ていたので「飲みたい?」と聞いてみたら「いいの、いいの」と否定されました。妹のベビーカーを見に行った時は、「自分も乗りたい」とは一切言わず「押したい!」と言っていたそうです。

びっくりするほど、妹のことが大好き!

産まれた直後から「赤ちゃん、かわいい」

産まれた直後に初対面した時からずっと「赤ちゃん、かわいいね」と言ってくれています。毎日、朝から晩まで「〇〇ちゃん、かわいいね」と言っていて、親以上に「かわいい」と言っているかもしれない…。

お世話を手伝いたい

「おしっこした」「うんちした」と言うと、さっとオムツを持ってきてくれます。絶妙のタイミングでおしりふきを手渡してくれることもあり、とても助かります。

帰宅したらと食後に必ず手を洗う

妹を触るのが大好きな姉。毎回、私が「手を洗ってから、きれいな手で触ってね」と言っていたら、保育園から帰った後、食後に自分からサッと手を洗いにいくようになりました。妹が産まれる前は、「手を洗って」と言っても聞いてもらえず、怒ることが多々あったので行動の変化にびっくりです。それほど大好きな妹を触りたい気持ちが大きいのだと思います。

帰宅したら、朝起きたら、「〇〇ちゃんはどこ?」と妹に挨拶をしたがる

妹の姿が見えないと「〇〇ちゃんはどこ?」と探しています。朝起きて「おはよう」の挨拶をするよりもまず「〇〇ちゃんはどこ?」と言うほど、妹のことが大好きで気になる存在のようです。

常に妹の横をキープ、妹の横にぴったりくっついて手を握ったり、足を触っている

リビングで、夜寝る前など、常に妹の横にぴったりくっついて手を握ったり足を撫でたりしています。困るのは授乳中と寝ているときにも触りたがること。授乳中と寝そうな時は「触らないで」と言っているのですが、触って、私に怒られています。怒られてもめげずに触ってくるので困ってしまうほど。寝ているところを触りにいって起こされるとイライラしてついきつく怒ってしまう…。

妹も自分のことが大好きだと超ポジティブ

妹はといえば、姉の多大な愛情を受けて、強引に触られたり、耳元で大きな声で歌われたりされて、顔をしかめている(ように見える)ことも。明らかに嫌がっているのに、「笑ってるよ」「喜んでるんじゃない?」となぜか超ポジティブ。妹が笑うと「〇〇ちゃんも私のことが大好きなのかなぁ」と言っていて微笑ましいです。

赤ちゃん返りはなったけれど…

指しゃぶり

赤ちゃん返りの行動はなかったと書きましたが、唯一あったのは指しゃぶり。もともとの癖だったのですが、3歳になりここ数か月は減ってきていたのですが完全復活しました。

特に、生後すぐ~1週間ほどが酷く、四六時中、指しゃぶりしていました。無意識なんだと思うけれど、やっぱり生活環境が変わったストレスがあったのかなぁと思います。手からヨダレがたれるほど常に指しゃぶりをしていました。片手で妹と手を繋ぎながら、もう片手は口というスタイルです。

⇒生後2週間ごろから徐々に減ってきて生後1ヶ月経った頃には落ち着きました。

妙なハイテンションになること、ふざけることが増えた

妹のお世話で手が離せないことが増え、注目してもらいたいのか、ふざけて怒られることが増えました。もともとお調子者だったのですが、妙なハイテンションで歌ったり、踊ったりすることも増えた気がします。お風呂あがりに濡れたまま走り廊下で転倒、歯ブラシを口に入れたまま私に寄りかかり、歯ブラシが唇にぶつかる、といった一歩間違えば大ケガにつながりかねない行動が続いた時は、厳しく怒ったし、大きな事故にならないよう目を離さないよう心配しました。

自分の要求を通したいときは、妹の泣き声が一切聞こえなくなる

妹が大好きで、お姉ちゃん意識が強い一方で、自分の思い通りにならないと怒ったり泣いたりすることも多々あります。まだ3歳なので、当然というか仕方がないことだと思っています。

普段は、妹が泣くと「〇〇ちゃんが泣いてるよ」「お腹すいたんじゃない?」「おしっこじゃない?」と私を呼びに来てくれて、心強いのですが、自分が「テレビが見たい!今すぐ見たい!早く!」「ママ見て!こっち来て!」という時は、妹の泣き声は一切聞こえなくなるようで、妹のことはガン無視。「〇〇ちゃんが泣いてるからちょっと待ってて」といっても「待てない!早く!」と…。よく上の子を優先と聞くのでそういうときは次女は泣かせたまま、長女の対応をするようにしています。

お世話したい気持ちを尊重してあげたいけれど、やめて欲しいこともある

長女の妹のお世話をしたいという気持ちはなるべく尊重してあげたいけれど、まだ首が座っていない妹を「抱っこしたい」と言われても、抱っこさせてあげることはできず。「絶対に1人で抱っこしたらダメだよ?」と約束したうえで、私が首を支えて抱っこさせてあげたりしています。

妹を触るときも、強めに圧がかかっていたり、妹が寝ているすぐ横でジャンプしたりしているので、危険な時はすぐに妹のことを守れるように私も気が抜けません。

「〇〇ちゃん、泣いてるよ」と言いながら、手で口を押さえようとしていたり、妹が寝ているハイローチェアに全身を委ねていて、壊れないか心配だったり、目が離せないのが大変です。

我が家の場合、平日の昼間は保育園に行ってくれているし、土日は夫がいるので、私が1人で2人を見なければいけないのは平日の夜だけ。なので、なんとか私もストレスを貯めずに生活できているかなという感じです。(イライラして上の子を怒ることは多々ありますが。)

上の子が幼稚園や保育園にいっていなくて2人育児をしているママの大変さは半端ないと尊敬…。

この先、2人の成長に伴ってまた状況は変化していくのだろうけれど、このままずっと姉妹が仲良く成長してくれたらいいなぁと願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク